allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

東京上空三十秒(1944)

THIRTY SECONDS OVER TOKYO

メディア映画
上映時間138分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ブレイクストン=映配)
初公開年月1957/05/21
ジャンル戦争
第二次世界大戦コレクション2 自由への戦い (初回生産限定/6枚組) [DVD]
参考価格:¥ 8,424
価格:¥ 6,399
USED価格:¥ 7,359
amazon.co.jpへ

【ユーザー評価】
投票数合計平均点
321 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:TNO投稿日:2015-03-05 12:31:56
印象に残るのはフィリス・サクスターの笑顔。ただ、バン・ジョンソンとサクスターの関係が甘すぎて、ドラマ性を感じない。本作は、日本軍がアメリカ本土を攻撃した直後に国民感情を高揚させるために行った東京爆撃で、史実だ。1942年の話なので、かなりの危険を伴ったはずなので、そのあたりの緊迫感も描き切れていない。文字通り切って貼り付けたような富士山には、滑稽ささえ感じられてしまう。日本軍支配下の中国に不時着して生還するまでの描き方も淡泊だ。終戦前に「庭師の日本人はいい奴だった」なんて台詞が書けるところは、アメリカの余裕を感じさせるところ。
投稿者:gapper投稿日:2013-11-04 12:50:02
 1942年4月18日の”ドーリットル空襲”物語。

 1941年の12月日本軍は、カナダからメキシコの西岸に10隻程の潜水艦による散発的な攻撃を行った。
 これは、スティーヴン・スピルバーグの「1941 (1979)」で知られるものだ。

 この作品は、このような状況でアメリカ軍兵士を鼓舞し士気を高めるために計画された”ドーリットル空襲”作戦を映画化したものだ。
 ”作戦に参加したテッド・ローソン中尉(ヴァン・ジョンソン)と報道記者の手記を元に構成されている”そうです。

 当時の新型大型爆撃機のB−25を空母から発艦させると言う、かなり大胆な作戦が娯楽要素として組み込まれている。
 ただ、最初のドゥーリットルの発艦時に横風だったりと現実にはありそうにない所がいただけない。(通常向かい風になるよう艦を方向転換する)
 新型のB−25(旦那が夢中になると作品中でも出てくる)なのでピカピカの筈だが、使い古しの感じが強くこの辺も減点。

 ”ドーリットル空襲”後の話が長く、この作品は戦闘や戦争が必ずしもメインとは言えない事が分かる。
 実質的には、夫婦や家族の絆と言った部分がメインと言えるかもしれない。

 ただ、ラストは非常に感動的であってしかるべきだと思うのだが、余りにもステレオタイプの演出であまり盛り上がらなかった。
http://gapper.web.fc2.com/
投稿者:uptail投稿日:2011-07-03 09:17:11
ロバート・ウォーカー
投稿者:Ikeda投稿日:2007-08-27 10:55:28
ドーリットルの東京空襲は、日本の潜水艦がサンタバーバラの石油工場を爆撃した事に対抗して行われ、日本は更に水上偵察機によってオレゴン州を空襲したためのようです。いずれも軍事的な意味はなく、敵国の戦意低下を目的としたもので、両国とも内容はほとんど伏せていましたから、私も戦後に初めて知った事実です。
この映画は米国がすでに勝利を確信したと思われる時期に作られているため、それまでの自国の軍事秘密を隠さずに映画化しているので、B52や空母ホーメットなどに興味を持って見ました。この空母は4ヶ月後に日本海軍により撃沈されていますが、この発艦状況は実写フイルムを使っているようです。
一方、日本に近づくと、富士山は良いとしても、どう見ても日本や東京の感じは全くしませんが、アメリカ人が見れば、あまり関係ない事かも知れません。ローソン機が東京に近づくと、既に爆煙が立っていますが、これは、たまたま撮影所の近所でガソリンタンクの火事があったので、それを撮影したものだそうです。
主役のヴァン・ジョンソンがスリムな感じで好演ですが、スペンサー・トレイシイやロバート・ミッチャムなどは国策映画だから出演したという感じです。ヒロインのフィリス・サクスターにとっては映画でのデビューですが、目元がジューン・アリソンによく似ていて、私も好きな俳優でした。ただ、「本読み」さんが言われているように特に後半はメロドラマ的になっていて全体の印象に纏まりがない作品です。
投稿者:本読み投稿日:2006-01-09 03:36:30
には、ロケーションや実写フィルムシーンよりも度肝を抜かれます。特に発艦から、東京初空襲までは激しい戦闘シーンがなくても緊張感に溢れています。監督がマーヴィン・ルロイなので、主人公パイロットの夫婦の話はたぶんに甘いメロドラマです。はなしのパートとしては、こちらが裏の主題と言えるでしょう。アメリカの空軍ものは家庭を大事にするこのパターンが多く、海軍は恋愛もの、陸軍は女っ気抜きというのが定番のようです。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 撮影賞(白黒)ハロルド・ロッソン 
  ロバート・サーティース 
 ■ 特殊効果賞Donald Jahraus撮影
  Warren Newcombe撮影
  Douglas Shearer音響
  A.Arnold Gillespie撮影
【レンタル】
 【DVD】東京上空三十秒 特別版レンタル有り
 【VIDEO】東京上空三十秒レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION