allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

うなぎ(1997)

メディア映画
上映時間117分
製作国日本
公開情報劇場公開(松竹=松竹富士)
初公開年月1997/05/24
ジャンルドラマ
映倫R15+
うなぎ 完全版 [DVD]
参考価格:¥ 6,048
価格:¥ 6,048
USED価格:¥ 3,980
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:今村昌平
製作:奥山和由
企画:須崎一夫
成澤章
中川好久
プロデューサー:飯野久
原作:吉村昭
脚色:冨川元文
天願大介
今村昌平
撮影:小松原茂
美術:稲垣尚夫
編集:岡安肇
音楽:池辺晋一郎
助監督:井上文雄
出演:役所広司山下拓郎
清水美砂服部桂子
柄本明高崎保
田口トモロヲ堂島英次
常田富士男中島次郎
倍賞美津子中島美佐子
市原悦子服部フミエ
佐藤允高田重吉
哀川翔野沢祐司
小林健三斎藤昌樹
河原さぶ郷誠太郎
深水三章医師
小沢昭一初老の医師
寺田千穂山下恵美子
上田耕一刑事
光石研刑事
小西博之監察官
【解説】
 「楢山節考」の今村昌平が「黒い雨」以来8年ぶりに監督し、第50回カンヌ映画祭でグランプリ(パルム・ドール)を受賞した作品。かつて、妻の浮気に逆上し妻を殺してしまった男・山下拓郎。以来、極度の人間不信に陥った山下は仮出所後、理髪店を営みながらも人々との交流を避け、本音を明かす唯一のパートナーとして“うなぎ”を選ぶ。ある日、山下は河原で自殺未遂の女性・桂子を助ける。桂子は恩返しにと理髪店の手伝いを申し出て、山下は渋々雇うことにするが……。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1278 6.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:o.o投稿日:2011-12-12 01:30:16
微妙な気分です。なかなか良い映画じゃないかという気持ちと、ちょっと違うなあという気持ちとの狭間で、今もゆらゆら揺れています。

時代に全然ついていけていない自分が言うのもなんですが、所々に、平成九年の映画にしてはもう古臭いなという演出があり、特に、桂子の頭のいかれた母親がフラメンコを踊るシーンなど、ちょっと見てられない感じがするし、クライマックスのどたばたも、昭和の映画の抜け殻を見せられているような気分になってしまいました。また、肝心の「うなぎ」が、さほど大きな役割を果たしていない気がするのは自分だけでしょうか。

しかし、この映画には、特に出所後から主人公の人生が再び動き出し始めるまでの間には、独特な時間の流れがあり、それが何だか心地よい感じがします。7 年ほど前、けっこうな病気にかかり、本気の本気で死を覚悟したことがあるのですが (生き残りましたが)、自分が死ぬことをじっと考えている時にふと訪れた、諦念と解放感が入り混じった白い時間 (?) によく似ています。主人公と漁師が夜釣りの船で水面をなめらかに滑ってゆくシーンがすごく好きです。

映画は、均質な時間が支配する荒野に点在する砦 (Fort) であるべきではなかろうか。そんなことを、ふと考えてしまった次第です。
投稿者:こじか投稿日:2010-04-24 16:15:31
傑作。

初回鑑賞後、長年封印中。
またあの衝撃が楽しみである。
投稿者:QUNIO投稿日:2009-03-18 16:27:12
【ネタバレ注意】

あのラストは謎ですねー。まあ謎のまま終わるからいいんですけどね。『赤い殺意』も真実は誰にも分からないという終わり方でしたがそれこそ今村昌平のテーマなのではないでしょうか? 知らんが。この映画も演技者が全員良かった。柄本明に犯された清水美砂は最後には柄本の子(うなぎの子)を産むのかな? あのエモトの子を!(笑) エ〜モトエモトうなぎの子♪ 川底か〜ら浮かんで来た♪ でもって柄本は役所のドッペルゲンガーだったりして。想像するだけで怖い。

投稿者:non投稿日:2006-05-21 23:15:18
すごくおもしろかった。
原作は知りませんが、
柄本さんのレイプシーンが失敗したことで、監督が好きになった。
女々しかったりすると、すぐレイプを出して、成功させるから。
この監督はエロティスムについて深いなと思う。
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-08 17:03:00
これがパルムドールとは…。
投稿者:ロジャー&ミー投稿日:2005-03-06 17:36:30
The Eel
投稿者:さち投稿日:2004-06-16 02:59:13
一人一人の演技が際立っていた
どこか古臭いテーマと作調だった
でもいい映画です
投稿者:ASH投稿日:2002-07-10 22:44:10
山下(役所広司)が桂子(清水美砂)の作ったお弁当をなかなか受け取ってくれず、彼女が受け取ってもらえるよう工夫する様が微笑ましい。橋の上で山下が乗る船が通るの待伏せしていたりなんかして。

映画としては、登場人物が多すぎて少しゴチャゴチャしているきらいがある。原作はどうなのか知らんが、山下と桂子の関係をメインに描いてもよかったんじゃなかろうかな。相変わらずの柄本明の怪演は楽しいんだけれどね。

それにしても桂子が夫(田口トモロヲ)にバイブで責められるシーンは必然性を感じないなぁ。根がスケベであろう今村監督が、彼女のヌードを拝みたいがために撮ったシーンだと解釈いちゃいましょうか。

★★
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ パルム・ドール今村昌平 
□ 外国映画賞 監督:今村昌平(日本)
□ 作品賞 
 ■ 主演男優賞役所広司 「失楽園」に対しても
 □ 主演女優賞清水美砂 
 □ 助演男優賞柄本明 
 ■ 助演女優賞倍賞美津子 
  市原悦子 
 ■ 監督賞今村昌平 
 □ 脚本賞今村昌平 
  天願大介 
  冨川元文 
 □ 音楽賞池辺晋一郎 
 □ 撮影賞小松原茂 
 □ 照明賞岩木保夫 
 □ 美術賞稲垣尚夫 
 □ 録音賞紅谷愃一 
 □ 編集賞岡安肇 
■ 主演男優賞役所広司 「失楽園」、「CURE」に対しても
 ■ 助演女優賞倍賞美津子 「東京夜曲」に対しても
■ ベスト10第6位
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】うなぎ 完全版2004/01/23\5,600amazon.co.jpへ
 【DVD】うなぎ2001/11/22\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】うなぎレンタル有り
 【VIDEO】うなぎ 完全版レンタル有り
 【VIDEO】うなぎレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION