allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

デス・ハント<未>(1981)

DEATH HUNT

メディア映画
上映時間97分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開・ビデオ発売
ジャンルアクション/ドラマ/アドベンチャー
デス・ハント [DVD]
参考価格:¥ 1,533
価格:¥ 918
USED価格:¥ 956
amazon.co.jpへ

【解説】
 「大脱走」のチャールズ・ブロンソンと「キャット・バルー」のリー・マーヴィン共演の男気溢れるアクション・アドベンチャー。自らの自由と名誉を勝ち取るため、雪山に逃げ込み捜索隊の追撃をかわす元特殊部隊の男とそれを追う騎馬隊隊長の息詰まる攻防を描く実話を基にした物語。監督は「女王陛下の007」のピーター・R・ハント。
 1931年、カナダ。北極圏に近い極寒の雪山に一人で暮らす元特殊部隊の男ジョンソン。彼は町へ降りたとき、闘犬の現場を目撃すると、熱狂する人々を無視してその闘いを止めてしまう。そして、死にかけた犬を持ち主から強引に買い取るのだった。これをきっかけに、ジョンソンと町の荒くれ者たちの対立が起り、ジョンソンがついに一人を射殺してしまう。ジョンソンの生き方に少なからず共感を覚え、それまで静観していた町の騎馬隊隊長ミレンだったが、その報せを聞くとジョンソン逮捕のため捜索隊を組織し雪山へ向かうのだった…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
212 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ハッピーm投稿日:2008-11-29 15:43:19
【ネタバレ注意】

実話に基づくと言うのだからこそ熱い話だと思った。  すぐに銃を取り出し、威嚇し撃ち殺すなんて西部劇さながら。  名誉を守るため逃げ続け、結果正当防衛で撃ち殺し続けてしまう。。  皮肉だけど、そんな彼を追いかけつつも何とか助けるミレン。  最後には本当の悪党とは逃げる方と追いかける方どちらなんだろう?と正義の是非を問いたくなるような作品。  ストーリーは銃撃戦意外、淡々と進んでいくが効果音やBGMが激しくて派手さを増してくれる。 雪山での逃走劇は逃げるジョンソンがなかなかにその状況を楽しんでるようにさえ見えるのが面白い。

投稿者:天網恢恢投稿日:2008-01-20 13:21:30
【ネタバレ注意】

当時のスターが懐かしいですね。ブロンソンさんとマービンさんはお互いにいい役を貰っています。出来ればディキンソンさんの熟女魅力をもう少し引き出して欲しかった。
同時期に作られた「ランボー」と似たヒーローものでした。アメリカ映画のラストはどうしたって主人公を殺したくないんです。

投稿者:新・映画の都投稿日:2007-06-26 02:36:27
この二人が出演している、それだけでうれしい。二人で一つの画面に収まっているシーンがない、それだけに淋しい。
投稿者:tamut777投稿日:2007-03-05 22:34:05
この時代の主役二人で連想できるのはB級アクションだが、これが中々見せる。ブロンソンが崖の上から「逃げる快感」の笑みを見せると、それを見上げるマービンが「追う快感」の笑みで返す。ハントはアクションの名手。もっと撮って欲しかった。
投稿者:ブロッケン鈴木投稿日:2007-02-09 00:22:29
 犯人を追いかける刑事役などがいつも多いブロンソンが、今作では立場が逆になってひたすら逃げる役。だが逃げると言っても、追っ手と闘いながらの頭脳戦で、その大胆不敵さがたまらない魅力だ。
投稿者:品虎投稿日:2005-10-16 22:31:03
二大漢(おとこ)を熱く感じさせる俳優が共演した一本。他にも「ロッキー」のアポロ役の俳優もいるし、ブロンソンとは何度か共演しているエド・ローターも出ていたりして、漢(おとこ)密度が驚くほど濃い。ブロンソンもまだ70年代の雰囲気を残してまだまだ元気。

ただ二大スター共演作品なのに、ブロンソンとマーヴィンが一つの画面に納まるシーンがないのが残念。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】デス・ハント2016/11/05\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】デス・ハント2013/04/24\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】デス・ハントレンタル有り
 【VIDEO】デス・ハントレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION