allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

幻の光(1995)

メディア映画
上映時間110分
製作国日本
公開情報劇場公開(シネカノン=テレビマンユニオン)
初公開年月1995/12/09
ジャンルドラマ
幻の光 [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 3,175
USED価格:¥ 2,557
amazon.co.jpへ

【解説】
 これが監督デビューとなる是枝裕和が、宮本輝の同名小説を映画化した、ひとりの女性の“生と死”“喪失と再生”を描いたドラマ。主演はモデル出身で、TVドラマ「輝け隣太郎」で注目された新人の江角マキコ。ゆみ子は12歳の時、祖母が失踪したことで、祖母を引き止められなかったことを悔いていた。やがて、25歳になり夫・郁夫と息子とともに幸せな日々を送っていたが、ある日突然、今度は夫が自殺してしまう。そして、奥能登の小さな村に住む民雄と再婚した今も、過去の悔いを残していた……。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1498 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:sachi823投稿日:2014-07-21 00:36:27
宮本輝氏による「幻の光」は手紙の独白が
印象的な美しい作品でしたが、
映画化された本作品は原作の雰囲気を大切にしながら
敬意を払ってつくっているように感じました。
主演者2人も自然な演技で好演だと思います。
なかなか好感のもてる作品であります。
投稿者:mototencho投稿日:2010-04-23 13:23:32
江角マキコのたたずまいはとても美しく、絶品の風景と相まって素晴らしい。http://mototencho.web.fc2.com/2006/hanayori.html#lightofillu
投稿者:半熟卵投稿日:2009-12-31 22:26:44
江角マキコ
投稿者:ディ投稿日:2005-12-29 02:47:35
固定カメラ、棒読みのセリフ、縦の構図、ロングショットなど映像にこだわっている様ですが、逆に既存の映像表現ばかりで鼻に付きます。
投稿者:そわ投稿日:2005-06-08 15:14:57
映像が凄く綺麗。
画面が暗いのは自然光使ってるから?
でもこの手の映像は正直いい加減飽きた。
話としては、日々流れていく生活の積み重ねの中で、
どうしても割り切れずにわだかまるもの、という感じ。
それにしても何で皆喪服?
この話の場合、なるべくリアルな日常に近くした方が
説得力出る気がするんだけど。
喪服でリアル崩したのは何故だろう?
よく分からん。
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-07 19:44:45
周りが自然な演技なぶん、主役の演技が浮いている。脇役に有名人を持ってきた「花とアリス」とは逆。
投稿者:ロジャー&ミー投稿日:2005-03-06 16:10:34
Maborosi
投稿者:buriburimaron投稿日:2003-03-25 07:14:18
細かくは覚えてないけど良かった。
江角マキコと内藤剛志のいい味は予想外だった。
映像きれい。子供らもいい感じ。
あと眠くもなれるzzz。
投稿者:ママ投稿日:2003-03-06 14:37:25
おもしろいとかいうレベルのはなしじゃないですね。着てる服も黒い喪服みたいだし、映像的にも暗い。沈黙が多い。んで江角マキコ(役名なんだっけ?)は救われたの?それは個々の解釈かなー 
あまりに何も語られないので正直、何が起こっているのかすらわからんかった。
投稿者:未可投稿日:2003-01-30 19:05:04
暗い〜。
私にはわからない
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ オゼッラ・ドゥオロ賞是枝裕和 
■ 新人俳優賞江角マキコ 
■ 新人賞江角マキコ 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】幻の光2003/04/25\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】幻の光レンタル有り
 【VIDEO】幻の光レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION