allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

天地創造(1966)

THE BIBLE...IN THE BEGINNING

メディア映画
上映時間175分
製作国アメリカ/イタリア
公開情報劇場公開(FOX)
初公開年月1966/10/08
リバイバル→FOX-76.5
ジャンルドラマ/歴史劇
今世紀最大のスケール と感動で描く 堂々3時間の 超スペクタクル巨篇!(リバイバル時)
天地創造 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,057
価格:¥ 885
USED価格:¥ 3,000
amazon.co.jpへ

【解説】
 旧約聖書のエピソードから、天地創造に始まり、ノアの箱船に至る物語を描いたスペクタクル巨編。禁断の木の実を口にしたアダムとイブは、知恵を得た代わりに楽園を追放される。そして地に悪徳がはびこった時、神は世界を水で洗い流すことを告げる……。聖書にそって、ノアの箱船、バベルの塔、ソドムとゴモラの滅亡などのエピソードが展開されていくが、J・ヒューストン監督作品としては大味な印象はまぬがれない(ラウレンティスが製作したから、という見方もあろうが)。音楽は日本から黛敏郎が招かれ、重厚な楽曲をつけている。
<allcinema>
評価
【吹き替え】

木曜洋画劇場(演出:山田悦司/調整:杉原日出弥/録音・制作:トランスグローバル)
※このデータは放送当時の情報です。
加藤和夫[俳優]ジョージ・C・スコットアブラハム
鳳八千代エヴァ・ガードナーサラ
仲村秀生フランコ・ネロアベル
塩見竜介ジョン・ヒューストンノア
京田尚子プペラ・マッジオノアの妻
宗形智子ゾーイ・サリスハガル
野沢雅子
野島昭生マイケル・パークスアダム
鈴木瑞穂
【関連作品】
創世記(1968)パロディ
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
424 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:北村もとい投稿日:2018-07-25 10:22:41
ジョン・ヒューストン監督は巨匠扱いの割に駄作、凡作もかなり多いが、本作もスペクタクル巨編としては凡作。
製作費はかかっているのに見せ方が悪いのか盛り上がりに欠ける。
バベルの塔のエピソードは一番盛り上がりそうなのにすぐ終わってしまう。
後半は地味なアブラハムとかのエピソードが永遠続き、スペクタクル作としては後半に見せ場が皆無という非常にバランスの悪い構成。
ジョン・ヒューストン監督の演出は風格はあるので、3時間ある割にはさほど苦痛なく最後まで見れるが、それだけ。
黛敏郎の東宝特撮チックなスコアだけは平坦な物語を大いに盛り上げる事に貢献している。
昔テレビで通常枠で放送された時は後半のエピソードが全てカットされていたが、実質見どころは前半だけなのでそれでも支障なかったか・・・。
投稿者:gapper投稿日:2012-01-24 22:40:03
 ジョン・ヒューストン監督による宗教史劇大作。

 そろそろ大作神話も崩壊し始めている頃で、宗教系では最後と言っていいように思う。
 制作費は、推定1,800万ドルで「アラビアのロレンス(1962)」の1,500万ドルよりも多い。

 話は、アダムとイブの失楽、ノアの箱舟、バベルの塔、ソドムとゴモラと続く。
 箱舟とバベルの塔が、この作品のイメージとして結構使われていたと記憶する。
 どちらもなかなか絵面としては、良い。

 話としても元々が旧約聖書の物だけにこれ以上は無理ではないかと思う。
 そういう意味では、まあまあ良かった。
 出演もしているジョン・ヒューストンのノアは、結構キャラクタも出ていていい感じだった。
 ジョージ・C・スコットのアブラハムが最も見ごたえはあるものの少し痛々しく、キリスト教徒ではない身では受け入れにくい。

 1960年代の作品らしく黛敏郎の音楽が、結構この作品を助けている。
 ムソルグスキーの禿山の一夜を思わせるものやストラビンスキーの春の祭典を思わせる部分は合ったが、日本人としては誇れる出来だろう。
 NHK FMの放送(西耕一氏)によると最初はストラヴィンスキーに依頼したが、断られたために黛敏郎が引き受けることになったそうだ。
http://gapper.web.fc2.com/
投稿者:uptail投稿日:2011-09-11 23:36:20
エヴァ・ガードナー
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2010-12-30 12:14:34
…って天地創造からアダムとイヴの物語〜カインとアベルの物語。そしてノアの箱舟〜バベルの塔
後半はアブラハムとサラの物語(ソドムとゴモラ及びイサクの燔祭を含む)が展開する。

経典なんで色々と人々が正しく平和に暮らす教訓も含まれているとは思うのだが、ラストのエピソード(アイサックを殺戮しようとする)など全く賛同出来ないですね。
正しい行動を教えて実行させるが主体なのか、自分という絶対強者に盲従させるのが目的なのか…
サラが自嘲する事が何で神を笑った事になるのやら…

神の使いが訪れるソドムの街で恥も外聞もなく繰り広げられる爛熟の饗宴。
僅か10人の正しき人もおらず…ここでも許せない事が起こりますね〜神の使いに手を出さなければ処女の我が娘2人を自由に弄んで良いなどという人間は正しい人間では有り得ない。
まぁソドムの破壊を見るなってのを見てしまうというのは、我慢すべき「欲」かも知れませんがね。
しかし我が子を幸せに生かしたいというのは、持ってはいけない「欲」とは言えないでしょう。
その為に誰かを陥れるのは持ってはいけない「欲」だとしても。

カンブリア紀も、三畳紀〜ジュラ紀も、白亜紀も無かった世界の物語。
キャストは豪華〜音楽は壮麗で画面も結構な迫力。但し、カインとアベル、バベルの塔、さらにソドムとゴモラ(アブラハム物語の一部)のエピソードが短い為、何かダイジェスト的な印象を持ってしまいますね。
投稿者:映画元気投稿日:2008-03-03 11:43:15
<元気コメント>
 人生の中で、人はどこからきたのかという疑問に答えを求める時があるかもしれません。 
  例えそれが特定の宗教から伝承されてきたものにせよ、人の尊厳を感じる時、人生の次のステップを踏み出す機会となるのではないでしょうか。http://eigadegenki.cocolog-nifty.com/
投稿者:マジャール投稿日:2007-03-31 18:06:22
中近東っぽい乾いた景色、人々の衣装、よくわからんスキンヘッドの部族・種族なんかが面白かったです。
娯楽スペクタクルのつもりで観るとハズすかもしれませんが、暗黒舞踏よろしくの前衛劇だと思って観ると、それなりに面白いんじゃないでしょうか。
それにしても、たった一組の男女の子孫が、これだけ増えて地上に溢れるなんて。昔の人のイマジネーションは大したもんですね。
投稿者:Ikeda投稿日:2006-01-06 13:52:51
最初の「天地創造」や「アダムとイブ」はさほどではありませんが、「ノアの箱舟」にはかなり費用がかかったと思いますが、色々な動物が出てきて、面白いです。ただこれにかなり時間を割いている割に、「バベルの塔」や「ソドムとゴモラ」の話などは簡略化されていて、良く解らない内に終わってしまいました。
最後の「アブラハム」の話になると、あまり面白くはありませんでしたが、この人はユダヤ教、キリスト教、イスラム教に共通する預言者なので興味がありました。コーランではアラブ人をイシュマエルの子孫とし、ユダヤ人はイサクの子孫であるとしているようです。キリスト教でも旧約聖書を正典と認めていて、同じ源でありながら、何故いまだにその争いが絶えないのか私には理解できませんが、逆にそれだからイスラエルに集中した対立が起きるのかなと思っています。
投稿者:ASH投稿日:2002-06-29 20:32:29
所々面白いエピソードもあるけれど、やっぱり上映時間が長いなぁ…。
アダムとイヴ、バベルの塔、ノアの箱舟のエピソードが面白かった。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作曲賞黛敏郎 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】天地創造2017/12/20\1,905amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】天地創造2011/04/22\2,381amazon.co.jpへ
 【DVD】FOX100周年記念 名作DVDパック 歴史スペクタクル <期間限定出荷>2015/11/16\3,046amazon.co.jpへ
 【DVD】天地創造2014/05/16\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】天地創造2010/08/04\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】天地創造2006/10/13\2,848amazon.co.jpへ
 【DVD】天地創造2005/04/08\3,980amazon.co.jpへ
 【DVD】天地創造2002/04/05\3,980amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】天地創造レンタル有り
 【DVD】天地創造レンタル有り
 【VIDEO】天地創造レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION