allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

不夜城 SLEEPLESS TOWN(1998)

メディア映画
上映時間122分
製作国日本
公開情報劇場公開(東映=アスミック・エースエンタテインメント)
初公開年月1998/06/27
ジャンルサスペンス/アクション
不夜城 [DVD]
参考価格:¥ 3,024
価格:¥ 2,605
USED価格:¥ 2,845
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:李志毅
プロデュース:原正人
プロデューサー:永井正夫
森重晃
原作:馳星周
「不夜城」
脚色:李志毅
野沢尚
特殊効果:宮田義三
長原佐恵子
会田文彦
美術:種田陽平
撮影監督:アーサー・ウォン
衣裳:濱井貴子
立川利江
編集:鄭志良
須永弘志
音響効果:倉橋静男
音楽:梅林茂
音楽プロデューサ
ー:
石川光
主題歌:B'z
Leon Daniels
助監督:金佑彦
鄭漢強
出演:金城武劉健一
山本未來佐藤夏美
椎名桔平呉富春
郎雄楊偉民
曾志偉元成貴
永澤俊矢孫淳
周梅媚黄秀紅
鈴木清順葉暁丹
修健崔虎
田口トモロヲ遠澤
谷原章介周天文
程楽人徐鋭
山西惇次郎
余為彦徐光耀
オン・スイピン葉暁丹の秘書
堀ひろこ楊琳
顧暁東銭波
リリィ・イー楊怡
馳星周ビラ配り
森田芳光賭博の客
【解説】
 馳星周のベストセラー小説を、「世界の涯てに」の李志毅(リー・チーガイ)監督、金城武主演で、新宿歌舞伎町を舞台に描いたアジアン・テイストなノワール・ムービー。台湾人と日本人のハーフである劉健一は歌舞伎町で故買屋をしている。ある日、かつての相棒、呉富春が歌舞伎町に舞い戻ってくる。上海マフィアの幹部を殺して逃亡していたのだ。噂を聞きつけた上海マフィアのボスは健一に富春を探し出すように命じる。そんな健一の前に“富春を売りたい”という謎の美女が現れる……。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
864 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:nabeさん投稿日:2011-06-19 10:51:07
金城武主演の中国マフィア抗争劇だが、全体的に散漫な印象である。
金城武は中国語は完璧だしビジュアルも言うことがないが、日本語の台詞が平板すぎて緊張感が伝わらない。また愛人役の山本未來も、モデルのような外見はいいが、役者としてはこれまた平凡で存在感が無い。この二人が主演なので、全体がどうしてもメリハリの無い展開になってしまう。
せっかく香港映画の一流監督と俳優を招いたのだから、主演の二人はもっと泥臭い俳優にして欲しかった。全体の雰囲気は悪くないのだから、本当に惜しい。
投稿者:scissors投稿日:2010-09-17 18:16:01
金城武も山本未來も、設定のわりに妙に小奇麗なのが浮いて見えた。
内容も裏社会での逃避行にしては切迫感が無くてかったるい。
金城武のアイドル映画て感じかな。
投稿者:塚原新投稿日:2008-08-25 00:25:13
【ネタバレ注意】

原作よりは楽しめる感じ。主人公・健一の魅力の無さが、金城武が演じることによって、なんとなく誤魔化されている。山本未來は、役柄にマッチしていて良かった。
序盤はロケーションの持ち味がうまく生かされているが、クライマックスの襲撃シーンはもっと引きの絵が欲しかった。墓地の銃撃戦がセットもろバレなのもイマイチ。
あと、椎名桔平の髪型が変(笑)

投稿者:黒美君彦投稿日:2007-07-14 01:34:37
結構評判いいのですが、どうも私には消化不良に終わった感が…。主役の劉健一、さすがに当時24歳の金城武が演じるには渋すぎる役柄かな〜という気がします。それにしては頑張っていると思うし、彼の存在感はやはり大したものだとは思うのですが、ときどき台詞が外人っぽくなってしまったのが惜しい。今(2007年)同じ役を演じたらもっといい味が出ていたのではないか、なんて思いました。
思い切りアジアン・テイストでまとめ上げたので、歌舞伎町はあたかも香港の九龍城のよう。長回しの冒頭といい、思い切ったロケといい、演出は映画的で悪くありません。
ただ、少々筋が込み入っていてやや説明不足なのと(原作を読んでいればよくわかるらしいですが)、登場人物それぞれの過去を独白でまとめてしまうのは減点かな。

台湾社会の長老ヤン・ウェイミンを、人の好さそうなラン・シャンが好演。鈴木清順氏も怪しげなフィクサー役を楽しそうに演じています。山本未来も体当たりの熱演。勢いのある作品であることは認めますが、金城武をもっと魅力的に描けたのではないかなという気もします。
投稿者:Longisland投稿日:2002-10-06 14:40:57
猥雑な新宿歌舞伎町の艶かしさ、見慣れた街だからこそ感じる不思議な違和感(セットの多用も影響)原作の持つ焦燥感・閉塞感を若干薄くして、リー監督が得意な恋愛面を強調、決して演技力が高くない金城&未来のぎこちない台詞回し&動作が作品に生々しさを加えている。
原作では夢でしかなかった雪の温泉のシーン、埠頭に舞う雪、ラストの車内に舞う雪、あの原作がここまで切ない作品になるとは、新宿の闇がこんなに艶かしいとは、山本未来がこんなに魅力的に美しいとは、映画の持つ力を痛感した稀に見る傑作。
投稿者:kmy投稿日:2002-10-06 00:28:17
悪のヒーロー劉健一の極悪非道っぷりを楽しみにしてたんですが、ちょっとがっかりです。
登場人物全員が後ろ暗い過去を引きずっており、そこから溢れる残虐性や追いつめられた緊張感が
原作の魅力だったと私は思っていたので、その辺を深く描写されなかったのは残念でした。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 美術賞種田陽平 
【サウンド】
『The Wild Wind』(主題歌)
歌 :B'z
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】不夜城 SLEEPLESS TOWN2016/03/09\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】不夜城 SLEEPLESS TOWN2001/10/21\5,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】不夜城 SLEEPLESS TOWNレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION