allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ディック・トレイシー(1990)

DICK TRACY

メディア映画
上映時間105分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(TS=WB)
初公開年月1990/12/
ジャンルアクション/サスペンス/犯罪
これが今世紀最大のムービー・エンターテインメントだ!!
悪がはびこる犯罪都市に 心優しきタフな刑事と みなしごキッドが立ちあがる。
ディック・トレイシー ブルーレイ [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 2,571
USED価格:¥ 1,766
amazon.co.jpへ

【解説】
 人気アメコミ作品の実写による映画化。悪の華が咲き誇る1930年代の大都会。街は情け無用の大立者、ビック・ボーイ・キャプリスに牛耳られていた。正義を守る男ディック・トレイシーは日夜悪と戦っていたが、中でもこのビック・ボーイは彼の宿敵だった……。コミックスのイメージを重視して赤・青・緑・黄・白・黒の6色しかない世界を徹底して描いた作風は、鮮やかな原色が目に染みるポップアート感覚に溢れ、斬新な映像世界を作っており注目すべき点ではあるが、逆に言えばこの映画の見所はそれしかない。ストーリー展開にはメリハリがなく、目新しさに欠けた凡作である。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
425 6.25
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ニックねむねむ投稿日:2014-01-05 17:55:05
公開当時、その独特の映像が心に残りました。
久々にブルーレイで見ましたが、原色で織りなす色彩は見てるだけで楽しい。
ストーリィは単純でいいんです。
ウォーレン・ビーティはかっこいいし、マドンナも元々あまり好きな顔ではないけど、この映画では魅力的。
キッドやテスもさわやか。
メイクした俳優さんの名前もあてるのも楽しい。
ウォーレン・ビーティの大ファンなので、点数が甘いのかもしれませんが、
私は大いに楽しみました。
投稿者:scissors投稿日:2013-07-08 01:08:52
15分ほどで停止。
つまらないしテンポ悪いし、美術は色がケバいだけ、特殊メイクもふ〜んてなぐらいで。
マドンナってこんなに歌ヘタだったっけ?
投稿者:こじか投稿日:2012-11-24 20:33:02
懐かしいな、これぞアメコミの実写化って感じで好感。エルフマンの曲がまたいい。
投稿者:Bill McCreary投稿日:2012-07-25 21:08:44
映画自体はすでに見ていますが、過日(2012年7月23日)バンコク→東京(羽田)のタイ国際航空の機内サービスで見ました。最近は、過去の映画もいろいろ飛行機で見られます。ちなみにほかにも「サイコ」や「狼男アメリカン」「許されざる者」(クリント・イーストウッドのほう)など、なかなか個性的なラインアップでした。

で、この映画はやはり撮影はすごいですね。私はアメコミはあんまり好きじゃないし、よく知らないんですが、しかしこの撮影は楽しめました。

あと、マイケル・J・ポラードとエステル・パーソンズが出ていたり、アル・パチーノとジェームズ・カーンの共演など、そこまでやるか! という豪華なキャストがうれしいですね。あと、マドンナはビーティと付き合っていたっていうこともさることながら、あの金髪は多少なりともフェイ・ダナウェイを意識していたんですかね。

キャストといえば、ビーティのほかに、アル・パチーノとダスティン・ホフマンで、これって故・野沢那智さんがちょいちょい吹き替えていた俳優たちです。おもわず野沢さんの偉大さを想ってしまいました。

それにしても、下のコメンテイターの方々も「ベイティ」でなくて「ビーティ」ですね。この映画の公開の際、本人の希望で「ベイティ」という表記になったそうですが、でも彼になにがしかの思い入れがある人にとっては、彼はやはり「ウォーレン・ビーティ」ですよね。断じて「ベイティ」ではない。

ストーリーそのものは、別にどうってこともないですが、私個人の思い入れの故に高い評価を下しちゃいたくなる作品です。だからこの映画をほかのさまざまな映画の中から見てしまいました。http://blog.goo.ne.jp/mccreary
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2011-10-01 17:42:36
展開はかなりオーソドックスだけど割と楽しめた。ノーフェイスの正体は分かりませんでした。
投稿者:黒津 明二郎投稿日:2008-08-24 12:34:18
豪華なキャスト・スタッフ陣ではあるが、ストラーロの実験精神あふれる映像だけが見もののアメコミ大作。何よりも、老けたビーティーが主役をやってるのが致命的だ。
投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2008-08-03 23:43:25
色づかいは確かに印象的だが、話しはどうということもない。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2005-12-30 23:19:55
楽曲が、そしてYellow、Red、Green、Blue…Orange…鮮やかな色に彩られた映像が…
天才ティム・バートンのようなメルヘンの世界(ウォーレン・ビーティか)…ギャングのボスに名物刑事、まぁベタといえばベタなのだが、単純(勧善懲悪ストーリー)なものを単純に楽しむのも悪くない。
小難しいストーリーしか受け入れられない人は避けて通れば良し。
100万人に一人の女…孤児、そしてコミック宜しく思いっきりスーパーメイクした悪役の名優達…ホフマンのキャラもいかにもだが、パチーノの悪どいメイクはどうよ?
そう、役者達の演技も十分な見所である。上記解説は、映像は良いね、ストーリーは駄目だね、と言っているに過ぎない。映画ってそれだけかい?
紗のかかったような映像…マドンナの告白…彼女の歌もジャジィーでグッド。そしてドレスは悩ましい。
ストーリーは、原色に彩られた夜の街で罠を張り合いながら対決する善と悪を楽しむアクション・ラブ・コメディーってところか?まぁインディアナ・ジョーンズのような立派な大作ではないが。最後までXXといえないトレイシーのキャラクターが、またなんとも楽しい。キッズ向け映画の好きな人は楽しめると思うがいかに?
投稿者:Carol Sakeski投稿日:2005-03-17 15:23:21
娯楽作としてはいいかもしれないけど。
監督! あなただけかぶり物なしっすか!
ナルシストっぷりにもほどがあります。
私が好きなビーティはクライドだけで、
あの土臭さが好きなんだけどな〜。
“マイケル”と“ソニー”が一緒の映画に
出たという事実のほうが嬉しいかな。http://www010.upp.so-net.ne.jp/Carol_s/
投稿者:イドの怪物投稿日:2003-08-27 18:33:58
ビデオで見ましたけど、コミック風味の画面と原色を多用した画面はとても斬新で良いし、これだけでも一見の価値あり。
投稿者:Stingr@y投稿日:2003-05-11 13:05:01
名探偵「ディック・トレイシー」がアメコミに登場したのは1931年。1937年生まれのビーティがこれを見て育ったことは疑いない。つまり,主人公を夢見ていた少年が,大人になって金がたまったので,自分を主人公にして映画を作ってしまった,と言うのが真相だろう。ビーティの自己満足映画で,つまらない事この上ない。子供はどうか知らないが,こんなので楽しめる大人は安上がりな脳味噌でうらやましい。そもそも子供が105分とマドンナに耐えられるか?
投稿者:映子投稿日:2003-04-16 21:44:47
ストーリーがあってないような映画。100%解説に同感。
アル・パチーノは悪役なのに妙に好感が持てる。この映画を見ると、マドンナと
ウォーレン・ベイティが付き合ってた事と、アカデミー授賞式でのマドンナの歌を思い出す。
投稿者:JJ投稿日:2003-04-15 09:31:29
人気アメコミの実写版だそうだが、
コミックをそのまんま実写化したような漫画的な映像とカラフルな色彩は、見ていてとても楽しいし、
元の俳優が誰だかわからないほどの特殊メイクを施された登場人物たちも見ていて面白いのだが、
そんな面白さが続くのは前半20分まで。そこからは目当たらしいものは何もないし、
ストーリーにも起伏がないので、ものすごく退屈になってしまった。
この程度の内容を2時間近くまで引っ張りすぎ。
投稿者:日向将時投稿日:2002-10-05 00:15:38
娯楽という要素で評価するなら大変ナイスな作品でしょう。
映像の美しさと凝った照明、そして撮影手法。90年当時としてはかなり好まれた感覚といえるかもしれません。『バットマン』や『シャドー』などで見られたアメ・コミ実写版的都市空間がなんとも楽しい!

配役人事においては、それぞれ役をモノにしていた芝居根性には頭が下がりますが、コミックを意識しすぎて俳優の本領を出し切れていない気もしました。存外べイティよりもグイグイしゃべるパチーノが目立ってました。基本的にはメイクで隠してましたが、ファンの方なら俳優さんそれぞれの声でわかっちゃう筈(すごくいい役者さんがでているので何人知ってるか、見つけるのも一つの楽しみ方)。まぁ、これといって興味深い見せ場はなかったので純然なるシチュエーション・エンターテイメントの領域を越えなかった、なんとも後味の悪い映画。音楽もアメ・コミ路線でした。工夫して欲しかった。

が、何度も観てしまうのもこの映画がいかに楽しいか、ということの証明でもあります。ご家族でどーぞ!!
投稿者:ASH投稿日:2002-03-06 20:54:00
【ネタバレ注意】

アカデミー賞って不思議だ。「ゴッドファーザー掘廚蚤臟演したA・パチーノを
主演賞候補から落として、どう見ても本領とはいえない今作で助演賞候補なんて。
映画は決して駄作ではないと思いますが、監督・主演したW・ベイティの二枚目ぶ
りだけが目立ち、他のキャストは特殊メイクで誰が誰だか分らない状態。
だから彼のファンでないとあまり楽しめない。V・ストラーロの撮影は綺麗だが。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 助演男優賞アル・パチーノ 
 □ 撮影賞ヴィットリオ・ストラーロ 
 ■ 主題歌賞スティーヴン・ソンドハイム作詞・作曲 Sooner or Later(I Always Get My Man)
 ■ 美術賞Rick Simpson 
  リチャード・シルバート 
 □ 衣装デザイン賞ミレーナ・カノネロ 
 ■ メイクアップ賞John Caglione,Jr. 
  Doug Drexler 
 □ 音響賞D.M.Hemphill 
  Thomas Causey 
  Chris Jenkins 
  David E.Campbell 
□ 作品賞(コメディ/ミュージカル) 
 □ 助演男優賞アル・パチーノ 
 □ 歌曲賞スティーヴン・ソンドハイム "What Can You Lose?"
  スティーヴン・ソンドハイム "Sooner or Later (I Always Get My Man)"
□ 助演男優賞アル・パチーノ 
 ■ プロダクションデザイン賞 
 ■ メイクアップ賞 
【レンタル】
 【DVD】ディック・トレイシーレンタル有り
 【VIDEO】ディック・トレイシーレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION