allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

はれときどきブタ(1988)

メディア映画 Anime
上映時間74分
製作国日本
公開情報劇場公開(映画センター全国連絡会議)
初公開年月1988/08/23

【クレジット】
監督:平田敏夫
製作:児山敬一
村田耕一
企画:倉田幸雄
米川功真
プロデューサー:杉山豊
浅利義美
原作:矢玉四郎
脚本:竹内啓雄
高屋敷英夫
作画監督:小松原一男
美術監督:門野真理子
撮影監督:玉川芳行
音響監督:山田悦司
助監督:楠美直子
声の出演:浪川大輔
【解説】
 奇想天外な発想と展開が子供たちにヒット。大ロングセラーを続ける矢玉四郎の児童文学の劇場アニメ化。
 小学3年生の畠山則安は、どこにでもいる普通の児童。特にこれといった才能のない彼だが、一番の長所はマジメに毎日の日記をつけ続けていることだった。だがある日、お母さんがこっそりと彼の日記を読んでいた事実が判明。子供ながらにプライバシーの侵害だと思って腹を立てた則安は、デタラメの「あしたの日記」を記帳してやろうと発想。とんでもないことを書いて、それを盗み見た母をびっくりさせようと考えた。だが意外にも則安がつけた「あしたの日記」内の記述は、次々とどんなことでも現実化。金魚が空を飛んでアカンベーし、さらに空からはブタまでが降ってくるのだった!
 1997年から放送されたTVアニメ版に十年ほど先立つ形で、アニメ化された初めての作品。映画版の則安のCVは、子役時代の浪川大輔が担当。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION