allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

テニス靴をはいたコンピューター(1969)

THE COMPUTER WORE TENNIS SHOES

メディア映画
上映時間90分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ブエナ)
初公開年月1970/12/29
ジャンルSF/コメディ

【解説】
 ある大学の学生が、ケチな学長に業を煮やし、自分でスポンサーを見つけてコンピュータを導入することになった。ところが、そのコンピュータがショートし、感電した学生に超天才的な計算能力が備わってしまう……。驚異的な力を持つ学生をめぐる騒動を描いたディズニー・コメディ。続編は「そら見えたぞ、見えないぞ!」
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
219 9.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:カール犬投稿日:2013-03-09 06:46:48
ディズニー映画の子役だったカート・ラッセル(髪型が変)

内容はコンピューターに感電して
頭脳がコンピューター並みになった主人公が
クイズ番組でどんどん勝っていく。という罪のないお話。

コンピューターといえば、なんだかよく分からないけど
なんでも出来る(らしい)バカでかいシロモノ。というザックリした時代。

映画に出てくるコンピューターも、
デカくてスイッチいっぱいでピカピカ光るというザックリとしたデザイン。

それでも感電後のカート・ラッセルの天才ぶりや、
シーザー・ロメロの手下たちとのドタバタ劇や、お間抜な友人たちと、
親子で楽しく観られるディズニー映画として上出来でした。
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION