allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

テオレマ(1968)

TEOREMA
THEOREM

メディア映画
上映時間99分
製作国イタリア
公開情報劇場公開(東和)
初公開年月1970/04/11
ジャンルドラマ/アート
映画 “テオレマ”は 猥褻の美学か 官能の芸術か 鬼才パゾリーニが 世界に叩きつける はげしい衝撃!
テオレマ [DVD]
参考価格:¥ 5,184
USED価格:¥ 5,799
amazon.co.jpへ

【ユーザー評価】
投票数合計平均点
537 7.40
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:4531731投稿日:2013-06-27 12:08:49
金があっても買えないものがある。コレは実は金持ちにしかわからないし、裕福であればあるほど痛感するのだろう。
パゾリーニは、鏡を見たときに別人が映るという映画言語を用いているが、
アントニオーニやブニュエルに比べて絵画的ショットに頼っていない。そこらへんは文学畑出身者らしい。
心の機微を事象や風景に重ねようとは思っていない。だからといって画面の厚みが他の作家に比べて劣るわけではないが。

あと、優れた芸術家はたいていは宗教を憎悪するが、パゾリーニはキリスト教が貧しい人々を救うエピソードを描いている。
ただ、見方を変えれば、裕福で教養のある者は芸術、不倫、精神疾患など逃げる術をいくつか知っているが、
無教養な貧乏人にとって、現実から逃げる術といえば宗教しか考えられないのだ、という同情が込められているのかも
しれない。どっちにしても「豚小屋」の習作のような作品。

投稿者:scissors投稿日:2011-04-12 19:47:54
エロと宗教を混ぜ込むところにしても、女中だけが特異な扱いからしても、パゾリーニさんは釣りがお上手。
投稿者:hendrix投稿日:2006-10-01 23:17:59
テオレマ=定理を意味し、キリストのような青年がブルジョワ家族を訪問することにより、一人ひとりが自己改革していく。テレンス・スタンプがブルジョワの家族を破滅していく過程と、労働者階級である家政婦のみに奇跡を与える過程の2パターンで後半を描いている。音楽を担当したモリコーネの楽曲(ニューシネマパラダイス・セルジオレオーネ作品など)やキャメラのルッツロリー二が官能的なカラーで魅せているし。(ドリーショット・インサートショットなど)そして素晴らしいキャストが周りを固めている。母親役のマンガーノはヴィスコンティ作品の常連だし、長女役のヴィアゼムスキーは「バルタザールどこへ行く」やゴダールの元奥さんで有名、スタンプもワイラーの傑作「コレクター」で主役を演じているし、キャストは豪華。
「テオレマ」はパゾリーニ作品のコンセプトでもある、ブルジュワと宗教をわかりやすく挑発的に描いたたぶん彼の最高作。7.5点
投稿者:さち投稿日:2005-12-06 03:59:49
まあまあ
投稿者:はらだ投稿日:2001-01-30 15:23:20
公開当時に2度ほど見たが、近年ビデオで見なおして、意外にわかりやすいのに驚いた。政治的な社会のとらえ方にしろ、象徴的な性関係にしろ、わりに図式的なのだ。だからといってつまらなくはない。言葉にならない情熱やわけのわからないどろどろも、じゅうぶんに感じられる力作という言葉がよく合う名画。パゾリーニは技法上も常に新鮮だったが、これをはじめてみたときには、ノイズ(庭の鳥の声や町の雑音など)もとり入れた録音にびっくりした。
投稿者:ぺぺ投稿日:2000-07-27 23:52:59
?????高尚過ぎて私には全く理解できませんでした。シュン・・・
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 女優賞ラウラ・ベッティ 
 ■ 国際カトリック映画事務局賞ラウラ・ベッティ 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】テオレマ2004/05/22\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】テオレマレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION