allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

愚か者 傷だらけの天使(1998)

メディア映画
上映時間91分
製作国日本
公開情報劇場公開(東京テアトル=CAMARADE)
初公開年月1998/06/27
ジャンルドラマ
愚か者 傷だらけの天使 [DVD]
USED価格:¥ 1,940
amazon.co.jpへ

【解説】
 1997年に公開された「傷だらけの天使」のプリクエル(前日譚)で、前作で相棒を演じた真木蔵人を主役に据えている。監督は前作と同じく阪本順治。写真家を夢見て上京した石井久だったが、専門学校を中退し、今は西新宿のボロアポートでひとり暮らしをしていた。仕事をクビになり収入の無くなった彼は、ある日、万引きの常習犯である主婦のちか子と知り合い、行方不明の息子を捜してほしいと頼まれる。手がかりもなく途方に暮れる久の目の前に、突如、息子の勝が姿を見せた。久は家に帰るよう説得するが、勝はまったく聞き入れず、逆に捜査費用として受け取った前金を奪い取られてしまう。
<allcinema>
【関連作品】
傷だらけの天使(1997)
愚か者 傷だらけの天使(1998)前日譚
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
212 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ピンクガンスモーキン投稿日:2010-06-21 12:42:59
【ネタバレ注意】

阪本順治――かつて、蓮実重彦から、周防正行とセットで褒められていた監督である。

それはともかく、主役の真木蔵人に不信感を抱きながら見始めた。独り言の多い「田舎っぺ」を演じて、相当ダサいが、まあ、そんなに悪くない。
この低IQのビンボー青年に、食品工場のパートのオバサン・大楠道代が絡んでくる。
あえて「年の差ラブストーリー」ってほどでもないが、ちょっと期待させる展開だ。
色気は足りないが、ここまではOKだろう(ちなみに、オバさんだけしか出てこない映画である)。

やがて、早々に「人探し」のテーマを提示。
これで、サスペンスを導入し、物語的に保険をかけた。
が、鈴木一真があっけなく登場してから、たちまちダルくなる。男2人の絡みのバカバカしさに、うんざりさせられたぜ。テンポが悪すぎて、観られるレベルじゃなくなり、中盤からは、3〜5分毎に休憩を要する(おかげで2週間近くかけて鑑賞する羽目にもなった)。

見終わった感想は――意外にダメだったなぁ。90分の映画で、こんなに長く感じさせちゃ失敗だろ。
なんとなく「ケンカ映画」を予期していたが、「恋愛映画」みたいな部分もあるし、「迷える若者」の姿を描こうとしている部分もあり、結局、支離滅裂で、焦点がボヤけている。最初から最後まで、大楠&真木の妙な年の差カップルで行ってくれればオモシロかったはずだが、鈴木&真木のハンサム・コンビで、かなりグダグダになる。

多少スタイリッシュな部分はあるが、正直ハズレだった。

投稿者:阿里不哥投稿日:2004-07-16 02:50:36
駄目な男を描いた作品の中でも最高傑作!真木蔵人って実はいい役者なんだよね…。
テンポもいいし、役者の演技も心地よくて大好きな一本です。
投稿者:ゆんず投稿日:2003-09-24 19:24:27
うちの地元でロケした作品。
公開時、当時の市長が期待に胸を膨らませて観に行ったら、
特に田舎臭い場所しか出てなくて激怒したらしい(笑)
それは地方だからしょうがないとして(カネかけてわざわざ
東北の果てまで撮りに来るんだもん、狙いはその線でしょ)、
作品的には、冗長さばかり印象に残って、何が言いたいのか
何が見どころなのか、さっぱり分からんかった。
冗長じゃない阪本映画というのもなかなかなさそうだけど。

観た後に似たような印象を持った洋画は、
「スリップストリーム/風の惑星」。http://www.hi-net.ne.jp/~shoyu/3dstudio.html
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 助演男優賞鈴木一真 
 ■ ベスト10第5位
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】愚か者 傷だらけの天使2000/11/21\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】愚か者 傷だらけの天使レンタル有り
 【VIDEO】愚か者 傷だらけの天使レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION