allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ディックの奇妙な日々(1986)

THE TROUBLE WITH DICK

メディア映画
上映時間86分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(シネセゾン)
初公開年月1987/12/26
ジャンルSF/コメディ

【解説】
 ディック・キンドレッドはSF作家だが、かつてのヒットも過去の話、今は鳴かず飛ばずのスランプ状態。昔の女友だちの住む下宿を紹介してもらってから、ディックの精神世界は異常をきたし始める。女友だちに恋心を寄せながらも、下宿の母子の誘惑に負けて関係を持ってしまい、一方では構想中の小説の舞台である監獄惑星からの脱出を図るディックの姿があった……。「ブレードランナー」の原作者としても有名な実在のSF作家フィリップ・K・ディックをモデルにし、現実と妄想が交錯するシュールな世界を描いている。SF映画ではないが、SFファンがニヤリとする描写もある。
<allcinema>
評価
【関連作品】
ブレードランナー(1982)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
16 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:tomovsky投稿日:2005-11-05 01:33:02
昔テレビで放送してたのを一回だけ観た。まったく記憶にない。確かビデオに撮ったのだが、捨てちまったな・・・。今考えると惜しいことをしたな。取っておくべきだった。
投稿者:堕落者投稿日:2004-02-21 13:46:09
前に観たのを覚えてます。新人作家が下宿の女主人や娘に誘惑される内に神経脅迫的な幻想に悩まされていく・・・。二人も喰いやがって!この野郎って気にならないから不思議だ。(笑)あの主人公,いいよね。後半のシュールな映像もいい。確かにディックの小説の雰囲気をチト思い出しました。
投稿者:4531731投稿日:2004-02-21 01:23:52
 後半の存在の揺らぎ、怖いほどだった。突然の自己喪失感覚。それまでが飄々としてたんでショッキングでした。キューブリックかアルトマンかといわんばかりの挑戦的なペーソス。監督、なかなかやるよね。もうひとつの監督作がコトニーラブが出てるらしいので期待したい。それにしても英題がTrouble with DICKてことで、一応シャレですか?
【レンタル】
 【VIDEO】ディックの奇妙な日々レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION