allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

凸凹二等兵の巻<未>(1941)

BUCK PRIVATES

メディア映画
上映時間84分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開・ビデオ発売
ジャンルコメディ

【関連作品】
凸凹二等兵の巻(1941)シリーズ第1作
凸凹海軍の巻(1941)シリーズ第2作
凸凹お化け騒動(1941)シリーズ第3作
凸凹空中の巻(1941)シリーズ第4作
凸凹カウボーイの巻(1942)シリーズ第5作
凸凹スパイ騒動(1942)シリーズ第6作
凸凹宝島騒動(1942)シリーズ第7作
凸凹探偵の巻(1942)シリーズ第8作
凸凹スキー騒動(1943)シリーズ第9作
凸凹ハレムの巻(1944)シリーズ第10作
凸凹ハリウッドの巻(1945)シリーズ第11作
凸凹幽霊屋敷(1946)シリーズ第12作
凸凹西部の巻(1947)シリーズ第13作
凸凹フランケンシュタインの巻(1948)シリーズ第14作
凸凹闘牛の巻(1948)シリーズ第15作
凸凹持逃げ騒動(1948)シリーズ第16作
凸凹猛獣狩(1949)シリーズ第17作
凸凹殺人ホテル(1949)シリーズ第18作
凸凹外人部隊(1950)シリーズ第19作
凸凹透明人間(1951)シリーズ第20作
凸凹巨人退治(1952)シリーズ第21作
凸凹海賊船(1952)シリーズ第22作
凸凹火星探検(1953)シリーズ第23作
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Ikeda投稿日:2014-08-21 11:38:39
1940年アメリカで選抜訓練徴兵法が可決した時、叩き売りをやっていたスミティ(バッド・アボット)とハービー(ルー・コステロ)は警官マイケル(ナット・ペンドルトン)に睨まれて、映画館に逃げるが、そこが徴兵委員会の場所でもあって入隊せざると得なくなった。所が彼らの隊の曹長がマイケルだったので、二人はいじめを受ける事になり、同じ隊には金持ちの息子ランドルフ(リー・ボウマン)とその召使いボブ(アラン・カーティス)もいて主従の関係から対立していたが、サービスガールのジュディ(ジェーン・フレイジー)がらみでもめる事もあり・・・。

コステロがアボットと組んで5作目と思われる映画でアボットの方が10才くらい年上ですが、映画デビューはコステロの方が10年以上先輩で、やはりコステロのギャグが面白い作品です。その他にも面白い所はありますが、製作時期から言って新兵募集を勧めようとしている事が見え見えなのが多少気になります。
ただ、そのためにアンドリュー・シスターズが主演しているのが良い所で、この映画はアカデミーのミュージカル映画音楽賞と歌曲賞にノミネートされている位で「Boogie Woogie Bugle Boy」などは聞きごたえがありました。彼女達は続いて凸凹コンビに2本出ているようですが有名な割に映画出演は少ないので、見て良かったと思っています。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ ミュージカル映画音楽賞チャールズ・プレヴィン 
 □ 歌曲賞ドン・レイ作詞 Boogie Woogie Bugle Boy of Company B
  ヒュー・プリンス作曲
【レンタル】
 【VIDEO】凸凹二等兵の巻レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION