allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ナージャの村(1997)

HaДeЖДa

メディア映画
上映時間118分
製作国日本/ベラルーシ共和国
公開情報劇場公開(サスナフィルム)
初公開年月1997/11/22
ジャンルドキュメンタリー
本橋成一ツインパック 「ナージャの村」「アレクセイと泉」 チェルノブイリ〜人間と大地の記録〜 [DVD]
参考価格:¥ 5,832
価格:¥ 4,739
USED価格:¥ 4,980
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:本橋成一
製作:神谷さだ子
小松原時夫
制作統括:鎌田寛
企画:本橋成一
原案:本橋成一
影書房「チェルノブイリからの風」、リトル・モア「無限抱擁」
撮影:一之瀬正史
編集:佐藤真
本橋成一
音楽:小室等
ナレーション:小沢昭一
【解説】
 写真家・本橋成一による映画初監督作品。ナレーションで小沢昭一が参加している。チェルノブイリ原発事故による放射能汚染被害のために強制移住区域に指定された村に住む人々を追ったドキュメンタリー。村に住む人々の様子が丁寧な、そして暖かみのある映像で綴られている。
 ベラルーシ共和国ゴメリ州ドゥヂチ村。かつて300世帯の農民が暮らしていたこの場所は、1986年4月に起きたチェルノブイリ原発の事故により、放射能汚染被害を被った。多くの人々は村を離れたが、移住を拒否して住み続ける数世帯が残されている。しかし8歳の少女・ナージャの家族は、子どもたちの教育のために町への引っ越しを考えていた。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
110 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:もののけ彦投稿日:2004-10-09 01:35:24
【ネタバレ注意】

汚染された村に残った人々が、生きるために村を出て行った友人の棺を、村の墓地に埋葬する、この悲劇。そして、ナージャの一家もまた村を後にする。一瞬、そんなことなどすべて忘れて、美しい風景、美味しそうな食べ物、ナージャたち村人の笑顔に見とれる。汚染という言葉のイメージとは、あまりにもかけ離れた、美しい村の生活が眼に焼きついてはなれない。

【レンタル】
 【VIDEO】ナージャの村 <レンタル版>レンタル有り
 【VIDEO】ナージャの村レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION