allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

復讐 THE REVENGE 運命の訪問者(1997)

メディア映画
上映時間83分
製作国日本
公開情報劇場公開(ケイエスエス)
初公開年月1997/03/01
ジャンルアクション
復讐 運命の訪問者 [DVD]
参考価格:¥ 4,104
USED価格:¥ 9,800
amazon.co.jpへ

【ユーザー評価】
投票数合計平均点
215 7.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2013-04-12 15:24:33
中盤までは面白かったが、長ったらしい構成と後味の悪さと、撃ち合いのシーンに漂う「なんちゃって」感が嫌だった。
投稿者:まっどぼんば投稿日:2007-03-11 14:05:16
殺し屋一家の不愉快さが強烈に印象に残る、ちょっとホラー寄りの
アクション映画。
「蛇の道」「運命の訪問者」と黒沢高橋コンビの映画は自分の好みに
ぴたりとハマって大好き。でも黒沢清が自分で脚本を担当した
それぞれの続編「蜘蛛の瞳」や「消えない傷痕」はマニアの間で評価が
高いが個人的にはピンと来ない。

最近バラエティで名前が売れてきた六平直政は、昔ビデオで
見たこの映画の殺し屋イメージが強いので、今でもあの顔を
見ると不快感やら恐怖感が湧いてくる(笑)
投稿者:skull & rose投稿日:2003-11-20 16:33:22
同時2本立てで撮られたものだが、高橋洋脚本の『運命の〜』にくらべて、黒沢自身が脚本も担当したこちらは格段に視覚化を意識した柔軟な脚本になっている。『運命の〜』に比べて、脚本の拘束を受けないで、冒頭から長回し、逗子とんぼを笠智衆に見立ててか、小津的な演出をしてみたりと、かなりやりたい放題で自由にやっている。特に、菅田俊と哀川翔の掛け合いは、そこだけまるで関節からはずれた時間のように異彩を放つ。早撮り低予算での黒沢らしい傑作。美津子とか刑事の処理の仕方はかなり曖昧なものがあり、その点では、『運命の〜』の方が骨組みがしっかりしている。2作のつながりはかなり曖昧ですが、物語の時制的には『運命の〜』が先にあるので、そちらから。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】復讐 THE REVENGE 運命の訪問者2006/03/24\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】復讐 THE REVENGE 運命の訪問者レンタル有り
 【VIDEO】復讐 THE REVENGE 運命の訪問者レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION