allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

あ・うん(1989)

メディア映画
上映時間114分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月1989/11/03
ジャンルドラマ/ロマンス
高倉健 Blu-ray COLLECTION BOX
参考価格:¥ 22,680
価格:¥ 16,580
USED価格:¥ 10,464
amazon.co.jpへ

【解説】
 向田邦子の同名小説を「居酒屋兆治」「夜叉」の降旗康男監督が映画化。主演は高倉健と17年ぶりにスクリーンにカムバックした富司純子。昭和初期の東京・山の手を舞台に、中年実業家の男の友情とその妻への秘めた思いを描く人情ドラマ。昭和12年春。中小企業の社長・門倉修造は、会社勤めのまじめなサラリーマン水田仙吉とは気が合い20年来の付き合いだった。その水田が地方転勤から3年半ぶりに東京に戻ってきたため、再び門倉と水田一家の家族ぐるみの付き合いが始まった。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
544 8.80
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2012-12-31 22:59:27
【ネタバレ注意】

富司純子が素晴らしくキュート。ふたりの男に愛され、うきうきして寝ているふたりにちょっかい出すところなんて、本当に可愛らしい。
門倉(高倉健)と夫の水田(板東英二)の友情は少々よくわからないし、ましてや水田が妻に対する門倉の気持ちに気づいていながらそれを見て見ぬふりをする、なんてのは全く理解できないのだが…。それは妻への信頼の現れ、ということなのか。
端正に作られた作品ではあるが、サーファー焼け?の帝大生(!)真木蔵人はミスキャストでしょう(笑)。

飛行機事故で不慮の死を遂げた原作の向田邦子だが、彼女はこの友情をベースに続編も考えていたとか。それがついに世に問われることがなかったことが悲しい。

投稿者:seisakuiinkai投稿日:2012-10-18 04:54:58
1989年に作られた映画とは思えない。www.seisakuiinkai.com
投稿者:william投稿日:2010-07-29 14:49:36
ほのぼのとした中にも、現実的なぶつかり合いもあって、それでも尚繋がりあおうとする絆の強さに心を動かされた。
美しい四季の彩りも壮観。
投稿者:半熟卵投稿日:2009-12-31 12:33:43
富田靖子
投稿者:ミリアム投稿日:2008-05-02 13:42:14
それはつまり、「成熟した大人」というものを知っている人間がいたということでもある。
とまあ、ある種の憧れをこめて「おとなこども」の私は思ったりする。
人々の生活描写や当時を忠実に再現したセットも素晴らしい。
投稿者:Sekino☆そら投稿日:2006-02-03 23:28:58
【ネタバレ注意】

なぜこの妻が二人の男にとって、
いつまでたっても永遠で高嶺の花なのか。
それはつまり、
”男をよく知っている女”だということと、
”それを気づかせない女”だということ。

酔っ払って寝てしまった二人の男に妻が、
指で豆をはじいて顔にぶつけるシーンは、
なんとも言えない情緒を醸し出す。。

それは”あ・うん”の呼吸に
少しだけ嫉妬した自分を諌める照れ隠しのようにも見える。

しかし、それを二人に気づかれないところで収めておくところが
”あ・うん”に隠されたもう一つの秘密かもしれない☆★

素晴らしいシネマでした◎


Sekino☆そらhttp://blog.goo.ne.jp/anndarusia2000/

投稿者:さち投稿日:2004-12-17 11:37:04
体温の高い、血の通った映画。楽しかった
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 助演男優賞板東英二 
 ■ 新人俳優賞真木蔵人 
■ 助演男優賞板東英二 
【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】あ・うんレンタル有り
 【VIDEO】あ・うんレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION