allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ちびまる子ちゃん(1990)

ちびまる子ちゃん 大野君と杉山君(別題)

メディア映画 Anime
上映時間94分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月1990/12/15
ジャンルファミリー/コメディ
劇場用映画 ちびまる子ちゃん [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 2,800
USED価格:¥ 2,800
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:芝山努
須田裕美子
企画:宮永正隆
中島順三
製作総指揮:本橋浩一
プロデューサー:佐藤昭司
田中真津美
原作:さくらももこ
脚本:さくらももこ
キャラクターデザ
イン:
重国勇二
作画監督:山田みちしろ
柳田義明
撮影:森田俊昭
美術:野村可南子
編集:小野寺桂子
音楽:中村暢之
ナレーション:キートン山田
声の出演:TARAKOまる子
屋良有作お父さん
鈴木みえお母さん
富山敬おじいちゃん
佐々木優子おばあちゃん
水谷優子お姉ちゃん
山口勝平大野くん
水原リン杉山くん
飛田展男丸尾くん
菊池正美花輪くん
渡辺菜生子たまちゃん
青木和代ブー太郎
掛川裕彦戸川先生
【解説】
 どこにでもいる小学生・まる子の、何気ない、でもちょっと笑える日常生活を描いた、さくらももこ原作の同名漫画をアニメ化。脚本もさくらももこが執筆した。監督は芝山努と須田裕美子。TVシリーズでも使われていた、B・B・クィーンズが歌う主題歌「踊るポンポコリン」は記録的な大ヒットとなった。まる子のクラスで席替えが行われ、まる子は大野と杉山のふたりと同じ班になってしまう。大野と杉山は何事にも積極的に参加し、てきぱきと仕事を片付けるので頼りにされている反面、少し荒っぽいところがあってまる子は少し苦手だった。やがて学校は運動会の準備期間になり、大野と杉山は絶妙のコンビネーションで仕事を片付けていく。ふたりの友情は、まる子とたまちゃんの友情と同じくらい固く、揺るぎないものに思えた。が、なんとそのふたりが運動会でケンカをしてしまう。その後、ふたりはまったく口をきくことなく、長い期間が過ぎる。さらに、大野くんに転校の話が持ち上がり…!?
<allcinema>
【関連作品】
ちびまる子ちゃん(1990〜)TVアニメシリーズ
ちびまる子ちゃん(1990)映画版アニメ第1弾
さくらももこワールド ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌(1992)映画版アニメ第2弾
10周年だよ! ちびまる子ちゃん(1995)OVA
ちびまる子ちゃん(2006)実写版TVムービー第1弾
ちびまる子ちゃん(2006)実写版TVムービー第2弾
まるまるちびまる子ちゃん(2007)実写版TVシリーズ
スペシャルドラマ ちびまる子ちゃん(2013)実写版TVムービー第3弾
映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年(2015)映画版アニメ第3弾
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:S・T投稿日:2004-07-29 14:40:23
 人気アニメ『ちびまる子ちゃん』初の劇場版としては、かなりの異色作です。
TV本編(映画公開当時)は「さくらももこ先生」のエッセイ的な話ですが、
本作では、オリジナルキャラ「大野くん」&「杉山くん」を主人公とした、
友情物語になっているところが凄い(脚本を書いたのが作者本人であることも)。
 確かに『ちびまる子ちゃん』として考えると、TV本編とギャップを
感じますし、本作を観なくても、TV本編を理解する事は十分可能ですが、
それを考えずに、一本のアニメ映画として観れば、これはこれで魅力的な作品だと
自分は思います。



※「大野くん」&「杉山くん」は、この後TV本編のレギュラーになったそうです。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】劇場用映画 ちびまる子ちゃん2001/10/17\3,800amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION