allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

透明人間(1992)

MEMOIRS OF AN INVISIBLE MAN

メディア映画
上映時間99分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(WB)
初公開年月1992/07/04
ジャンルSF/コメディ
愛に不便な逃亡者
透明人間 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 900
USED価格:¥ 1,330
amazon.co.jpへ

【解説】
 J・カーペンター監督によるSFコメディ。ハイテク機械の爆発に巻き込まれた為、透明人間になってしまった男が巻き込まれる騒動を、コメディ俳優のチェヴィー・チェイスがコミカルに演じる。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
541 8.20
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:こじか投稿日:2012-11-17 03:16:29
【ネタバレ注意】

全編からニタニタと溢れ出るユーモアはなんなんだろう。そしてあの全編ドヤ顔はなんなのだろう。わたしにとって「物体X」に並ぶカーペンター大傑作。吹き替えもテンポ超良好。

投稿者:なちら投稿日:2011-08-22 21:25:57
【ネタバレ注意】

自分はまぁ…、一度見たらもう見なくてもいいかな。

謎の事故によって、ビルが透明化した部分とそうでない部分に分かれているのは迫力があったよ。
お話の内容よりも“特殊効果のこんな技術ありまっせ!感”が、スゴク感じられたのが面白かった。

しかし、逃亡が重点とはいえ元に戻る努力を大してせずに終わるとは驚いたね。
透明人間を受け入れて生きるのはイヤだなぁ…。

投稿者:has42120投稿日:2010-08-04 00:37:51
ジョン・カーペンター  チェヴィー・チェイス
投稿者:uptail投稿日:2010-03-12 21:06:17
ダリル・ハンナ
投稿者:キネマ投稿日:2009-04-14 21:27:26
【ネタバレ注意】

評価が高かったので観たけど、なんでこれが?

極秘研究(?)の部屋にドアは無いし、キーボードにコーヒーをこぼしたくらいで火を噴くシステムって。
極めつけは透明になった理由が『分子がどうにかなった』って...。
突っ込みの好きな人には打って付けの映画化もしれません。
リアリティのない中途半端な設定と全然笑えない演技に脱帽。
途中でやめましたが、全部観るには忍耐が必要です。

あとダリル・ハンナって美人の部類なの?田舎くさいおばさんにしか見えないんだけど。

あ〜、しまった。評価1付けちゃった。自信を持って0点!観るんじゃかったー。30分損したーー

投稿者:irony投稿日:2009-02-26 23:23:22
【ネタバレ注意】

図書館で借りて観ました 結局透明のままなのね・・ 透明になったら着の身着のまま 一生一張羅ですか、これはなかなか辛いね 夜の営みは盛り上がるかもなぁ(完璧なブラインドプレイでね)

投稿者:フェニックス投稿日:2006-09-01 06:54:14
リメイク版だあけあって特撮レベルはやっぱり上がってる。食べた後の胃袋の描写は気持ち悪いけど、消化されると消えるという発想は納得。あと着ていた服も消えて、本人でも見えない設定とか。透明人間って一時的なら悪用できて便利かもしれないが、やっぱり一生はイヤですね。
このころのダリル・ハンナって清楚な美人。「キル・ビル」とは全然違う(笑)
投稿者:ブルマ大帝投稿日:2004-09-19 09:27:02
好きかどうかで分かれるが、それぬきでも、かなり面白い!チェビー・チェイスの《シュールな魅力》と、《政府から逃げる偶然透明人間化してしまった男の必死さ》を表現するジョン・カーペンター節とのミスマッチが逆にもっと緊迫感を、面白さを盛り上げている。特に、チェビーのSNLでの持ち芸だった、「ズッコケ」や「ぶきっちょ」などもさりげな〜く、(話を壊さない程度にパワーダウンさせてだが)やってくれてるのも嬉しい。そしてヒロインのダリル・ハンナ、『スプラッシュ』の時のような、カワイイ&色っぽい魅力をこれでも存分に発揮してくれている。さらに悪役があのサム・ニール!正直、スゴんでもあんまし怖くない!けど、《政府の》エゴの強い捜査官ぶりにはとても合ってる感じ。マイケル・マッキーンも主人公の友達役でイイ味だしてる。軽いユーモアを結構入れてるのに、最後まで結構スリリングに楽しめる、ちょっと変わってるけど、とても本格派なサスペンス。ストーリーも、とても細部まで練りこまれてるので、《透明人間モノ》としても、かなり面白い、B級傑作といってもいい映画。『インビジブル』もベーコンだけに好きだが、どうも映像技術、バイオレンスにたよりすぎ(バーホーベン節は大好きですが!)な感じもする。純粋に“透明人間モノ”としてなら、やはり断然、コチラの方が面白い!!
投稿者:ご飯投稿日:2004-02-12 11:55:43
コメディとしては、カーペンター監督は「ゴーストハンターズ」もあるんだが・・・。どうも彼の資質に合わないですね。SFという要素は彼の範囲でもあるんだけど・・・。ジョン・ランディスが適任でしょう。
投稿者:quadrant投稿日:2003-01-12 12:35:28
・・こんな感じの役がホントよく似合います。
バリバリCGでもシリアスでさえもないインビジブル物は、特徴のないラブコメになってしまいました。
4点です。時間のある方はどうぞ。
投稿者:GRIFFIN投稿日:2002-12-31 16:39:33
 うわぁ、つまんねぇ。「ゴーストハンターズ」が最低かと思ったら、それ以上!たまにはしゃぁないかも。自分で音楽やってないからか、それともコメディだからか?見所はどこ・・・
投稿者:ASH投稿日:2002-02-02 23:33:13
【ネタバレ注意】

 カーペンター監督らしくない珍品だね。ホラー映画的なものを期待したら、やっぱりチェビー・チェイスの主演作でしたとさ。かなりドタバタした笑いありのSFコメディなんだけど、だからといって嫌いな映画じゃないんよ。

 確かに、山場に欠ける展開だし、透明になったニックの苦悩というものが殆ど描かれていない(まあ、チェビーだし)。そう、この映画にカーペンターらしさを求めるとかなり失望するわね。とどのつまり、チェビー・チェイスありきの企画なんだよ。所々にギャグがあるのはそういうところから来ているのだろう。お相手役のダリル・ハンナも相変わらず可愛いから、まあいいか。

 透明人間もののお約束である包帯グルグル巻きをほどくシーンもちゃんとあって、昔の映画のオマージュなんだろうな。特殊効果はさすがILMだけあって、見事に透明人間を実体化(見えないのに?)している。ニックに拳銃を突きつけられ羽交い絞めにされて歩くサム・ニールの一人芝居は妙に可笑しい!エロ・グロ度が強く、人間の欲望に忠実なヴァーホーヴェン監督の「インビジブル」よりはこっちの方が好きよん。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】透明人間2012/05/11\2,381amazon.co.jpへ
 【DVD】透明人間2012/05/11\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】透明人間 <期間限定生産>2007/03/09\657amazon.co.jpへ
 【DVD】透明人間 <期間限定生産>2006/07/14\657amazon.co.jpへ
 【DVD】透明人間 <期間限定生産>2005/03/25\1,500amazon.co.jpへ
 【DVD】透明人間2004/02/06\2,980amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】透明人間レンタル有り
 【VIDEO】透明人間レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION