allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

Endless Waltz エンドレス・ワルツ(1995)

メディア映画
上映時間102分
製作国日本
公開情報劇場公開(松竹=松竹富士)
初公開年月1995/10/07
ジャンルドラマ
あの頃映画 「エンドレス・ワルツ」 [DVD]
価格:¥ 1,865
USED価格:¥ 1,512
amazon.co.jpへ

【解説】
 第31回女流文学賞を受賞した稲葉真弓の小説「エンドレス・ワルツ」を映画化。29歳で亡くなった天才的サックスプレイヤー阿部薫と、女優であり作家でもあった鈴木いづみの愛憎劇を描く。監督は「エロティックな関係」「シンガポール スリング」の若松孝二。主演の2人は町田町蔵(康)、広田玲央名が演じている。灰野敬二、フェダインといったアーティストの出演も音楽ファンには見どころ。
 1973年、新宿。渾沌とした街の片隅で宿命的な出会いをしたイヅミとカオル。天才的アルトサックス奏者といわれたカオルは、酒とクスリ漬けの日常の中でイヅミを求めていた。二人は結婚するが、カオルのクスリは切れず、激しい喧嘩と愛欲の日々が続く。やがて娘が生まれ、平穏な家庭を築いたように見えたのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
110 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:リベルタド!!投稿日:2019-02-11 20:20:35
実在したエキセントリックな人物を、これまたエキセントリックな役者とスタッフが甦らせた。
“芸術”の人は、どうしてこうも破滅型なんだろう?
だから、凡人は引かれるんだろうけど。痛々しい青春である。
投稿者:松竹錠投稿日:2005-07-27 23:12:49
ミュージシャンとそのオンナの話、という点で連想してしまうのは、
あの『シド・アンド・ナンシー』。破滅型の生き方も似通ってるし。
にしても、町田町蔵(現・町田康)と広田玲央名の素晴らしいことよ!
ゲイリー・オールドマンやクロエ・ウェッブに充分匹敵する。

時間・空間を自在に行き来する語り口(脚本と撮影技法)の見事なこと。
小津安二郎も使った、アグファ・カラーを用いた画面の色合いも好きだ。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ ベスト10第7位
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】エンドレス・ワルツ2012/01/25\2,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】エンドレス・ワルツレンタル有り
 【VIDEO】Endless Waltz エンドレス・ワルツレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION