allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

恋する女たち(1986)

メディア映画
上映時間98分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月1986/12/13
ジャンル青春/ドラマ
恋する女たち【期間限定プライス版】 [DVD]
参考価格:¥ 2,700
価格:¥ 2,194
USED価格:¥ 2,194
amazon.co.jpへ

【解説】
 金沢を舞台に3人の女子高生が恋に悩み、成長していく姿を描いた青春ドラマ。氷室冴子の同名小説を、「風の歌を聴け」「テイク・イット・イージー」の大森一樹監督で映画化。金沢の高校に通う2年生の吉岡多佳子。同級生の汀子と一緒に、緑子の3度目の葬儀に出かけた。友達の緑子は悲しいことが起こると葬儀をあげるのが趣味なのだ。でも今回はいつもとちょっと違っていた。その帰り、多佳子は汀子からも好きな人がいることを聞かされショックを受ける。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
13 3.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:nabeさん投稿日:2011-02-05 23:29:50
大森一樹監督の少女モノである。デビュー間もない斉藤由貴が瑞々しい演技を魅せる。
金沢のとある高校に通う多佳子、汀子、緑子を、それぞれ斉藤由貴、相楽ハル子、高井麻巳子が演じるが、どうしようもなくダイコンだ。しかも、制服のない高校という設定もあり、私服通学のせいか三人とも女子高生には全く見えない。極めつきは当時25歳の柳葉敏郎で、その辺の大学生である。
しかし、脚本のテンポが良く、乙女チックな恋心にまつわる出来事がほのぼのと綴られて気持ちがいい。ここは大森監督の腕だろう。
後に秋元康夫人になる高井麻巳子も可愛いが、原田知世の実姉原田貴和子の女っぽさが秀逸。公開時若干21歳の銀幕デビューである。
投稿者:半熟卵投稿日:2010-01-03 21:25:10
斉藤由貴
投稿者:さち投稿日:2009-11-06 10:59:03
よかった
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】恋する女たち <期間限定プライス版>2013/11/08\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】恋する女たち2006/11/23\4,500amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】恋する女たちレンタル有り
【その他のおすすめ】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION