allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ドラえもん のび太の日本誕生(1989)

メディア映画 Anime
上映時間100分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月1989/03/11
ジャンルアドベンチャー/ファミリー
DORAEMON THE MOVIE BOX 1989-1997【映画ドラえもん30周年記念・初回限定生産商品】 [DVD]
参考価格:¥ 19,800
価格:¥ 68,451
USED価格:¥ 19,800
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:芝山努
監修:楠部大吉郎
製作総指揮:藤子・F・不二雄
プロデューサー:別紙壮一
山田俊英
小泉美明
波多野正美
原作:藤子・F・不二雄
脚本:藤子・F・不二雄
作画監督:富永貞義
美術監督:沼井信朗
美術設定:川本征平
撮影監督:三沢勝治
編集:井上和夫
渡瀬祐子
音楽:菊池俊輔
効果:柏原満
特殊撮影:三沢勝治
声の出演:大山のぶ代ドラえもん
小原乃梨子のび太
野村道子しずか
たてかべ和也ジャイアン
肝付兼太スネ夫
松岡洋子ククル
北村弘一長老
仲木隆司タジカラ
玉川紗己子タラネ
二又一成ウタベ
茶風林ヒカリ族たち
坂東尚樹ヒカリ族たち
梁田清之ヒカリ族たち
永井一郎ギガゾンビ
高島雅羅ツチダマ
広瀬正志クラヤミ族たち
岸野一彦クラヤミ族たち
郷里大輔クラヤミ族たち
橋本晃一タイムパトロール
真柴摩利少年
林玉緒少女
前田雅恵少女
田口昴地主
三ツ矢雄二タイムマシン
大宮悌二マンモス
【解説】
 脚本を原作者の藤子・F・不二雄が執筆。監督、芝山努。主題歌「時の旅人」を西田敏行が歌った。家出を決意したのび太たちは、タイムマシンで7万年前の日本へ。現代に戻ってみると、時空乱流に巻き込まれて7万年前から現代の日本に流されてきたという原始少年がいた。クルルという名のその少年は、中国にある“ヒカリ族”の子どもで、猿人に近い種族“クラヤミ族”に襲われたのだと言う。早速、7万年前の中国に向かうドラえもんたち。そこでは、自称妖精王の“ギガゾンビ”が、クラヤミ族や土偶の怪物“ツチダマ”を使ってヒカリ族を捕まえていた。ドラえもんたちはヒカリ族を助け出し、日本まで避難してくる。さらに、持ち帰ったツチダマの成分から、それが未来の物質であることを知る。ギガゾンビは未来人なのか…? ドラえもんたちは慌てて7万年前の世界に戻るが…!?
<allcinema>
【関連作品】
ドラミちゃん ミニドラSOS!!!(1989)同時上映
ドラえもん[旧](1973)旧TVシリーズ
ドラえもん(1979〜2005)新TVシリーズ
ドラえもん のび太の恐竜(1980)映画版第1作
ドラえもん のび太の宇宙開拓史(1981)映画版第2作
ドラえもん のび太の大魔境(1982)映画版第3作
ドラえもん のび太の海底鬼岩城(1983)映画版第4作
ドラえもん のび太の魔界大冒険(1984)映画版第5作
ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトル・スターウォーズ)(1985)映画版第6作
ドラえもん のび太と鉄人兵団(1986)映画版第7作
ドラえもん のび太と竜の騎士(1987)映画版第8作
ドラえもん のび太のパラレル西遊記(1988)映画版第9作
ドラえもん のび太の日本誕生(1989)映画版第10作
ドラえもん のび太とアニマル惑星(プラネット)(1990)映画版第11作
ドラえもん のび太のドラビアンナイト(1991)映画版第12作
ドラえもん のび太と雲の王国(1992)映画版第13作
ドラえもん のび太とブリキの迷宮(ラビリンス)(1993)映画版第14作
ドラえもん のび太と夢幻三剣士(1994)映画版第15作
ドラえもん のび太の創世日記(1995)映画版第16作
ドラえもん のび太と銀河超特急(エクスプレス)(1996)映画版第17作
ドラえもん のび太のねじ巻き都市(シティー)冒険記(1997)映画版第18作
ドラえもん のび太の南海大冒険(1998)映画版第19作
ドラえもん のび太の宇宙漂流記(1999)映画版第20作
ドラえもん のび太の太陽王伝説(2000)映画版第21作
ドラえもん のび太と翼の勇者たち(2001)映画版第22作
ドラえもん のび太とロボット王国(キングダム)(2002)映画版第23作
ドラえもん のび太とふしぎ風使い(2003)映画版第24作
ドラえもん のび太のワンニャン時空伝(2004)映画版第25作
映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生(2016)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
324 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2018-05-10 03:45:40
今観ると「恐竜」の二番煎じに見えてしまうのが残念。ククルに妹が居て、ジャイアンかスネ夫と友達になるといった見せ場があってもよかった。
投稿者:こじか投稿日:2010-04-16 01:14:16
わたくしが観たドラえもん史上最高の作品!
ま、たまたまこれをTVでやって繰り返し観たからってのもありますが、
この頃は良き情緒がありましたよ。
のび太のペットもインディのパクリも最高なんだ。

エンドロールは、
作詞:武田鉄矢/作曲:堀内孝雄/歌:西田敏行
でジーンとなろう。
投稿者:型作投稿日:2005-02-07 23:38:11
【ネタバレ注意】

 この映画はラストがなんとなくお涙頂戴なのに、けどそれでも純粋に感動できる、最近のドラえもんとはそこが(僕にとって)違う作品。
 なんといってもベタじゃないんですよ、ラストが。うるさ型の評論家みたいですが、最近のドラえもんは別れがあってもなんかそこに本当の悲しさが伝わってきませんがこの映画にはそれが伝わってきます。「別れ」という点だけでみると宇宙開拓の方がその悲しさ指数は高いですが、日本誕生にはそれ以上にスリルやドラマがあって楽しめます。途中の洞窟をみつけてそこが敵の基地だった!!とかいう設定はインディーとかチキチキバンバンのパクりで面白い!!いいです。
 主題歌も好きです。http://katasaku.hp.infoseek.co.jp/

【サウンド】
『時の旅人』(主題歌)
歌 :西田敏行
作詞 :武田鉄矢
編曲 :若草恵
作曲 :堀内孝雄
【レンタル】
 【DVD】映画 ドラえもん のび太の日本誕生レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION