allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

どっちにするの。(1989)

メディア映画
上映時間100分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月1989/08/26
ジャンルコメディ/ロマンス

【クレジット】
監督:金子修介
製作:藤峰貞利
製作総指揮:周防郁雄
プロデューサー:酒井良雄
前田義則
原作:赤川次郎
「女社長に乾杯!」
脚本:金子修介
撮影:高間賢治
美術:中澤克巳
編集:冨田功
音楽:川崎真弘
音楽プロデューサ
ー:
高桑忠男
助監督:栃原広昭
出演:中山美穂
風間トオル
宮沢りえ
伊藤智恵理
石橋蓮司
小林克也
真田広之
【解説】
 原作は赤川次郎の小説『女社長に乾杯!』。監督・脚本は金子修介、撮影は高間賢治が務めた。主演の中山美穂が主題歌(「VIRGIN EYES」)も担当している。突如会社運営を担うことになったOLの波乱万丈を描く。
 桑田伸子はおもちゃ会社パンプキン・カンパニーの平凡なOLだったが、傾きかけた会社の会議で、コンピューターミスによりなんと副社長に抜擢されてしまう。社長は後輩OL純子、専務が窓際族係長の北林というトンでもない結果に。束の間であろう社長業を楽しんでしまおうとするお気楽な純子に対し、根が真面目な伸子は旧経営陣と対立しながらなんとか運営改革を進めてゆく。伸子の憧れる若きエグゼクティブ・山本や、伸子に思いを寄せる丈彦との関係からも目が離せない。やがて、倒産騒ぎに隠された陰謀が明らかになってゆくのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ASH投稿日:2002-01-23 20:57:22
アメリカ映画だったら洒落た都会派コメディになりそうなお話だけれど、邦画
だと何故こんなにダサい展開になるんだろう?当時は人気があった(今も?)
中山美穂と宮沢りえの2大アイドル共演が売りだけど、どちらのファンでもない
のであまり面白い映画とは思えない。真田広之のキテレツぶりも気持ちが悪い。
赤川次郎の原作って有名なの?金子監督も作品の出来の良し悪しのムラが多い。
【レンタル】
 【VIDEO】どっちにするの。レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION