allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

男はつらいよ 知床慕情(1987)

メディア映画
上映時間107分
製作国日本
公開情報劇場公開(松竹)
初公開年月1987/08/15
ジャンルドラマ/コメディ/ロマンス
松竹 寅さんシリーズ 男はつらいよ 知床慕情 [DVD]
参考価格:¥ 1,944
価格:¥ 873
USED価格:¥ 1,795
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:山田洋次
企画:小林俊一
プロデューサー:島津清
深澤宏
原作:山田洋次
脚本:山田洋次
朝間義隆
撮影:高羽哲夫
美術:出川三男
編集:石井巌
音楽:山本直純
助監督:五十嵐敬司
出演:渥美清車寅次郎
倍賞千恵子さくら
竹下景子りん子
三船敏郎上野順吉
淡路恵子悦子
下絛正巳車竜造
三崎千恵子つね
前田吟諏訪博
吉岡秀隆満男
太宰久雄社長
美保純あけみ
すまけい船長
赤塚真人マコト
冷泉公裕ホテルの二代目
油井昌由樹漁協理事・文男
イッセー尾形病院の医者
マキノ佐代子ゆかり
佐藤蛾次郎源公
笠智衆御前様
【解説】
 北海道の知床を舞台に、無骨な獣医と居酒屋のおかみを結びつける寅次郎の奮闘を描くシリーズ第38作目。“とらや”に久しぶりに帰ってきた寅次郎だったが、例のごとく口論が始まり、また飛び出してしまう。やって来たのは北海道知床。無骨な獣医・上野順吉と出会いそのまま彼の家に泊まることに。順吉はやもめ暮らしでスナック“はまなす”のママが身の回りの世話をやいていた。そんなある日、順吉の娘・りん子が戻ってきた。駆け落ちして東京で暮らしていたが、結婚に破れ帰ってきたのだ……。
<allcinema>
【関連作品】
男はつらいよ(1969)シリーズ第1作
続・男はつらいよ(1969)シリーズ第2作
男はつらいよ フーテンの寅(1970)シリーズ第3作
新・男はつらいよ(1970)シリーズ第4作
男はつらいよ 望郷篇(1970)シリーズ第5作
男はつらいよ 純情篇(1971)シリーズ第6作
男はつらいよ 奮闘篇(1971)シリーズ第7作
男はつらいよ 寅次郎恋歌(1971)シリーズ第8作
男はつらいよ 柴又慕情(1972)シリーズ第9作
男はつらいよ 寅次郎夢枕(1972)シリーズ第10作
男はつらいよ 寅次郎忘れな草(1973)シリーズ第11作
男はつらいよ 私の寅さん(1973)シリーズ第12作
男はつらいよ 寅次郎恋やつれ(1974)シリーズ第13作
男はつらいよ 寅次郎子守唄(1974)シリーズ第14作
男はつらいよ 寅次郎相合い傘(1975)シリーズ第15作
男はつらいよ 葛飾立志篇(1975)シリーズ第16作
男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け(1976)シリーズ第17作
男はつらいよ 寅次郎純情詩集(1976)シリーズ第18作
男はつらいよ 寅次郎と殿様(1977)シリーズ第19作
男はつらいよ 寅次郎頑張れ!(1977)シリーズ第20作
男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく(1978)シリーズ第21作
男はつらいよ 噂の寅次郎(1978)シリーズ第22作
男はつらいよ 翔んでる寅次郎(1979)シリーズ第23作
男はつらいよ 寅次郎春の夢(1979)シリーズ第24作
男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花(1980)シリーズ第25作
男はつらいよ 寅次郎かもめ歌(1980)シリーズ第26作
男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎(1981)シリーズ第27作
男はつらいよ 寅次郎紙風船(1981)シリーズ第28作
男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋(1982)シリーズ第29作
男はつらいよ 花も嵐も寅次郎(1982)シリーズ第30作
男はつらいよ 旅と女と寅次郎(1983)シリーズ第31作
男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎(1983)シリーズ第32作
男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎(1984)シリーズ第33作
男はつらいよ 寅次郎真実一路(1984)シリーズ第34作
男はつらいよ 寅次郎恋愛塾(1985)シリーズ第35作
男はつらいよ 柴又より愛をこめて(1985)シリーズ第36作
男はつらいよ 幸福の青い鳥(1986)シリーズ第37作
男はつらいよ 知床慕情(1987)シリーズ第38作
男はつらいよ 寅次郎物語(1987)シリーズ第39作
男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日(1988)シリーズ第40作
男はつらいよ 寅次郎心の旅路(1989)シリーズ第41作
男はつらいよ ぼくの伯父さん(1989)シリーズ第42作
男はつらいよ 寅次郎の休日(1990)シリーズ第43作
男はつらいよ 寅次郎の告白(1991)シリーズ第44作
男はつらいよ 寅次郎の青春(1992)シリーズ第45作
男はつらいよ 寅次郎の縁談(1993)シリーズ第46作
男はつらいよ 拝啓 車寅次郎様(1994)シリーズ第47作
男はつらいよ 寅次郎紅の花(1995)シリーズ第48作
男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇(1997)シリーズ第49作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
315 5.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2012-12-21 22:40:43
三船敏郎が出てるので観賞。彼と寅の二度に渡る大喧嘩が撮られて無いのは何か事情があったのかな。三船に出て貰ったのに特に記憶に残る台詞や場面が無いのが残念。淡路恵子の方が儲け役。星三つ半。
投稿者:サーボ投稿日:2011-06-16 23:40:11
シリーズ屈指の爽快感、そしてなぜか物哀しい旋律「りん子のテーマ」。祝福シーンを遠方から見つめるカメラは、至福のときが、知床の短い夏のように儚ないことを予感させるようです。
投稿者:半熟卵投稿日:2009-12-31 22:13:45
三船敏郎
投稿者:ymo1191投稿日:2008-07-26 22:39:09
シリーズ第38作目の本作は、マドンナ竹下景子さんシリーズ2度目の出演で、かなり寅さんと接近遭遇となります。しかし今回の目玉は、マドンナと寅さんのロマンスでもなく、マドンナとその父役の三船敏郎さんとの微妙な関係でもなく、ずばり、三船敏郎さんとスナックのママ役の淡路恵子さんが結婚にいたるエピソードです。それにしても北海道(知床)、三船敏郎、ビール(バーベキュー)は雄大な感じがします。http://blog.livedoor.jp/ymo1191/archives/cat_10008995.html?p=2
投稿者:ご飯投稿日:2003-09-04 08:50:21
三船敏郎の武骨なところを生かした設定は面白いのだが・・・・。寅次郎が他人の恋を傍観しているというのはいけませんなあ。えらそうに獣医にプロポーズを指南するのはおかしいけれど。寅次郎と三船の獣医が恋を争う設定なら、もっと面白かったはずだ。年を取って寅次郎が妙に分別臭くなってきたし、このあと甥の満男の恋の行方も見守るのだ。寅はいつまでも勝手きままでわがままな成長しない男だから良いんだけど。この辺からなんだか寅の言動に面白味が薄くなってきた。少しずつ常識人に近づいていったのだ。
投稿者:ASH投稿日:2003-01-06 21:47:59
シリーズを15本ずつ分けると、コレは後期の秀作だね(全部観ている訳ではないが)。
といっても、三船敏郎の貫禄タップリの存在感に引っ張られているのが真相だけれど。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 助演男優賞三船敏郎 
【レンタル】
 【DVD】男はつらいよ 知床慕情 <HDリマスター版>レンタル有り
 【DVD】男はつらいよ 知床慕情レンタル有り
 【VIDEO】男はつらいよ 知床慕情レンタル有り
【その他のおすすめ】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION