allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎狂騒曲(1987)

メディア映画
上映時間90分
製作国日本
初公開年月1987/12/12
ジャンル青春/コメディ/アクション
ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎Blu-rayBOX(初回生産限定)
参考価格:¥ 34,560
価格:¥ 26,308
USED価格:¥ 25,250
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:那須博之
プロデューサー:黒澤満
紫垣達郎
原作:きうちかずひろ
脚本:那須真知子
撮影:森勝
美術:和田洋
編集:山田真司
音楽プロデューサ
ー:
高桑忠男
石川光
助監督:北浜雅弘
出演:仲村トオル中間徹(トオル)
清水宏次朗加藤浩志(ヒロシ)
柏原芳恵浅野まゆみ
宮崎萬純三原山順子
五十嵐いづみ如月翔子
少女隊
地井武男
【解説】
 きうちかずひろの人気コミックを、那須真知子が脚色し那須博之が監督したシリーズ第四作。主演は引き続き仲村トオルと清水宏次朗。当時の人気アイドルだった柏原芳恵と少女隊がゲスト出演している。
 停学あけで一週間ぶりに愛徳高校に登校したトオルとヒロシ。トオルはツッパリ仲間の水崎に誘われダブルデートに出かけるが、嫉妬に狂ったヒロシや翔子たちに邪魔されてしまう。自分だけもてないと悩むヒロシだったが、ひょんなことから女子大生のまゆみと付き合うことに。まゆみのマンションから買い出しに出かけたヒロシは、トラックにはねられ病院に搬送されるが「城東の柴田にやられた」とトオルに嘘をついてしまう。トオルは柴田たちを襲うが、逆にやられてしまい…。
<allcinema>
【関連作品】
ビー・バップ・ハイスクール(1985)シリーズ第1作
ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌(エレジー)(1986)シリーズ第2作
ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎行進曲(1987)シリーズ第3作
ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎狂騒曲(1987)シリーズ第4作
ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎音頭(1988)シリーズ第5作
ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎完結篇(1988)シリーズ第6作
BE-BOP HIGHSCHOOL ビー・バップ・ハイスクール(1994)きうちかずひろ監督作
BE-BOP HIGHSCHOOL 1 舌先三寸歩武堂々(1996)OVシリーズ第1期第1作
BE-BOP HIGHSCHOOL 2 青春野郎白昼夢(1996)OVシリーズ第1期第2作
BE-BOP HIGHSCHOOL 3 不良少年人生問答(1996)OVシリーズ第1期第3作
BE-BOP HIGHSCHOOL 4 不良人生摩訶不思議(1996)OVシリーズ第1期第4作
BE-BOP HIGHSCHOOL 舎弟番長デビュー篇(1996)OVシリーズ第1期第5作
BE-BOP HIGHSCHOOL ハッタリ野郎暴走篇(1996)OVシリーズ第1期第6作
BE-BOP HIGHSCHOOL 極道の娘バトルロイヤル篇(1997)OVシリーズ第1期第7作
BE-BOP HIGHSCHOOL 先輩番長純情篇(1997)OVシリーズ第1期第8作
BE-BOP HIGHSCHOOL 停学野郎繁盛篇(1997)OVシリーズ第1期第9作
BE-BOP HIGHSCHOOL ヤリ逃げ人生けもの道篇(1997)OVシリーズ第1期第10作
BE-BOP HIGHSCHOOL 愛徳VS城東 代理戦争篇(1997)OVシリーズ第1期第11作
BE-BOP HIGHSCHOOL 高校与太郎子連れ狼篇(1997)OVシリーズ第1期第12作
BE-BOP HIGHSCHOOL 武闘派番長・血闘篇(1997)OVシリーズ第2期第1作
BE-BOP HIGHSCHOOL 愛徳・立花死闘篇(1997)OVシリーズ第2期第2作
BE-BOP HIGHSCHOOL 血染めの学ラン・殉愛篇(1998)OVシリーズ第2期第3作
BE-BOP HIGHSCHOOL 頂上作戦・不良狩り篇(1998)OVシリーズ第2期第4作
BE-BOP HIGHSCHOOL ビー・バップ・ハイスクール(1990〜1998)OVA
BE-BOP 海賊版(1991〜1993)パロディOVA
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
14 4.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:北村もとい投稿日:2018-09-22 09:16:01
ビーバップシリーズの4作目でこの辺りからダブル主演というよりは仲村トオルがメイン押しになってきて、次作では清水宏次朗不在と大人の事情が透けて見える作品。
今見ると乱雑ではあるが、喧嘩のアクションシーンは泥臭く香港映画のような華麗さが皆無である分、逆にリアルであり、結構凄い事をやっている。こっちの方が痛さが伝わるアクションだ。
ラストの馬がアニメになって飛び上がる迷シーンも含め、それなりに楽しめる出来。
しかし仲村トオルの劇中歌は破壊力が凄い。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2007-04-05 16:41:32
シリーズの中で一番出来が悪い。肝心の柴田と西との絡みに前の三本のようなテンポの良さが無く、柴田役の俳優は顔は怖いが凶悪さが足りなかった。原作ではあの二人はトオルとヒロシと互角以上の強さを誇っていたのが格が下がってたのと(前のヘビ次とネコ次、テルの方が強敵に変えられていた)、退学騒動の時にトオルをひき止めようとするのが今日子でなくて順子なのに違和感があった。鬼教師はともかくヤクザが全然柴田と西に絡まないのもおかしいし。五十嵐いづみは此処でも可愛い。
仲村トオルの歌は確かにカラオケレベル(笑)。エンディングで歌う清水の方が上手かった。
投稿者:GRIFFIN投稿日:2004-04-10 13:06:10
 挿入される仲村トオルの歌がスゴイ。。。
 せっかく3作目あたりから、主人公2人の絡みが見るに耐えうるようになってきたのに、トオルだけを主人公にしたのは残念。
 だんんだん歳とってきたのに、物語展開に工夫がないのが残念なシリーズ。
【レンタル】
 【DVD】ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎狂騒曲レンタル有り
 【VIDEO】ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎狂騒曲レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION