allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

Helpless(1996)

メディア映画
上映時間80分
製作国日本
公開情報劇場公開(ピターズ・エンド)
初公開年月1996/07/27
ジャンルドラマ/青春
青山真治 TRILOGY BOX [初回限定生産] [DVD]
参考価格:¥ 12,600
価格:¥ 12,800
USED価格:¥ 5,978
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:青山真治
プロデューサー:仙頭武則
小林広司
脚本:青山真治
撮影:田村正毅
美術:磯見俊裕
編集:掛須秀一
音楽:青山真治
山田功
助監督:清末裕之
古厩智之
出演:浅野忠信白石健次
光石研松村安男
辻香緒里松村ユリ
斉藤陽一郎秋彦
伊佐山ひろ子
永澤俊矢
【解説】
 これが劇場映画デビューとなる青山真治監督作。虚無感が漂う新感覚の青春ドラマ。WOWOWの“J・MOVIE・WARS”第3弾の1本。主演は「PicNic」の浅野忠信。高校生の健次は、仮出所したヤクザの安男に再会した。組の仲間が安男に組長の死と組の解散を知らせに来たが、安男はそれを信じずにその仲間を殺し、組長を捜しに行く為ショルダーバッグと妹のユリを健次に預ける。健次はユリを連れて安男との待ち合わせ場所に向かうが、そこで健次もトラブルを起こしてしまう。
<allcinema>
【関連作品】
Helpless(1996)
EUREKA ユリイカ(2000)
サッド ヴァケイション(2007)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
641 6.83
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:こじか投稿日:2010-10-07 00:31:55
かなり退屈しました。ただのオシャレ映画。
投稿者:FFF投稿日:2009-07-14 22:34:20
「映画的手法」があざとくておもしろくない。
ざらざらした時代に見たら心に響いたのかもしれんが。
も、昔の見逃した問題作観んのやめた。
投稿者:4531731投稿日:2008-11-20 02:19:11
浅野忠信演じる白石親子以外はみな、彼の内部で生まれた血肉をわけた存在だといえる。
彼は暑い夏の日にツーリングしていたら、彼に巣食う懸念と熱のせいでいつのまにか自分の内面に迷い込んでしまうのだ。
白石が団地の部屋にいるショットがあるが、鉄柵のせいで檻に閉じ込められているように見える。
これは、アントニオーニが「さすらいの2人」で使用していましたが、効果覿面。
この地味なワンショットが、彼の置かれている状況を全て説明している。

親子の断絶が彼を傷つけた。彼の内には強い怒り、憎悪が蠢いているが、一方では優しさ、希望を忘れていない。
白石の破壊衝動の激しさは安男を彷彿とさせ、憎しみの影で消えそうな優しさはユリのように儚げだ。
彼の中で忘れられた希望は弱弱しく、たよりないし、すぐに逃げてしまう。
サテンの一件はまるで、白石の過去、家族関係が再現されているようです。
青山真治は先達の手法を適確に学んでいるおかげでうまい。荒削りだが、のちの「ユリイカ」の前身と呼べる出来。
ラストの何でもないショットも見逃してしまいそうなほど地味だがあれのおかげでピシッと引き締まっている。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2007-08-06 16:33:54
それなりの面白さはあるが、構成や描写は平凡。音楽は悪く言えば陳腐。浅野のキレ演技も好きじゃない。
投稿者:シンネマン投稿日:2006-10-27 02:22:43
昭和の終わりを告げる日付。無人の球場。かつて栄華の時代を築き今は廃墟と化した北九州の地。そこから湧きあがってくる唐突な暴力。安男や健次の渇ききった暴力はあまりに空虚で、見ていて笑うしかない。しかも死んだ人間も死んではおらず、この地を永遠に彷徨い続けるらしい。 
この全編に漂う不穏な空気、渇いた質感は、青山監督自身にも二度とは撮れないであろう無二の傑作。わずか80分なのに、何回観直しても違った風に見えてくる。新作の続編『サッド・ヴァケイション』を『Helpless』からいかにずらしてくるかに期待。
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-07 23:20:05
暴力映画好きなので…。
投稿者:アリエアー投稿日:2004-06-09 02:07:47
北野武の暴力は支持するけど、青山真治の暴力は支持しません。

斉藤陽一郎はよかった。
投稿者:buriburimaron投稿日:2003-03-25 06:32:21
浅野が特にすごい。喫茶店まわりがすごい。青春映画。
痛さと絶望で疲れて「ふっ」ってなったときに澄んだ深緑(or新緑)のイメージと少しの不気味さがくる。そんな感触が残ってます。
「(この監督の)鮮烈なデビュー」と謳われてるのに頷けた。
投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2002-01-12 23:20:31
 人物の動かし方やフレーミングはとても慎み深い演出が基調となっていて好感が持てる。そんな中で、時折ハッとさせるようなケレン味も見せる。真っ暗なトンネルの中からフラッシュがたかれる場面。ガラス窓に突然三輪車が投げ込まれ窓が粉々になる場面。全体的な印象として華のある映画ではないが、この演出は悪くない。http://www.page.sannet.ne.jp/egi/
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 作品賞 
 ■ 主演男優賞浅野忠信 「[Focus]」に対しても
 ■ 新人監督賞青山真治 「チンピラ」に対しても
 ■ ベスト10第1位
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】青山真治 TRILOGY BOX <初回限定生産>2008/02/27\12,000amazon.co.jpへ
 【DVD】Helpless2000/04/28\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】Helplessレンタル有り
 【VIDEO】Helplessレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION