allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

螢 Ver Luisant(1989)

メディア映画
上映時間103分
製作国日本
公開情報劇場公開(東映)
初公開年月1989/02/18
ジャンル任侠・ヤクザ/アクション/ドラマ

【解説】
 脚本と監督は梶間俊一、共同脚本を塙五郎が務めた。撮影は飯村雅彦が担当している。柳葉敏郎の初主演作で、若きチンピラたちの愛と青春を描く。
 横浜・新交会の島田謙次は、駆け出しのチンピラだった7年前、ピンサロに勤める麻子に出会った。麻子の純真無垢な優しさに惚れた謙次だが、キャッチバー「黒猫」を始めたところ、麻子は逮捕されてしまう。「黒猫」に戻った麻子は、仲間の洋子に金を騙し取られてしまった。謙次の兄貴分・楠原がかつての幹部・二宮に莫大な借りを作っったことから、強引な金策に走る謙次。が、結局金のために麻子をソープランドに身売りするはめになる。ところが金を返しに行った楠原は二宮により惨殺。謙次は家族旅行中の二宮を襲い、列車内で刺殺してしまうのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:irony投稿日:2008-10-06 00:35:21
【ネタバレ注意】

ハマのヤクザが解散した組をお家再興とばかりに夢を見つつも惚れた女性を地獄に突き落とすってのは言い過ぎですが、彼が語りベとなって彼の視点から彼女を映し出した作品 螢ってのは彼女そのもの(ぼったくりバーのキャッチの女性を螢と呼んでいたし、夜の繁華街で人を明滅で引き寄せるとか、あと儚い彼女の青春をなぞらえたのだろう・・と思う)

劇中のパーソンズのディアフレンズは懐かしいね ♪ Ah〜 どれだけ〜 涙ながしても 傷ついた心 いやせはしない Ah〜 それなら 少し聞かせてよ〜 泣いてばかりいちゃNo-No Baby Woe No-No Baby 涙を ふいたなら〜♪ バブルな時代の一曲でした 翔んだライバルのりんごちゃんこと辻沢杏子と若かりし南果歩の微妙なバストと見どころは尽きない しかし萬田さんは今も昔も容姿が変わらんなぁ 

 見事にピンサロ→キャッチバー→風呂→シャブ漬け→廃人とヤクザに関わった女性の哀しき青春の一本

投稿者:投稿日:2008-10-05 16:25:35
つぶれた組の再興を夢見るいけいけどんどんの若者とヒモの純情な娘の物語。前半は普通だが後半にいたって俄然面白くなった。しかし、蛍って何?
主人公の名前にするとか・・・、何かストーリーに絡ませればもっと良かったのに。残念。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】螢 Ver Luisant HDリマスター版2018/12/18\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】螢2001/12/21\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION