allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

踊る大捜査線 THE MOVIE(1998)

メディア映画
上映時間119分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月1998/10/31
ジャンルアクション/サスペンス
湾岸署史上最悪の3日間!
踊る大捜査線 THE MOVIE [Blu-ray]
参考価格:¥ 4,935
価格:¥ 2,538
USED価格:¥ 2,186
amazon.co.jpへ

【解説】
 口コミでヒットしたTVドラマからスペシャル、そして遂に映画へと展開を見せ、邦画観客動員数をあっと言う間に塗り替えてしまった大ヒット作品。警視庁副総監誘拐事件、インターネットを使った猟奇殺人事件、署内で起こった窃盗事件と、正にてんてこ舞いする湾岸署を舞台に、寝るヒマもないほどの多忙を強いられる、青島刑事を中心とした、いつものメンバーが大奮闘を見せる。
<allcinema>
【関連作品】
踊る大捜査線(1997)TVシリーズ
踊る大捜査線 歳末特別警戒スペシャル(1997)TVスペシャル第1弾
踊る大捜査線 秋の犯罪撲滅スペシャル(1998)TVスペシャル第2弾
踊る大捜査線 THE MOVIE(1998)劇場版第1作
踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!(2003)劇場版第2作
踊る大捜査線番外編 湾岸署婦警物語(1998)TVスペシャル番外編
踊る大捜査線 BAYSIDE SHAKEDOWN 2(2003)国際戦略版
交渉人 真下正義(2005)スピンオフ
容疑者 室井慎次(2005)スピンオフ
逃亡者 木島丈一郎(2005)TVスペシャル番外編
弁護士 灰島秀樹(2006)TVスペシャル番外編
踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!(2010)劇場版第3作
踊る大捜査線 THE LAST TV サラリーマン刑事と最後の難事件(2012)TVスペシャル第3弾
踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望(2012)劇場版第4作
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]A踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ! (2003)
[002]Aオーロラの彼方へ (2000)
[003]Aホワイトアウト (2000)
[004]A交渉人 真下正義 (2005)
[005]ALIMIT OF LOVE 海猿 (2005)
[006]Aルパン三世 カリオストロの城 (1979)
[007]A初恋のきた道 (1999)
[008]Aアンタッチャブル (1987)
[009]Aスウィングガールズ (2004)
[010]Aスタンド・バイ・ミー (1986)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
27170 6.30
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ringoringo投稿日:2015-01-03 13:30:41
【ネタバレ注意】

緩さと軽さ加減が良い。

煙突の煙の色のシーンで、カラーボールが黒澤塗料の缶にあたるのは面白かった・・・)^o^(

投稿者:jb投稿日:2012-09-20 21:57:54
しっくりこず。
投稿者:ピースケ投稿日:2012-07-29 20:39:02
TVシリーズの拡大版ってことで、ファンとしては楽しめた。
投稿者:流氷一滴投稿日:2010-10-30 17:42:05
【ネタバレ注意】

「事件は会議室ではなく現場で起きている!」というキャッチフレーズが、この映画がヒットした最大の理由だろう。警察ほどではないにしろ、上層部が現場=最前線をあまりに知らない例は多い。日夜現場で汗水たらしている多くの人は、湾岸署の面々に共感を覚えたと思う。

難点は確かにある。
警察上層部の「無責任・無能ぶり」は、いくらなんでも「やりすぎ」。もっとも、これがなければ、キャリアの中では唯一まともな室井(柳葉敏郎)がいきてこない。
湾岸署の面々の描かれ方も、あまりにステレオタイプ。青島(織田裕二)、和久(いかりや長介)、恩田(深津絵里)はできすぎだろう。普段のバカさと捜査のうまさのギャップが大きすぎる。
猟奇殺人犯がはたして自首してくるかなあ。
「副社長誘拐犯」の犯人象を訪ねるところは、「羊たちの沈黙」のパクリか?
負傷した青島をはこぶ室井のシーンが長すぎる!

娯楽作品と割り切れば、合格点以上だろう。変な「どんでん返し」もないしね。

映画に「それ以上」を求める人は、「踊るシリーズ」は外した方がよい。

投稿者:bond投稿日:2010-05-31 09:08:47
TVシリーズは観なかったので本作品のみの感想だが、話はまあまあうまく3つのエピソードいれれる。人気の秘密は登場キャラの魅力でしょう。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2009-07-01 11:52:13
【ネタバレ注意】

ので、スポットCM(青島が死ぬかも)につられて劇場にまで行った作品。いざ観てみると事切れたと見せ掛けて、連日の徹夜作業で爆睡というギャグに四割ぐらいの人が爆笑してたなあ。そういう自分も生きててホッとした事が今思うとかなり恥ずかしい。これ以後一度もテレビ映画(映画制作のイニシアチブをテレビ局が握ってるやつ)は劇場で観て無い。

投稿者:Kircheis投稿日:2009-05-26 08:18:06
TVシリーズは好きで全部見ていたので、当然の如くこの映画も楽しめた。

織田裕二、柳葉敏郎、そしてチョーさん…いいじゃん!!
投稿者:hymitecs投稿日:2008-07-20 17:59:00
【ネタバレ注意】

織田裕二の物まねをする山本高弘が面白いので、実際はどうなんだろと思って借りてきて観た。ものまねの元と思ってみているせいなのか、各所に笑いどころ満載で楽しめる。筧と柳葉のシリアスコントもつぼにはまる。いっそのこと、殺人シーンや動機も「コナン」のように、ありえないものにしたほうが、より軽快かもしれない。
ただ、ラストのところは冗漫に過ぎる。

投稿者:NYY投稿日:2007-10-13 00:59:36
【ネタバレ注意】

9年前に劇場で見てつまんなかったんだけど、さっきTVで見た
らやっぱりつまんなかった。
当時、ハラハラすると聞いて期待して見に行って、イライラさせ
られた記憶がある。
内輪でしか通じない会話、お約束の「事件は現場で〜」云々、レ
クターや「天国と地獄」の引用(パクリ?)、バカガキ、バカ母
、ステレオタイプなバカキャリア・・・
もう、イライライライラ!
 
事件を散々盛り上げた後で、ただのガキ共でしたって・・・
見てる人をズル〜っとさせる展開はサスペンスとして致命的(こ
れサスペンスなのかな?)。
 
事件が解決した後にダラダラ引っ張りすぎだよ。
病院のワザとらしいセリフもいらんし、だいたい何で不自然に看
護婦さんに語ってんの?
ラストをとっとと終わらせてればもう少しマシになってたかも。

投稿者:Design投稿日:2006-03-23 13:21:36
【ネタバレ注意】

友人に誘われて映画館に行き見ましたが、どうコメントしていいのかわからない位つまらなかった。
ネット犯罪、凶悪犯、子供の犯罪等ちょっとずつ流行りものに乗っかってるあたりが、逆に寒い。

最後のイビキのシーンも、音がする前に鼻で笑ってしまう。
ミエミエの流れでさらに興ざめ。

全体的にこのムードが好きな人にはたまらんのでしょうが、特に興味のない人間からするとただの駄作。

投稿者:長春投稿日:2005-12-27 15:30:14
刺された人間を肩を貸して歩かせる。沢山刑事がいるんだから、2人以上で抱えて運ぶのが普通だろ。死にそうな人間を移送するのにサイレンを鳴らさない。そのくせ、警官が道路で敬礼。見てられなかった。ホワイト・アウトと同じ、精神論だけの作品。
投稿者:suisn投稿日:2004-12-13 01:39:04
個人的には大満足な本作。 公開当時に劇場に観に行き、久々の実写邦画で
満足しやした。

完成度うんぬんより、ファンとしてTVシリーズの続編を観れただけで感激です。

まぁ、話や構成事体も悪いとは思いませんが、評価がキビシイですなぁ?

☆は10コ。
投稿者:2000年が絶頂の男投稿日:2004-08-07 19:31:08
ヒットしたのはこの映画を観た人が何度もやるドラマの再放送を見出したってことだけで、当時TVドラマは視聴率全然なかったそうです。これ観ると2も義務感(と長さんへの哀悼)だけで観ちゃいますけど、話は普通。日本の刑事物の中じゃ優秀。
投稿者:D.投稿日:2004-08-02 12:17:42
大人気TVシリーズの映画化作品。「事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ!」の台詞は大流行しました。物語としてはTVシリーズの後の話になっており、シリーズファンは勿論のこと、話が単独で成り立っているのでTVシリーズに詳しくなくてもそれなりに楽しめます。面白んですよ。面白いんですが・・・シリーズ全体の一つとしてはOKですが、本作を一つの劇場公開作品として見た場合はちょっと物足りなく、「わざわざ映画化した何か」が欲しかったです。面白いことは面白いんですがこの内容なら歳末特番でも良かったのでは、と考えてしまいました。http://www.asahi-net.or.jp/~rn6d-hnd/
投稿者:フリクリ投稿日:2004-07-19 20:10:47
正確に言えば、
「わざとらしく、ウケ狙いで、格好つけすぎの日本映画」
ですね。
緊張感:0=面白さ:0、簡単な計算です。
日本映画もここまで崩壊の兆しが見えているとはな・・・
ヤバ・・・
投稿者:さち投稿日:2004-06-16 03:38:20
格好つけすぎの日本映画
投稿者:リザード夫婦投稿日:2004-01-15 02:23:27
ヒット間違いないから映画ですか。
ドラマの方が100倍いいですね。
楽しそうに演じてる、小泉今日子が気持ちいい。
初登場シーンの笑顔だけが忘れられない。
内容?もう忘れました(爆)。
投稿者:ポッパー見習い投稿日:2004-01-03 11:15:35
映画としては凡作だけど、最悪って程でもない。見た後、「あんまり面白くなかったな〜」
って感じ。
「事件は会議室で起こってるんじゃない、現場で起こってるんだ!」
な〜んか新鮮味の無いセリフ。あんまり心に響かない。

この映画が歴史的なヒットを飛ばした背景に、TVドラマの評判がある。
確かにドラマの方は凄いです。ほんとに完成度が高い。
個性的なキャラクターがそろい、なおかつメインプロットと
サブプロットが複雑に交差したシナリオは簡単に真似できるもんじゃない。
しかしこの作品は1時間尺、別に映像で見せるワケじゃないし、
TVのブラウン管内で見るのが最適なんだと思う。
この作品はフィルムよりもVTRの方が味が出る。
わざわざ金かけてフィルムで製作する事は無い。
投稿者:篭瀬山投稿日:2003-10-05 03:09:14
面白い。同時代(といっても5年前か。でもあまり古臭く感じないね)の日本映画にこれほど興奮を覚えたのは久し振り。いや初めてかも。さっそく2を観に行こう。

 凄いと思った点をいくつか。副総監の事件だからか公安も独自に捜査するのだが、他部署からの情報を受けない為、被疑者リストが重複してしまう。また、本庁での幹部会議の最中に、公安を統括する警備局長が密かに部下と携帯電話で話す。それを見た他局の幹部から「奥様からですか?」と嫌味を言われる。公安の行き過ぎた秘密主義と、それが警察内部でどう思われているかをさりげなく描いている。取材が綿密なのだろう。

 現場・青島刑事(織田)と官僚・室井参事官(柳葉)の性格分けも見事。今まで私が見てきた映画であれば、理想主義者と現実主義者として描き分けるところ。だが青島刑事は、柔軟な現実主義者でありながら、理想も失わず行動する。その代わり、本質的には何も考えていないチャラけたキャラクターとなっている。一方、理想と現実のギャップに直面し、その苦悩を一手に引き受けるのが、室井である。観ていていつの間にか、青島の理想主義的人格に身を借りて「室井、くじけるな、泣きごと言うな、頑張れ!」と室井を応援している自分がいた。ハリウッド映画からでは100年経っても出てこないキャラクターだと思う(言い過ぎかも)。

 2をまだやってるといいんだが。8
投稿者:ヒッチ先生投稿日:2003-08-28 21:05:09
「2」がつまらんかったから、「1」がどうなのか気になったので初めてビデオで観た。感想はTV特番としてならまあまあ。ただし映画館で観るほどのものではない(映画館でかかる限りもうちょっとやり方があるだろうに)。邦画のレベルが低いのはつまらんものがヒットするから、又同じ様な映画が作られる。改めて認識させられた。このまま行くと邦画の衰退が加速しますよ。もう少し日本映画界は危機感を持たんといかん!
投稿者:dadada投稿日:2003-04-05 07:19:50
テレビ視聴者向けの小ネタ、小泉今日子にレクターもどきを演じさせた安手の引用、ラストの病院でのクドイやり取り...陳腐に見えるあざとさ、そこそこグッと来るあざとさ...君塚良一の書く物語は他のテレビドラマでもそうですが、それらがない交ぜになっていて、面白いんだか、つまらないんだか...結局は、受け手を惹きつける力が、それなりにはあるんだろうけれど...何だか微妙...。
投稿者:yanco投稿日:2003-01-17 15:09:18
今の邦画界では大作の部類だなあ。いろいろなアイデアを投入しており、平板な抒情派タイプの新人監督物と比べれば、入魂の一作。そんなにアラ探しすることはない。むしろ、このぐらいのスケールの娯楽作を年10本作って〜、と邦画界を応援しよう。
投稿者:ぶんた投稿日:2002-06-21 17:11:31
テレビドラマの2時間スペシャルを
金払わせて劇場で観せるフ○テレビのちょっとした悪いジョークでしょ?
勿論観客もサクラだよね?
投稿者:黒いチュウリップ投稿日:2002-04-19 18:27:38
元ネタばらし結構やってますよ。
テレビでの「ポリシー」そのままの映画化が
「良かった」のと「物足りない所」両方かな。
投稿者:Longisland投稿日:2002-04-19 17:54:39
【ネタバレ注意】

厳しい意見が多いですが、個人的には楽しめた作品。 天国と地獄の引用(そのまんまだけど)はボールの説明が出てきた時から絶対にやるぞ〜と貯めといて、最後にほらやった(爆笑しました)、まあ天国と地獄だ!の台詞は蛇足でしたが。
他にも、羊たちの沈黙等過去の映画の引用が映画ファン心を擽ってますね。
ちなみに、ほぼ同時期 松竹で『ショムニ』が作られましたが比較して観るのも一興。

投稿者:ジョジョ投稿日:2002-04-19 17:23:52
後半、織田裕二が言う「天国と地獄だ」という台詞。
アレが黒澤明の名作「天国と地獄」からきてることを最近になって松本人志著の「シネマ坊主」を読んで初めて知りました。「天国と地獄」は結構好きなのですが・・・
でもこの映画を見た人の半数以上はそんなことしらんでしょう。緊迫したシーンに笑いを持っていこうとしたのでしょうけど、笑える人は少ないですよ。
松本人志じゃないですが、これは本当に許せん。
しかもこれ今見ると最後にギャグっぽく不祥事らしき事やってるし。
投稿者:eddie投稿日:2002-04-17 17:05:13
テレビドラマがヒットすると、決まって映画化の話が出るけど、今の日本の映画界の力量じゃ、テレビには逆立ちしても勝てないって。
投稿者:ダーク・ディグラー2投稿日:2002-01-18 21:59:48
この映画は一度観れば面白いかもしれないけど,2度観ればあまりの凡庸さに眠る事間違いなし。
何故かって?
演出・脚本とも強引過ぎるは辻褄はあんまり合ってないは構成下手だわもう映画としては及第点以下
まあ,邦画の歴代興行収益ベスト10に入る映画にロクなものはないけどね(笑)
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作品賞 
 □ 主演男優賞織田裕二 
 ■ 助演男優賞いかりや長介 
  柳葉敏郎 
 □ 助演女優賞深津絵里 
 □ 監督賞本広克行 
 □ 脚本賞君塚良一 
 □ 音楽賞松本晃彦 
 □ 撮影賞藤石修 
 □ 照明賞石丸隆一 
 ■ 録音賞芦原邦雄 
 □ 編集賞松尾浩 
 ■ 話題賞(俳優)織田裕二 
【サウンド】
『Love Somebody Cinema Version』(ED)
歌 :織田裕二
【レンタル】
 【DVD】踊る大捜査線 THE MOVIEレンタル有り
 【VIDEO】踊る大捜査線 THE MOVIEレンタル有り
 【VIDEO】踊る大捜査線 THE MOVIE <特別版>レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION