allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

アンネの日記 The Diary of Anne Frank(1995)

メディア映画 Anime
上映時間103分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月1995/08/19
ジャンルファミリー/ドラマ/戦争
アンネの日記 [DVD]
参考価格:¥ 2,700
価格:¥ 2,408
USED価格:¥ 1,999
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:永丘昭典
製作:荒木正也
企画:吉本尊則
荒木正也
製作指揮:古谷昭綱
安藤清
後藤亘
長瀬文男
大野茂
プロデューサー:丸山正雄
岩瀬輝安
原作:アンネ・フランク
脚色:紺野八郎
ロジャー・パルヴァース
作画監督:兼森義則
撮影:斎藤敦朗
崎谷祐樹
小口修司
美術監督:池田祐二
撮影監督:山口仁
編集:尾形治敏
音響監督:本田保則
音楽:マイケル・ナイマン
音楽プロデューサ
ー:
高橋憲一
又平享
助監督:篠原俊哉
千葉大輔
声の出演:高橋玲子アンネ・フランク
加藤剛オットー・フランク
坂上二郎ファンダーン
草なぎ剛ペーター
田野聖子マルゴー・フランク
黒柳徹子ペネロトラ
滝田裕介デュッセル
平淑恵ミープ
中吉卓郎クレイマン
【解説】
第二次大戦中、ナチズムの狂気といわれなき人種差別の中で綴られた、少女アンネ・フランクによる永遠の名著『アンネの日記』のアニメ映画化。1942年、オランダのアムステルダムにも、欧州各国に侵攻するナチスの影が迫っていた。反ユダヤ人政策が進むなか、13歳の少女アンネを含むフランク一家もナチスからの召集を受ける。だが家長オットーは、善良な異性の友人であるミープ・ヒースの事務所に一家もろとも潜伏。ミープの支援のもと、同所が営業中は物音ひとつ立てられぬ、長く辛い耐久生活を続ける。そんな中、アンネは自分の日記帳に“キティ”と命名。感受性強い年頃の自在な心の動きを記し続けた。やがてそこに、“同居人”としてファンダーソン一家と歯科医のデュッセルも参加。一ケ所に寄り集った8人の男女は苛酷な現実の中で前向きに生き続けるが、1944年8月、ついに運命の日はやってきた……。制作はマッドハウス。監督は、劇場版『アンパンマン』シリーズや、テレビアニメ『鉄子の旅』などの同職で知られる永丘昭典が担当。作画枚数11万枚を使用し、アムステルダムに本格ロケを敢行した丁寧な体制で制作されている。全編を彩るマイケル・ノイマンの音楽も素晴らしい出来。オットー役の加藤剛を始め、草ナギ剛、坂上二郎、樫山文枝、黒柳徹子など豪華な声の出演も特筆である。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
110 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】アンネの日記 <初回限定生産>2009/02/18\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】アンネの日記2007/06/20\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】アンネの日記2004/06/23\4,700amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION