allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

社葬(1989)

メディア映画
上映時間129分
製作国日本
初公開年月1989/06/10
ジャンルサスペンス/ドラマ
社葬 [DVD]
参考価格:¥ 3,024
価格:¥ 2,803
USED価格:¥ 8,754
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:舛田利雄
企画:佐藤雅夫
プロデューサー:奈村協
妹尾啓太
脚本:松田寛夫
撮影:北坂清
美術:内藤昭
柏博之
松宮敏之
編集:市田勇
音楽:宇崎竜童
助監督:藤原敏之
出演:緒形拳鷲尾平吉
十朱幸代稲積吉乃
井森美幸金谷美津枝
吉田日出子鷲尾順子
藤真利子井上友子
高松英郎岡部憲介
根上淳松崎忠行
小松方正寺内友三郎
菅貫太郎深町弘人
加藤和夫原口槇雄
船越栄一郎荒井康裕
志乃原良子徳永雅代
芦田伸介野々村典正
西山辰夫白坂泰
小林昭二栗山喬
有川正治三宅俊彦
西田健北川克巳
木場勝己野田辰夫
加藤善博近藤清
頭師孝雄医師
富永佳代子「稲積」の仲居
不破万作印刷工場の主任
芹明香女性化粧師
山内としお葬儀ディレクター
イッセー尾形竹下博文
五十嵐義弘本間善吾
平河正雄加瀬保二
山田良樹仲根信一
北村和夫上野郷嘉市
中丸忠雄添島隆治
野際陽子岡部静子
加藤武谷政明
佐藤浩市岡部恭介
江守徹徳永昭雄
若山富三郎太田垣一男
【解説】
 日本を代表する大手新聞社の社長が急死したことから起こる次期社長を巡る壮絶な社内抗争の模様を描いたドラマ。監督は「首都消失」の舛田利雄。日本有数の大手新聞社のひとつ“太陽新聞”。会社は現在、会長派と社長派に割れ、激しいつばぜり合いをしていた。両派が多数派工作に奔走するさ中、社長が腹上死してしまう。これによって“次期社長”を巡る抗争は一気に激烈さを増し、社内は混迷の度を深める……。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
323 7.67
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:scissors投稿日:2014-05-11 19:47:58
序盤で、販促に家電ぶっこんで○年縛りだのインテリが作ってヤクザがだのとばすけど、さすがに「押し紙」までは切り込めませんか。

勢いいいのも序盤だけで、あとはいかにも邦画って感じだ。
不倫スキー一泊旅行のあたりなんかもうぜんぜん要らないし。
投稿者:黒美君彦投稿日:2014-04-19 01:36:50
【ネタバレ注意】

ふた世代くらい前の新聞社のイメージだろうか。
実際新聞社が力を持ち得ていた時代の「社葬」。
主人公の鷲尾平吉を演じた緒形拳が撮影当時51歳くらいだろうか。そんな彼も既に亡き人なのだから。

葬式をめぐる派閥争いというのも、映画「お葬式」(1984年)から派生したようなアイディアだし、正直テンポも今ひとつ。
主人公の鷲尾もすぐ浮気するような男ではあるが、どこか憎めない役柄。
とはいえ「こんな会社辞めてやらあ!」とならずに「どうしても生き残ってやる!」となるのが、昭和の名残りか。
井森美幸は何故起用されたのか、と訝ってしまった。あんなに下手では使い道ないだろ。藤真利子はいい感じなのに。
その他役員を演じた役者が皆、懐かしい顔ぶれ。その多くが鬼籍に入ってしまい、平成も随分経ったことを実感した。
ドタバタ権力争い芝居。やや冗長か。

投稿者:william投稿日:2010-06-06 11:20:52
新聞勧誘の材料に洗濯機500台とか、バブリーな時代の内容だなーと思った。
こう言う話は実際ありそうだ。
投稿者:irony投稿日:2007-09-09 05:24:50
谷専務、社長になってくれなきゃ困りますよ!加藤武(谷専務)が「よし、わかった!」…トーンは違うけど、狙った演出じゃない?!

まぁ人の死にはドラマがあるよなぁ お偉いさんは特に… 民衆レベルで言うと相続あたりでドラマあるし 死んだ本人が主役ではなく残った人間が主役になるってのも皮肉だよね…。因に鷲尾って離婚していない島耕作だろ?
藤真利子も普通じゃない危うい女性を演じていて面白かった。
投稿者:フェニックス投稿日:2006-08-12 22:59:16
新聞社といっても民間企業。やっぱり派閥とかあるんですね。しかも社の規模が大きいから熾烈な競争。しかもサラリーマンという「職業」がいかに「不合理」な存在であるかもわかる。劇中のエピソードではあるが、出世のため、トップの旅行にお供して、大の男がトップのパンツまで洗ってあげたとか、現実社会でもそれに近いことはきっとあるんだろう。これが政界の総裁選とかヤクザの跡目争いとかになるともっと熾烈を極めるんだろうな。平凡な市民でよかった(笑)
投稿者:垣見五郎兵衛投稿日:2004-12-17 00:50:32
やっぱり、緒形拳は良い。エネルギッシュでもあり、コミカルでもある。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 監督賞舛田利雄 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】社葬2016/06/08\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】社葬 <期間限定生産>2009/10/21\3,000amazon.co.jpへ
 【DVD】社葬2004/03/21\4,500amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】社葬レンタル有り
 【VIDEO】社葬レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION