allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

流れ板七人(1997)

メディア映画
上映時間114分
製作国日本
公開情報劇場公開(東映)
初公開年月1997/01/15
ジャンルドラマ

【解説】
 牛次郎と笠太郎によるコミック『流れ板竜二』を高田宏治が脚色し和泉聖治が監督した。老舗料亭の暖簾を取り戻すために立ち上がる七人の板前たちを描く。
 かつて流れ板として全国を渡り歩いていた料理人の梨堂竜二も、今は妻の真澄と岡山の港町で小さな料理屋を営んでいた。そんな竜二のもとに東京の老舗料亭である閑日楼の花板で、かつての師匠でもある松木精蔵から手紙が届いた。竜二は上京するが、調理師紹介所の稲宗の女主人である稲村きぬから、精蔵がすでに亡くなったと聞かされ愕然とする。花板を失った閑日楼は、関西を代表する料亭のほこ多に買収されそうになっていた。きぬは金沢にある料亭の沢の家を買い取り、花板として竜二を迎え、ほこ多に料理対決を挑むのだった。閑日楼の暖簾を取り戻すために。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
110 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ゆうじ投稿日:2005-11-03 00:03:15
原作は青年誌に連載されていた漫画らしい。恩のある老舗を守る為、流れの板前が奮闘するという、仁侠映画の王道を行くようなストーリー。しかも、主人公は松方弘樹で敵役が中条きよしという、予想どおりの配役ということで、特に新鮮な発見もないまま物語は展開する。まあ、お話的には単純なので、暇つぶしに丁度よいかな。
出演者はそれなりに名前が通った役者が揃うのだが、どれも一流半というところなのが作品の質を表しているようだ。しかも、各人の見せ場が少ないので、題名のように7人も流れ板がいたっけ・・・という疑問が残ってしまう。
【レンタル】
 【VIDEO】流れ板七人レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION