allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

男はつらいよ 寅次郎心の旅路(1989)

メディア映画
上映時間109分
製作国日本
公開情報劇場公開(松竹)
初公開年月1989/08/05
ジャンルドラマ/コメディ
松竹 寅さんシリーズ 男はつらいよ 寅次郎心の旅路 [DVD]
参考価格:¥ 1,944
価格:¥ 999
USED価格:¥ 1,795
amazon.co.jpへ

【関連作品】
男はつらいよ(1969)シリーズ第1作
続・男はつらいよ(1969)シリーズ第2作
男はつらいよ フーテンの寅(1970)シリーズ第3作
新・男はつらいよ(1970)シリーズ第4作
男はつらいよ 望郷篇(1970)シリーズ第5作
男はつらいよ 純情篇(1971)シリーズ第6作
男はつらいよ 奮闘篇(1971)シリーズ第7作
男はつらいよ 寅次郎恋歌(1971)シリーズ第8作
男はつらいよ 柴又慕情(1972)シリーズ第9作
男はつらいよ 寅次郎夢枕(1972)シリーズ第10作
男はつらいよ 寅次郎忘れな草(1973)シリーズ第11作
男はつらいよ 私の寅さん(1973)シリーズ第12作
男はつらいよ 寅次郎恋やつれ(1974)シリーズ第13作
男はつらいよ 寅次郎子守唄(1974)シリーズ第14作
男はつらいよ 寅次郎相合い傘(1975)シリーズ第15作
男はつらいよ 葛飾立志篇(1975)シリーズ第16作
男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け(1976)シリーズ第17作
男はつらいよ 寅次郎純情詩集(1976)シリーズ第18作
男はつらいよ 寅次郎と殿様(1977)シリーズ第19作
男はつらいよ 寅次郎頑張れ!(1977)シリーズ第20作
男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく(1978)シリーズ第21作
男はつらいよ 噂の寅次郎(1978)シリーズ第22作
男はつらいよ 翔んでる寅次郎(1979)シリーズ第23作
男はつらいよ 寅次郎春の夢(1979)シリーズ第24作
男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花(1980)シリーズ第25作
男はつらいよ 寅次郎かもめ歌(1980)シリーズ第26作
男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎(1981)シリーズ第27作
男はつらいよ 寅次郎紙風船(1981)シリーズ第28作
男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋(1982)シリーズ第29作
男はつらいよ 花も嵐も寅次郎(1982)シリーズ第30作
男はつらいよ 旅と女と寅次郎(1983)シリーズ第31作
男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎(1983)シリーズ第32作
男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎(1984)シリーズ第33作
男はつらいよ 寅次郎真実一路(1984)シリーズ第34作
男はつらいよ 寅次郎恋愛塾(1985)シリーズ第35作
男はつらいよ 柴又より愛をこめて(1985)シリーズ第36作
男はつらいよ 幸福の青い鳥(1986)シリーズ第37作
男はつらいよ 知床慕情(1987)シリーズ第38作
男はつらいよ 寅次郎物語(1987)シリーズ第39作
男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日(1988)シリーズ第40作
男はつらいよ 寅次郎心の旅路(1989)シリーズ第41作
男はつらいよ ぼくの伯父さん(1989)シリーズ第42作
男はつらいよ 寅次郎の休日(1990)シリーズ第43作
男はつらいよ 寅次郎の告白(1991)シリーズ第44作
男はつらいよ 寅次郎の青春(1992)シリーズ第45作
男はつらいよ 寅次郎の縁談(1993)シリーズ第46作
男はつらいよ 拝啓 車寅次郎様(1994)シリーズ第47作
男はつらいよ 寅次郎紅の花(1995)シリーズ第48作
男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇(1997)シリーズ第49作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
216 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ymo1191投稿日:2008-07-26 22:34:34
シリーズの第41作目の本作では、第25作で初めて飛行機を克服した寅さんが海外へ出かけることになる、唯一の海外ロケ作品で、ヨーロッパ旅情も楽しめるロードムービーとなっている。江戸川とドナウ川が同じように、寅さんマインドに国境はない。マドンナも竹下景子さんが3度目の登場となり、日本から遠く離れたヨーロッパで、ツアーコンダクターと言うきびきびした仕事の役での険しい表情から、寅さんに遭遇したために女の幸せ、自立か、恋かで悩む表情、そして苦悩からの開放に向かって和らいでゆく表情と、難しい役を見事にこなしています。そしてその相談役の淡路恵子さんが、いかにも世界に進出して行った大先輩な女性役としてスパイスしています。柄本明、イッセー尾形、笹野高史等も寅さん劇場には欠かせないコメディアンになってきています。http://blog.livedoor.jp/ymo1191/archives/cat_10008995.html
投稿者:みっちゃん32投稿日:2004-04-24 02:10:46
【ネタバレ注意】

寅さん初の(ですよね?)海外+自分の好きなマドンナ竹下さんで楽しみだったんですが、期待はずれに終わった感がありました。・・・・
もうちょっとウィーンに行ってからの寅さんと外国とのギャップを描いて欲しかったな〜って思います。
それとウィーンでもうちょっと寅さんと柄本さんをリンクさせても良かったのではないでしょうか。

投稿者:映子投稿日:2003-11-28 23:13:13
ウィーンを由布院と聞き間違えて、「九州だろ?知ってるよ、あそこは遠いな。」と寅さんが言っていたのでやっぱり寅さんは温泉が好きなんだ〜と納得。
柄本明の人間像がなんか中途半端な感じがした。
投稿者:さとう茶投稿日:2003-11-28 20:39:06
【ネタバレ注意】

水戸黄門より諸国を漫遊している寅さんが、今度はウィーンへ旅する物語ですが、これは日本人の海外旅行ブームを皮肉ったのでしょうか。 これと言った理由もなく悩み事解消のためにウィーンへ行く青年 柄本明。 彼にくっついて寅さんも行ってしまう所が非現実的で面白いのですが、後の展開はありきたりです。
ウィーンで悪戦苦闘中の日本人 竹下景子は本当にそんな女性が居そうだなと思います。 彼女にアドバイスし続ける淡路恵子(あれ、このWマドンナって前にもあったぞ)も実在しそうなキャラクタです。 ラスト付近は例によって竹下恵子を助けたつもりがいいように利用されて、今回はウィーンの青年に彼女を奪われる寅さん。このシリーズの当初はマドンナの残酷さがよく出ていたのですが、今回の竹下恵子の役柄から言っても そんな毒気は失せてしまいました。 寅さんシリーズに合う題材だったとは言い兼ねます。

【レンタル】
 【DVD】男はつらいよ 寅次郎心の旅路レンタル有り
 【DVD】男はつらいよ 寅次郎心の旅路 <HDリマスター版>レンタル有り
 【VIDEO】男はつらいよ 寅次郎心の旅路レンタル有り
【その他のおすすめ】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION