allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

課長 島耕作(1992)

メディア映画
上映時間99分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月1992/10/03
ジャンルドラマ

【解説】
 派閥争いに巻きこまれる大手企業に勤務するサラリーマンと、彼を取り巻く人々を描く。原作は雑誌「コミック・モーニング」に連載された弘兼憲史の漫画作品。主演は田原俊彦、共演に豊川悦司、麻生祐未、津川雅彦、坂上忍。監督は「永遠の1/2」の根岸吉太郎、脚本は「殺人がいっぱい」の野沢尚が担当した。
 大手電気メーカー、初芝電産広告制作部の課長・島耕作が、大泉専務のお供で出張していた京都から自宅に戻った翌日、印刷会社の矢部らと新製品の宣伝ポスターの打合せをし、上司と共に宇佐美専務のもとへ向かう。大泉と宇佐美はライバル関係にあるのだが、派閥争いに興味のない島は宇佐美の探りを一蹴する。大泉は初芝のアメリカ社長になり渡米することが決定、愛人であるホステスの典子のお目付け役を島に依頼する。その夜、愛人の鳥海赫子とホテルで過ごした島は、忘れ物を届けようと戻ったホテルで、赫子が矢部から何かを受け取る姿を目撃する。翌日、出社した島に部下が新聞を見せる。そこには先日矢部から見せられたばかりの新製品に関する図案が“ソーラー電気”の名前で出されていた!果たして、ライバル会社に情報を漏らしたスパイとは?
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
110 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
【レンタル】
 【VIDEO】課長 島耕作レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION