allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

霧の子午線(1996)

メディア映画
上映時間106分
製作国日本
公開情報劇場公開(東映)
初公開年月1996/01/20
ジャンルドラマ

【解説】
 高樹のぶ子の同名小説を那須真知子が脚色し出目昌伸が監督。木村大作が撮影を、星勝が音楽を担当した。岩下志麻と吉永小百合の初共演が話題を呼んだ。
 ちぎり絵作家の沢田八重はクローン病という難病に冒され、二度の手術を経て東京から函館に引っ越した。函館には大学時代からの親友である鳥飼希代子がいた。希代子が探した物件で新しい生活を始める八重だったが、希代子の息子の光夫も、希代子の恋人で後輩記者の高尾耕介も、美しく優しい八重に魅了されてしまう。耕介と八重が肉体関係を結んだことを知っても、希代子は八重の限りある命を思い黙って見過ごす。希代子はかつて、八重の恋人だった淡路新一郎と結ばれ、そのときにできたのが光夫だったのだ。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
427 6.75
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
【サウンド】
『二隻の舟』(主題歌)
作詞 :中島みゆき
作曲 :中島みゆき
編曲 :瀬尾一三
歌 :中島みゆき
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】霧の子午線2016/09/14\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】霧の子午線2012/01/21\4,500amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】霧の子午線レンタル有り
 【VIDEO】霧の子午線レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION