allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ラスト・キャバレー(1988)

メディア映画
上映時間78分
製作国日本
公開情報劇場公開(にっかつ)
初公開年月1988/04/23
ジャンルドラマ/エロティック

【解説】
 じんのひろあきのオリジナル脚本を金子修介が監督した。にっかつロマンポルノ最後から二番目の番組であり、消えゆくロマンポルノを閉店するキャバレーに重ね合わせて描いた。かつてのロマンポルノのスターたちが登場するパーティーのシーンは見もの。
 時代の流れに逆らうことができず売り上げが減少しているため、柊信太郎は自分が経営するキャバレー「ローズ」を明け渡すことにしていた。太郎は閉店日に“さよならパーティー”の開催を企画、かつて店で働いていたホステスたちを招待しようと考える。高校生になる娘の逢維子は父を手伝うため、ホステスの家に挨拶をしに行くことにした。そしてパーティー当日、会が盛り上がりを見せる中、信太郎はこっそり店を出てしまった…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ASH投稿日:2002-09-28 03:29:19
にっかつロマンポルノは1988年で終焉を迎えたが、これはその最晩年の佳作。
閉店を迎えるキャバレーと終わり行くロマンポルノとを重ね合わせた構成が秀逸。
かつてのスター女優(岡本麗、風祭ゆき、江崎和代)たちが揃っているところにも注目!
更に、新興勢力のピンク映画女優(橋本杏子)とAV女優(高樹陽子)を揃えた豪華版なんです。
(と、こんなことで興味をそそられる人は、30代半ば以上の男性だけですね…)。
【レンタル】
 【VIDEO】ラスト・キャバレーレンタル有り
【その他のおすすめ】