allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

無頼平野(1995)

昭和侠客外伝 無頼平野 BURAI-HEIYA(ビデオ題)

メディア映画
上映時間99分
製作国日本
公開情報劇場公開(ピターズ・エンド)
初公開年月1995/05/29
ジャンル任侠・ヤクザ
無頼平野 [DVD]
USED価格:¥ 1,499
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:石井輝男
製作:岡田博
企画:岡田博
プロデューサー:室岡信明
小林桂子
原作:つげ忠男
脚色:石井輝男
撮影:石井浩一
特殊メイク:原口智生
美術:丸山裕司
衣裳:二宮義夫
編集:神谷信武
振付:室町あかね
音響効果:伊藤進一
音楽:鏑木創
監督助手:落合俊一
板庇竜彦
殺陣:伊奈貫太
助監督:森谷晁育
出演:加勢大周サブ
岡田奈々ナミ
佐野史郎忠男
金山一彦尾瀬
南原宏治梶山
水木薫春子
麻生真宮子貴美子
五島悦子桃子
石川真希さゆり
田村翔子女流詩人
横山あきお支配人
杉作J太郎杉村
島田洋八夢二
長谷川待子時子
砂塚秀夫正木
吉田輝雄リュウ
あがた森魚カジノ座の指揮者
大槻ケンヂ奇術師
由利徹高野
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Kshozy投稿日:2003-04-09 06:55:49
石井輝男版「地獄」も、そうですが、ただで無くても、変なトリック・トリップシーンが持ち味の監督なのに、現在の低予算ないし、テレビドラマ的質感の画の中でそれを表現してしまっては失笑です。
少ないとはいえ「無頼〜」よりは高い予算で、日本映画黄金期から脈々と続く製作クオリティで、彼の破天荒な創造性を許容してきた6、70年代の作品とは明らかに違います。
石井輝男らしいシーンは、彼を野放しにした映画より、大手映画会社のマス対象・スタンダード主義のがんじがらめの中で、彼がもがいている映画のほうが、一縷の妖しい光のように際立ちます。例えるなら、酢豚の中にパイナップルが入り、こんなのありかって言いながらも美味しく頂いてしまう。そんな感覚です。よって分からない人には邪魔でしようがないでしょうが。
やっぱり輝男色が強すぎる「地獄拳」や「怪談 昇り竜」よりも、輝男色がスパイス的に効いている「網走番外地」やら「地帯シリーズ」が私には魅力的です。
この作品は輝男色満開でしょうが、輝男的遊びの情報・記号が多すぎで主軸が見えなっています。ご都合の設定というリスクを背負ってまでも、昭和の時代を集約したパラレルワールドを舞台にしたことに何の意味があるのか、主役の加勢はどんな人間なのかどこに行きたいのか。脇役の表現に寄り道ばかりしていると、感性も知性も各々バラバラな観客たちは、総じてストーリーそのものにも、不親切でついていけなくなるのです(原作を知っていれば違うのでしょうか?)。
新作の「盲獣vs一寸法師」が一向に姿を現さないのは、上記と同様の質感なのではと、期待を煽るというより、「シベリア超特急」のように不安のほうを煽ります。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ ベスト10第8位
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】無頼平野2016/05/20\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】無頼平野 昭和侠客外伝2005/08/26\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】無頼平野レンタル有り
 【DVD】無頼平野 昭和侠客外伝レンタル有り
 【VIDEO】昭和侠客外伝 無頼平野 BURAI-HEIYAレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION