allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

テラコッタ・ウォリア/秦俑(1989)

秦俑
古今大戦秦俑情
A TERRA-COTTA WARRIOR

メディア映画
上映時間110分
製作国中国/香港
公開情報劇場公開(東映クラシック)
初公開年月1991/06/01
ジャンルファンタジー/アドベンチャー/歴史劇
悠久のロマンに包まれたSFXスペクタクル・アドベンチャー!

【解説】
 秦の暴君・始皇帝の側近だった蒙将軍は、美女・冬児と禁断の恋に落ち、皇帝の怒りを買って王墓に生き埋めにされる。だが、最後に冬児から不老長寿の薬を呑まされていた蒙は、3000年の時を越え、1930年代に復活する。そこで出会った映画スターの卵は、冬児そっくりの美女だった……。前半は格調高い歴史純愛ロマン、中盤ではカルチャー・ギャップ・コメディの様相を見せ、ラストで王墓を狙う盗賊との争いから始まる一大スペクタクルへと変貌する。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
220 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ファルド投稿日:2016-09-10 10:36:10
秦の時代の蒙と冬児の炎の前での別れのシーンはなかなか印象的。3000年後、蒙が冬児そっくりの朱と出会った後は、コメディタッチに展開し、ところどころ笑えた。そして終盤、始皇帝の墓を巡る展開は、仕掛けとか、なかなかのスペクタクルでそれなりに面白かった。
投稿者:フゥ投稿日:2003-03-21 00:00:04
この映画って前半と後半でぜんぜん雰囲気が違ってびっくり。
コン・リーのアホ女ぶりはもしかして、こっちのほうが地なのか?
と思うくらいハマッてた。ラストで3度目の出会いを果たすところはロマンチックだったな。(変な着物着てたけど…。)
火の前で舞うシーンはゴッド・ギャンブラー2でパクられてて笑った。
投稿者:卯月投稿日:2002-11-03 15:04:09
ストーリーが、とっても気に入ってます。一度観だすと見入ってしまうほど忘れられない作品。中国時代劇みたいなSFXラブストーリー。愛は、モノスゴイ時も国境をも越えるのね、って作品。
 無性にもう一度みたい!!DVD出ていたら何度でも観れるのに。
投稿者:ヨッシー投稿日:2002-09-04 09:14:06
すごい感動した。こんな映画があったなんてはやく見ればよかったなぁ。
【レンタル】
 【VIDEO】テラコッタ・ウォリア/秦俑レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION