allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

チャイナシャドー(1990)

メディア映画
上映時間131分
製作国日本
公開情報劇場公開(ヘラルド)
初公開年月1990/05/12
ジャンルドラマ

【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ピンクガンスモーキン投稿日:2010-02-02 08:14:04
【ネタバレ注意】

誰もコメントしないだろうから詳しく書いておく。
評価の高かった『火まつり』に続いて柳町光男が監督した日米香港合作映画。
加勢大周によく似た美男子ジョン・ローン(当時約38歳)を主役に、ヘタクソな佐藤浩市(当時約30歳)を添え、ほぼ全篇英語による物語である。

西木正明の原作『スネークヘッド』についてはよく知らないが、映画は、1976年の毛沢東の死をニュース映像&象徴的に描くシーンで幕を開ける。
どんだけ大風呂敷なんだ?と思いながら見始める。

(政治色濃厚な映画か、と緊張させられたが、どんどん「小さな話」にまとまっていった。そのわりに、政治的に処理の難しいテーマを扱っているから、子供が見ても全く理解できないはず。)

(以下、ネタバレ。)
紅衛兵狩り(?)を逃れる若い男女が、大平原や農村を転転としたあげく、やがて香港へ逃れる。
たちまち舞台は現代の香港(中国返還前)に移り、日本人ジャーナリスト(佐藤)が「1997年が来たらどうする?」と聞き込みを開始する。
ナイトクラブで安っぽい喧嘩に巻きこまれ、女性歌手に介抱されたのをきっかけに、いつのまにやら恋に落ちる(直接描写はゼロ。口説くシーンさえ無い)。
夜中にソバを啜るような地味なデートを重ねるうちに、興味本意で立ち寄ったセレブの仮面舞踏会で、女性歌手は知人(ジョン・ローン)と遭遇する。中国脱走から13年ぶりの再会だった。
男は、すでに香港では指折りの大富豪になっており、金髪の白人女性と不倫を楽しんでいたりする(海を展望する全面ガラス張りの社長室とか、バブル期の映画だなあという印象)。
日本人記者は、この男が元紅衛兵で、しかも南京虐殺に関与した日本人の息子だということを嗅ぎつけ、裏を取ろうとあちこち聞き回る。
大富豪のヘンリー黄は、幼児期の記憶が一切ない孤児だった。記者の取材にも「解答」を与えることができず、「日本人説」の噂が広がっても、それを否定することはできない。しかし「私はあくまで中国人であり、中国の未来に貢献する」と公言する。
その一方で、記憶にない母が北海道で生存していることをめぐり、寝室で一瞬の幻想を抱いたりもする(彼の心の揺らぎをじんわり見せていくのが、この映画の柱の一つでもある)。

後半、ヘンリー黄は大博打に出て、有力新聞社の買収工作を試みる(最近のライブドアとフジテレビを彷彿とさせるエピソード。バブルは繰り返される)。新聞社社長は、知人を南京虐殺で殺された経験から、日本人を憎悪しており、噂が真実だとすればヘンリー黄を許しておけないと考える。
そして、クライマックスへ――――

広広とした、あるいはスカスカな空間を感じさせ、ゆったりと時間が流れる映画で、あまり退屈はしない。
無闇にサスペンスを煽ったりもしないし、恋愛を濃密に描こうとする意思も稀薄。
これといって何が起こるかほとんど予想のできない展開だし、起こるとしてもプライベートな話だろうという淡い期待のもと、ただし政治的に微妙なテーマがあまり「変な方向」へ行かなければ「良し」としよう、といった気分で鑑賞するほかないと思う。

(以下、完全なネタバレ。注意。)
最終的に3つくらいのサスペンス要素が浮かび上がる。
.悒鵐蝓鴫は、自分のアイデンティティをどこに求めるのか?
旧知の男女は、ヨリを戻すのか?
F本人記者は、中国人女性を連れ帰ることができるのか?

3つとも、或る程度は予想できる。‘庸 崙本人として目覚める」のは政治的に気持ち悪い。▲茱蠅鯡瓩垢函崟こΔ閉じた」印象になりすぎる。C羚饋予性があっさり日本に嫁ぐのも政治的にマズい。

結局、私怨がらみでヘンリー黄は命を狙われ、安っぽいガン・ファイトの流れで女性歌手が巻き添えになって死ぬ。悲しむ間もなく、ヘンリーは陸続きの国境から、中国へ入国、歩き去っていく。「穏当」な結末という感じがした。
だからといって何か感動が湧き起こるわけでもない。誰が観ても、そんなもんだと思う。
とにかく退屈させず、内容的な「気持ち悪さ」が全然無いというだけでも、十分合格点だろう。
「6〜7点」で迷うけれども、魅力的な女優が全然いないから「6点」。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 録音賞紅谷愃一 「夢」に対しても
【レンタル】
 【VIDEO】チャイナシャドーレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION