allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

釣りバカ日誌9(1997)

メディア映画
上映時間115分
製作国日本
公開情報劇場公開(松竹)
初公開年月1997/09/06
ジャンルコメディ/ドラマ
釣りバカ日誌9 [DVD]
参考価格:¥ 1,480
価格:¥ 899
USED価格:¥ 529
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:栗山富夫
プロデューサー:瀬島光雄
中川滋弘
小松護
原作:やまさき十三
北見けんいち
脚本:山田洋次
朝間義隆
撮影:花田三史
美術:横山豊
編集:鶴田益一
音楽:かしぶち哲郎
音楽プロデューサ
ー:
高石真美
照明:渡邊孝一
録音:近藤勲
助監督:大谷幸夫
出演:西田敏行浜崎伝助
三國連太郎鈴木一之助
小林稔侍馬場恒太郎
風吹ジュン庄野茜
浅田美代子浜崎みち子
中村梅之助八城建設社長
谷啓佐々木課長
笹野高史前原運転手
角野卓造草森秘書課長
鶴田忍堀田常務
竜雷太原口人事担当取締役
小野寺昭川島営業本部長
三谷昇牧野営業部長
塩屋俊外村総務部長
加島潤鈴木建設重役
鴻上尚史オリエンタル保険新藤課長
中本賢太田八郎
細川ふみえひとみ
高畑淳子東洋ソーダ紺野部長
奈良岡朋子鈴木久江
北村和夫杉浦専務
【解説】
 人気シリーズ第10作(「釣りバカ日誌スペシャル」を含む)。今回は万年平社員のハマちゃんが同期である新任上司のために八面六臂の活躍を見せる。鈴木建設営業部に新任の部長として配属されてきた馬場は、実はハマちゃんと同期。真面目で仕事一筋の馬場は、家庭の方では妻と離婚し、息子と2人暮らしで親子関係もうまくいってない。鈴木社長にも一目置かれる馬場だったが、ハマちゃんが得意先と釣りを通じて太い信頼関係を築いていることを知り感心する。そんなある日、大口の取引を失う危機が鈴木建設に訪れる……。
<allcinema>
【関連作品】
釣りバカ日誌(1988)シリーズ第1作/レギュラー第1作
釣りバカ日誌2(1989)シリーズ第2作/レギュラー第2作
釣りバカ日誌3(1990)シリーズ第3作/レギュラー第3作
釣りバカ日誌4(1991)シリーズ第4作/レギュラー第4作
釣りバカ日誌5(1992)シリーズ第5作/レギュラー第5作
釣りバカ日誌6(1993)シリーズ第6作/レギュラー第6作
釣りバカ日誌スペシャル(1994)シリーズ第7作/スペシャル
釣りバカ日誌7(1994)シリーズ第8作/レギュラー第7作
釣りバカ日誌8(1996)シリーズ第9作/レギュラー第8作
釣りバカ日誌9(1997)シリーズ第10作/レギュラー第9作
花のお江戸の釣りバカ日誌(1998)シリーズ第11作/番外編
釣りバカ日誌10(1998)シリーズ第12作/レギュラー第10作
釣りバカ日誌イレブン(1999)シリーズ第13作/レギュラー第11作
釣りバカ日誌12 史上最大の有給休暇(2001)シリーズ第14作/レギュラー第12作
釣りバカ日誌13 ハマちゃん危機一髪!(2002)シリーズ第15作/レギュラー第13作
釣りバカ日誌14 お遍路大パニック!(2003)シリーズ第16作/レギュラー第14作
釣りバカ日誌15 ハマちゃんに明日はない !?(2004)シリーズ第17作/レギュラー第15作
釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった♪(2005)シリーズ第18作/レギュラー第16作
釣りバカ日誌17 あとは能登なれ ハマとなれ!(2006)シリーズ第19作/レギュラー第17作
釣りバカ日誌18 ハマちゃんスーさん瀬戸の約束(2007)シリーズ第20作/レギュラー第18作
釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様(2008)シリーズ第21作/レギュラー第19作
釣りバカ日誌20 ファイナル(2009)シリーズ第22作/レギュラー第20作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
17 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ieyasu投稿日:2006-05-22 15:46:08
【ネタバレ注意】

この作品の冒頭のタイトルまでの浜ちゃんとスーさんの釣りをしながらの絶妙の会話のやりとりこそこのシリーズの魅力の神髄があるんじゃないだろうか。漫才とは違う作為的に噛み合ない二人のキャラの会話(つまり西田さんはコメディで三國さんはほとんどシリアス)はほんと愉快でこのシリーズでしかお目にかかれない。それに今回浜ちゃんは一段と素敵です。浜ちゃんと同期で入社の馬場(小林稔侍)がやり手部長として登場します。小林稔侍の小細工のない心のこもった演技も素敵。自分は平だがくったくない浜ちゃんが 宴会はもちろん、釣り仲間というコネを駆使しての仕事の援護射撃だけでなく、恋愛指南や果てはその引きこもりの息子の心を開かせるまでの大活躍。期待の部下の辞表を悲しむスーさんや馬場や彼の息子への浜ちゃんの視線は優しさ満ちていて、、、。ラスト、鹿児島の雄大な海岸の景色に何故か浜ちゃんとスーさんのスケールを感じてしまいます。この作品の浜ちゃんとスーさん もう大好きです。

投稿者:浜ちゃん投稿日:2005-11-05 17:45:30
個人的に一番好きな釣りバカです。ハマちゃんと馬場(小林稔侍)の車の中のやり取りが面白かった
【レンタル】
 【DVD】釣りバカ日誌9レンタル有り
 【VIDEO】釣りバカ日誌9レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION