allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

トゥルー・ロマンス(1993)

TRUE ROMANCE

メディア映画
上映時間121分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(松竹富士)
初公開年月1994/01/22
リバイバル→-2014.12.13(ディレクターズカット版)
ジャンルロマンス/犯罪
トゥルー・ロマンス ディレクターズカット版 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 1,217
USED価格:¥ 1,434
amazon.co.jpへ

 Photos
トゥルー・ロマンス

【解説】
 クエンティン・タランティーノ脚本によるアクション・バイオレンス。極限状態の中で生きる若い二人が織り成す愛と逃避行をシャープに描く。ビデオショップに働く青年クラレンスは、ある日の誕生日、店長の差し向けたコールガール、アラバマと出会う。互いに一目で恋に落ちた二人はさっそく結婚。彼女の元ヒモの所に出向いたクラレンスだが、そこでヒモの男に殺されかけ、逆に男を殺害。しかも彼女の衣装ケースと思って奪ってきたカバンには大量のコカインが……。ストレートな表現により、目まぐるしく展開するストーリーに、息つく間もない極上のスピード感。アークエット演じるキレたヒロイン。ギリギリで生きる若者を演じたスレイター。ホッパー、キルマー、ピット、ウォーケンなど、主役級の個性派達の繰り広げる攻防。全編がパワーに溢れ、見どころは満載である。
<allcinema>
評価
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aレザボア・ドッグス (1991)
[002]Aパルプ・フィクション (1994)
[003]Aグッドフェローズ (1990)
[004]Aセント・オブ・ウーマン/夢の香り (1992)
[005]Aタクシードライバー (1976)
[006]Aテルマ&ルイーズ (1991)
[007]A告発 (1995)
[008]Aスピード (1994)
[009]Aあの頃ペニー・レインと (2000)
[010]Aミッション:インポッシブル (1996)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
35285 8.14
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-08-27 22:28:14
タランティーノが監督してれば、もっと違う作品になったと思うのは自分だけでしょうか?
投稿者:ノブ投稿日:2014-12-19 09:30:44
【ネタバレ注意】

「トゥルー・ロマンス」(脚本:クエンティン・タランティーノ。監督:トニー・スコット 121分)
話の内容は娼婦と客の恋の逃避行。
エルヴィスのダベリがオモロかった。
サニー千葉のカンフー映画3本立てに誘って女にフラれるのがコミカルだった。
デトロイトの浮浪者達の焚き火のショットが良かった。
ポップコーンを映画館で男にぶちまける女というボーイ・ミーツ・ガールが良かった。
セックスを終えた後、ベッドで手をつないで座っている男と女の二人の背後からのショットが良かった。
娼婦と客の恋というのが良かった。
婚姻届を出した区役所前でのディープキスが良かった(マジメな場所でエロい事するというのがボク的に好き)。
お互いに相手の名前の刺青を彫るバカ夫婦が良かった。
エルヴィスの亡霊にトイレで唆されて、ポン引きを殺しに行く男というのが良かった。
ポン引きを殺した後、男が女にポン引きを殺した事を言ったら、女が「最高」と言って男を押し倒す演出がとっても良かった。
貨物列車が傍を通る主人公の男の父の家のロケーションが良かった。
父に結婚を報告すると同時に、元警官の父から捜査状況を聞き出すという演出が理に適っていた。
ギャングの相談役が父親の話をきちんと聞き、父と談笑する所は無茶苦茶緊迫感があった。シシリー人にはニガーの血が流れているという父親の悪口もセンスが良かった。父が命を懸けて息子達の行き先を言わなかったのに、冷蔵庫に行き先の紙が貼ってあるという、「父の死が無駄死に」みたない効果もコミカルだった。
イタリア人のギャングがイタリア語しか喋れないし分からないという異文化言語ギャップもさり気なく入れているのがお洒落だった。
友達に電話しながら欲情してしまい、電話ボックスで服を着たままファックしていると、でっかいトラックが通り過ぎるというのが良かった
主人公の男が売れないイケメン俳優とヤクの取引の話し合いをするのに、ジェットコースターを選ぶのがコミカルだった。
男と大物プロデューサーの、コカインを「ドクトル・ジバゴ」に例えた電話での会話のやり取りが面白かった。
女が血まみれになりながらも、モーテルで待っていたギャングを女ひとりでブチ殺すのが、最高に面白かった。
男が女の顔のケガを手当する飛行場で、後ろで飛行機が離着陸しているのが良かった。
売れないイケメン俳優と刑事達との取調室でのやり取り(囚人達に「カマ掘られろ」みたいな話)が良かった
テレビ見て、ヤクでラリっていつもボーッとしているブラピは「知らぬが仏」でトラブルに巻き込まれないという演出が理に適っていて、とってもコミカルだった。
大物プロデューサーとの取引場所の高級ホテルの一室で、戦争映画の映像がスクリーンに映し出されているのが良かった。
プロデューサーの護衛、踏み込んできた警察、その修羅場に踏み込んできたギャング、という三つ巴がとってもコミカルだった。
男がトイレで再びエルヴィスの亡霊に背後から語りかけられるのも最高にクールだった。
売れないイケメン俳優と大物プロデューサーの罵り合いをきっかけに、激しい銃撃戦が繰り広げられる演出が理に適っていた。
最後撃たれた片目の傷をサングラスで隠して、修羅場のホテルから金の入ったケースを持って逃げ出すのがとってもクールだった。
最後夕日の浜辺で父と小さい息子が戯れ、母がそれを見守っているという終わり方もとても良く、観た後味も最高だった(息子にエルヴィスと名付けるオチもとっても洒落ていてコミカルだった)。
全般的に
ストーリーが全て理に適っている。主人公の男と女のヤク強奪・ヤク捌きが無茶苦茶現実的で具体的だし、仕事の出来る冷酷なギャング達、マジメな元警官のお父さん、大物プロデューサー、どれもとても具体的でとても魅力的に描かれている。娼婦と客が恋に落ちる設定も最後の大物プロデューサー、警察、ギャングの三つ巴のドサクサで主人公二人が修羅場のホテルを逃げ出す演出も最高に面白かった。
キャストも、主人公二人の粋がっていて安っぽい感じも良かったし、冷酷なギャングの相談役とマジメな父親もいいし、女をモーテルで襲ったギャングの一見温和そうな感じもいいし、ヤクとテレビでラリって平和なブラピも良かったし、チョット大柄で小太り、頭はパーマの刑事も良かった。
学生時代に映画館で観た時もとても面白くて物凄い印象に残っていたが、20年後の今観ても十二分(充分の上)に楽しめた、タランティーノの脚本がキラリと光る「シャイニング・ライク・ア・ニューダイム」のような安っぽいラブロマンス映画の大傑作。http://mamaduke.at.webry.info/

投稿者:ピースケ投稿日:2013-10-29 00:49:28
クリスチャン・スレーター・・・この頃は売れてたね。 どこ行った?
投稿者:110th投稿日:2013-02-14 01:59:27
タランティーノらしい脚本
投稿者:ケラヒロミ。投稿日:2011-06-12 16:18:49
タランティーノっぽい映画だなーって思ったら
脚本そーだったのね
ぼっこぼこにされても口を割らない、かっこいー!!
あれだけ強く愛し合ってみたい
投稿者:Kircheis投稿日:2011-06-01 03:53:09
タランティーノ脚本という視点で言えば、ナチュラル・ボーン・キラーズと通じる部分が大きい。

主人公がホンキでやばいか、やばいと勘違いしてるだけかの違い。

好感度ではだんぜんこっちかな!

今ではミディアムのヒットで売れっ子のパトリシア・アークエットが若くてまだスタイルが良かった頃のベッドシーンは必見。

こんな彼女だったら一晩で恋に落ちるわな…『エリザベスタウン』のキルステン・ダンスト並に男にとって都合のいい女です。

お気に入りはデニス・ホッパー。イージーライダーのヒッピーが成長してこんな親父になってたら…と想像すると楽しい。
投稿者:has42120投稿日:2010-08-04 00:11:54
クリスチャン・スレイター
投稿者:nightwing投稿日:2010-07-29 11:32:34
一言で言えば、幼稚で直情的な男と女が、周りを引っ掻き回して
人々が無残に死ぬだけの映画。
豪華キャストに目が行ってしまうのは、主人公がイマイチだからかなぁ。
もうウォーケンとホッパーのシーンだけで十分だ。

でも一気に見せてしまう脚本の面白さは、今観てもさすが・・・と思う。
映画に関するセリフなどが多いってのも映画キ○○イが嬉々として
創り上げたって感じがしてとても良い。



投稿者:こじか投稿日:2010-05-26 02:34:59
程よい娯楽性とタラ成分で、
一般平均点の高い1本です。
投稿者:なちら投稿日:2009-08-21 23:11:28
二人が出会って、寒空の屋上で告白し合うシーンは凄く素敵だね。
案外純真なパトリシアと、オタクでちょっとコンプレックスを抱えてるC・スレイターが好きだ。

ただ、その後の二人のオラオラ振りは物凄く程度が低いので、あんま面白くない。
ヤクを入手する以前の、どこか惨めさを抱えてるあの感じが良かったのになぁ…。

まぁ豪華な役者陣とサミュエルさんのお下劣トークを楽しんだからイイよ。
あと、三つ巴の戦いには笑っちゃったな。ああいうのって、なんかタラちゃんぽい。
投稿者:クリモフ投稿日:2008-09-04 00:23:40
タランティーノの脚本をハリウッド野郎トニー・スコットが監督。といっても悪い意味じゃなく、なかなかおもしろいラブストーリーになってましたね。撮り方は正攻法で時間も飛ばないし、音楽も普通で銃撃戦のシーンも芸がないけど豪華な俳優陣はやはり見ていて楽しい。スレイターもこの頃はかっこいいしね。ホッパー、ウォーケン、なんとブラピまで!パルプの前だしタラではこうはいかないな。それと、なんといってもピーチ味のキス女、パトリシア・アークエット!
彼女に免じてラストの甘さは許す。
投稿者:tomy投稿日:2008-08-31 16:47:05
トイレのエルビスさん、あんたの頭像って、殺し屋には からっきし効果ないじゃん
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-05-24 16:01:58
クリスチャン・スレイターのファンなので見た作品です。いやぁ〜本作を見て改めてクリスチャンにメロメロになりましたね。
もうクリスチャンとパトリシア・アークエットが演じたカップルの“トゥルー・ロマンス”には感動させられました。
特に好きなシーンは電話ボックスの中でのクリスチャンとパトリシアのラヴシーンとパトリシアがジェームズ・ガンドルフィーニを相手にボコボコにされながらも口を割らずに対決するシーン、そしてジャット・コースターのシーンです。それにラストのアクション・バイオレンス・シーンなんかは、もう目が離せません!
他にもクリストファー・ウォーケンやデニス・ホッパー、ゲイリー・オールドマンなどの個性派俳優達の演技も絶品!
とにかくパトリシアとクリスチャンが演じた恋人達は私の憧れの存在で、あんな風に愛したいし、愛されたいと思いました。クリスチャンの映画の中でも『忘れられない人』と同じくらい好きです。
パトリシアも本作が一番か輝いているように感じます。私はもう何十回も見ていますが、まったく飽きません!
見ればきっと癖になるラヴ・アクション・バイオレンスの傑作です!
投稿者:はるか投稿日:2007-04-22 22:22:28
個人的にはタランティーノのベスト・ジョブ
投稿者:ミッチェル五郎投稿日:2007-03-22 18:51:55
憧れる…
投稿者:J.J.投稿日:2006-10-30 12:47:47
これ最初に観たのはたぶんもう10年以上前だと思うけど、今でも強烈に頭に焼きついてます。なんていうのか、ほんとタイトルそのままなんだけどこれこそ愛って感じで。まあ普通に考えたらあんな暴力的で、危険なことが自分の日常に起きることはありえないけど、でもあの2人の関係っていうのはやっぱり強いし美しい。どんな状況におかれても、お互いがお互いを思うあの姿勢は美しいというしかなくて。この映画はある意味、過剰なくらいに暴力的なんだけど、この上なく美しいものをみせてくれます。暴力という愛とは全く対極にあるものを描くことで、逆に愛の美しさを際立たせてますね。今でも自分の中では最高のラブストーリーです。

投稿者:たにし投稿日:2006-08-01 22:16:20
トュルーロマンスなんて、まるでA系御用達の秋葉アイドルゲームみたいではないですか!
でもすごいね。内容は暴力と男女の普遍的な愛をかくという。

キャストが個性的に豪華で、作品が際立ついい例です。

■ウォーケンとホッパーの対立は今みても迫力がある。
投稿者:ぺん投稿日:2006-06-01 08:00:09
電車男を観てみて、ちと(かなり)不満を感じたんで、久しぶりに観なおして
みました。
やっぱ、「ヲタク映画」はこうじゃなきゃね。ヲタクがヲタクのために
作った映画って感じだなぁ。多数の他映画をパクッたシーンも、寧ろ
間違い探ししてるようで楽しい。映画ヲタクはとても楽しめる感じ。
投稿者:MyLoad投稿日:2006-02-03 20:27:18
前半はあらすじを見てるよう。テンポが良いとゆうより、素人っぽい作り。父親の意味もほぼ無い。アラバマは洋画にしては歯が気になる。
投稿者:メカゴジラ投稿日:2006-02-01 10:43:54
【ネタバレ注意】

 
馬鹿男と馬鹿女が馬鹿丸出しで一攫千金を狙う映画。
なんでこんな映画がこんなに好きなのか自分でもわかりません。
たぶん、主人公二人がまっすぐで正直な、愛すべき馬鹿だからなのでしょう。
人を食ったようなベタな超ハッピーエンディングも最高です。
愛すべき馬鹿たちが壮絶な銃撃戦をまんまと生き残り、ハッピーになっちゃいやがるのです。タランティーノのオリジナル脚本では、クラレンスは銃撃戦で命を落としてしまうのですが、このエンディングの改変は大正解だったと思います。

男女二人の逃避行という筋立てですが、個人的にはそれほどマリックの「地獄の逃避行」に似ているとは感じません。ただ音楽に同じ旋律が使われていたりして、まあオマージュを捧げた、ということなんでしょうね。

個人的にお気に入りのM.ラパポートが出ているのも嬉しい限り。
あのオーディションシーンの物凄いアホっぽさは何回見ても笑えます。

投稿者:ひつじめえめえ投稿日:2006-01-31 19:45:20
てかさ、これってテレンス・マリック監督の「地獄の逃避行」へのオマージュっていうか、パクリでしょ? 音楽もほとんど同じじゃん。

まあ、古い映画もちゃんと見ろよなってことですね(苦笑)

投稿者:さち投稿日:2005-12-06 04:10:48
よかった
投稿者:シャンペン投稿日:2005-08-17 21:22:31
劇中にクラレンスとアラバマが一緒に「男達の挽歌2」を見ていますが、
あきらかにファミリーの殺し屋たちのモデルがここから来ています。
銃をバックにつめるシーンなどそのまんまです。最後の銃撃シーンが気にいった方は「男達の挽歌2」をオススメします。
投稿者:anemoneruby投稿日:2005-08-14 18:29:17
【ネタバレ注意】

こういう暴力シーンが多い映画を好きだと思うのは私にはとても珍しい。思わず目をそらしてしまうところも多々あるし。でもタランティーノの脚本の映画でいちばん好き、と言うか、このクラレンスとアラバマのカップルは私の理想でもある。一目で情熱的な恋に落ち、自分が犠牲になっても相手を守るというのはとてもステキだし、これ以上ないくらいロマンチック。

映画としても展開はスピーディーだし、どうなるか分からないと最後まで保たれた緊張感がすごくいい。

でも改めてよく観ると、かっこいいのはアラバマの方ばかりだった。クラレンスもがんばってるけど、アラバマが大変なことになっている時には買い物に行って知らない人とエルビス談義してるしね。女の人だって大切なものがかかれば何でもやるんだなと実感します。アークエットの切れてる演技が最高。http://www.geocities.jp/anemoneruby/

投稿者:SoH投稿日:2005-07-30 19:20:27
改めて拝見すると、ホントに曲者役者ばっか集めたね、こりゃ(今回観直してみて、クリス・ペンやトム・サイズモアが出てたことを知る!)。

アメリカンニューシネマ時代に作られた無軌道なロードムービー、特に音楽やヒロインのナレーションなんかは「地獄の逃避行」を意識してるかな。いわゆるサブカルチャーオタクで、妄想(エルビス)が見えちゃう主人公と、そんなバカに付き合ってくれる心の広い女性パトリシア・アークエット。はっきりいって、久々に観たらパトリシア・アークエットのキャラが「オタクが思い描く理想の女性」って感じがして、序盤なんて恥ずかしくなっちゃった。

ただ、この作品が単なる「オタクの願望映画」で終わってない理由が、その主人公たちの若さによる強烈な純愛とバイオレンスにあると思う。この要素も強いから、けっこうウケいいんだろうね。それでいて「地獄の逃避行」の名曲(もしかして違う曲?)の素朴さとその使い方、ちょっと泣けるクリスチャン・スレーターとデニス・ホッパーの関係とか、単なるバイオレンス映画とは一線を画した部分があるのも成功の要因かも。

タランティーノらしいセリフ回しや、クリストファー・ウォーケンら濃いキャラクターたち、トニー・スコットのムードと迫力ある職人的演出も見所。特にパトリシア・アークエットの拷問シーンは圧巻。しっかし、主人公にほとんど見せ場がない作品だよなあ。それがなんだか引っ掛かるぞ。まあ、脇役が目立ちすぎというのもあるけどさ(笑)。ここのブラッド・ピットなんて、出てる意味ほとんどないんだけど、なんかいい味出してるわ。

今回は吹き替えで拝見。まあ、普通に良かったっす。
投稿者:kopi投稿日:2005-06-14 23:46:21
デニス・ホッパーの親父役が最高(登場時間は短いけど)。
エルビスのくだらない話をしていたという事実にすごく反省しながら運転をしているクリスチャンが共感できる。
投稿者:william投稿日:2005-06-06 04:46:37
いいなあ、この自分勝手なカップル。後の「ナチュラル・ボーン・キラーズ」にも通ずる点があるね。スレーターに関してはこの作品が彼の絶頂期だったんじゃないかな。このキレッぷりは最高!
でもタラの脚本を手がけるには、トニー・スコットじゃちょっと物足りなかったかな?勿論かなり質の高い作品です。
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-06 10:13:08
ホッパー対ウォーケンのシーンは必見。
投稿者:トコ投稿日:2005-03-24 16:52:13
青春時代の最高映画。
今見てもすごいキャストにドキドキです。
投稿者:jyunn投稿日:2005-01-21 00:52:11
【ネタバレ注意】

パトリシア・アークウェットが美しかったような気がします。

投稿者:w-zu投稿日:2004-09-04 05:59:36
この映画は最高!Christianが最高!!
暇あれば見ている気がする♪
でも全然飽きませんね(≧∇≦)/
投稿者:民生1973投稿日:2004-07-11 01:59:02
「めちゃ面白い!」と歓喜の雄叫びをあげ、ポスターまで買ってしまった記憶がある。
タランティーノの才気のベクトルが良い方向へ向いていた頃の作品。懐かしい。
投稿者:MASA投稿日:2004-03-06 13:53:26
 クリスチャン・スレーターが好きで見たんだけど、2時間飽きずに見られ
ました。タランティーノ脚本のバイオレンス臭さがたまに気になったけど、
なかなか面白かった。でもクレランスの行動は突然なとこが多くていまいち
理解できなかったなー。
 エンドロールのクレジットで、「そういえばヴァル・キルマーは?」って
ふと思い出したんだけど、あれじゃ誰も分かんないのでは?!
投稿者:やっくん投稿日:2004-02-28 03:04:26
【ネタバレ注意】

 10年前の大学生の頃に見たら、若さが弾けていて、ストレートに楽しめた
かも知れない。でも、今見ると、漫画みたいで最後のオチも詰めが甘いし、
ストーリーの組み立てが雑だな、と思う。
 ストレスや感情を発散させるのには、たまにはこんな映画を見るのもいいかな、とは思うが、名作か?と言われると、うーん・・・。

投稿者:Johnny投稿日:2004-02-11 00:16:37
トニー&タランティーノコンビで、これだけ豪華な俳優が揃えば
面白くない訳がない!オープニングのソニー・千葉の三本立て…
(ちらっと観れる!)で、
すでにヤラレて終わりまでヤラレっぱなしの作品です!
『ナチュラル〜』と違って脚本に忠実に作られてるのが
セリフから伝わってきて、そこにトニーの映像が
プラスされトニー風タランティーノ映画なんだと思う。

冒頭に流れる打楽器を使ったどこか寂しげでほんのり温かみのある
テーマ曲やエルビスなどの選曲も最高!俳優達のすべての絡み
すべてのシーンが最高で目が離せません!銃撃戦での羽毛が
舞い散るシーンなどは、まさにロマンティック!
そこで流れる曲も良い!個人的には、
ラストはバッドでもハッピーでもどちらでも気になりません。

これだけ贅沢なカラミとカッコイイ映像は、
トニーとタランティーノが組んだ
おかげで片方だけじゃ作れなかったと思います。
主演のクリスチャンとパトリシアも
この作品が1番カッコイイです。すごくクールな映画でした!
“100%尽くす女よ”なんて言われたら命懸けで
守りたくなるのかもね。初めて観た時はそれほどでもなかったけど
本当に観るたびに好きになっていく大好きな映画です。
投稿者:Carol Sakeski投稿日:2004-02-04 11:18:40
キャスティングだけでも豪華絢爛。
デニス・ホッパーとクリストファー・
ウォーケンの、ベテランならではの
行き詰まる言い合いは見事!
このシーンだけでも見る価値があるよ。
パトリシアがこの映画が一番キュートで
かわいいでしょうね。http://www010.upp.so-net.ne.jp/Carol_s/
投稿者:でし坊!投稿日:2003-12-16 19:59:11
やっぱり男はエルビス好きである。故に面白い。
投稿者:ポッパー見習い投稿日:2003-07-30 11:29:07
社会を風刺した映画が得意だと思ってたけど、
こんな恋愛もの(バイオレンスもあり)も撮れるんですね。
脚本はタランティーノ。上手いです。全く飽きさせない。

この作品の主役二人のカップルを「身勝手」と呼ぶ声もありますが、
恋愛なんてそんなもんでしょう。まわりが全く見えなくなって、
自分と相手の事だけ考えるものです。
シナリオ講師の先生も、「とんでもなくバカな映画」と言って批判してましたが、
あえてバカップルの姿を、暴力描写も交えてストレートに描いてみせた
この作品はやはり名作だと思います。

ヴァル・キルマー何処に出てたんだと思ったら、意外な所に。
やられましたね;
投稿者:inspace投稿日:2003-06-21 16:42:52
【ネタバレ注意】

これだけの豪華キャストなんだけど、何といっても名脇役マイケル・ラパポート!!!主役2人+彼だけ生き残るところが、ちょっと嬉しかったな〜。もいっちょ、ジェームズ・ガンドルフィーニも地味に出てます。表面化のB級豪華俳優陣が最高です。

映画そのものとしては…愛はオトコを強くするってやつなのかな?この映画好きな人周りに多いんだけど、私は、「こんなに迷惑かけてまで生き抜く価値があるのか?」って感じでした。だってあぶく銭じゃん…。パトリシア・アークエットは可愛い。

投稿者:まくた投稿日:2003-06-20 02:12:50
これはテレビ向きの映画だと思う。
出ている人物は豪華で使い方は面白いと思うけど、内容がイマイチ↓
あの身勝手な二人の世界をぶち壊してやりたくなる。
投稿者:アックス投稿日:2003-05-10 18:51:14
良くも悪くもタランティーノ色強し。まだ観れるのはスコット監督兄弟の遺伝子だからであろう。しかしあの暴力描写は不快の一言。フェミニストを気取るつもりはないが、観ていてつらすぎる。スピード感溢れ飽きさせないが、好きではない。
投稿者:トレマー図投稿日:2003-04-02 04:59:35
特に印象に残らず。
投稿者:John投稿日:2002-11-16 23:53:40
【ネタバレ注意】

よかった、ハッピーエンドで。あれで、死んじゃったら切なすぎるよ。
常にある緊張感とテンションも良し。それと、タランティーノ的な要素が強いかな。
でも、みんな早く死にすぎ!?まぁ、きっとそれがいいんだけどね。
最高!!ってほどじゃなかったけど、これから何度か観たい気持ちになりました。

投稿者:Dr.ノヴ投稿日:2002-10-08 12:47:28
現実離れした内容ではあるけれども、「情熱的な愛」が
俺には眩しかった。
恋愛模様がウマク描写され、痛快に楽しめた。
観終わったあと、何故か「恋する惑星」を思い出した。
はるかにトゥルーロマンスの方がスキだけどね。
投稿者:トリガー投稿日:2002-07-12 21:16:49
どこがおもしろいのかわからん。
俳優陣はめっちゃ豪華だけど、内容はあまり面白くない。
タランティーノが書いた脚本、やや暴力描写が目立つ。
しかし「レザボア〜」や「ナチュラル〜」にくらべればまだ甘い。
展開のテンポのよさは評価するが、スタイリッシュではない。
投稿者:naoyuki投稿日:2002-06-25 13:13:15
脇役のほうが、かっこええ!ゲイリ−オールドマン、クリストファーウォーケン、あんまし好きじゃないけどブラピも。ブラピはこの映画の時が一番かっこいい。後、ヴァルキルマ−、写ってね−ジャン。サミュエルLジャクソンも「うへへ」って笑って、次の瞬間撃たれ死ぬと言うクールな出演。けど、主人公役のクリスチャンスレータ−の、あのダサさガ、良い味なのかな?主人公の設定は、オタクだしね。
とりあえずストリ−は、ベタモノって感じ。
トニースコットの映像だから見れたのかな。さすが、CM出身の監督。どの映画のどの場面見てもタバコのコマーシャルに見える。
投稿者:dadada投稿日:2002-02-06 22:24:36
トニー・スコット映画の魅力は、ノリ。どんな映画も勢いで何となく見せてしまう。こけおどしなのかもしれないけれど、こけおどし大いに結構。兄貴もいいけど、彼の職人に徹している姿勢も潔いじゃぁありませんか。
そんなスコットさんとタランティーノのコラボレーション。この弾けぶりは楽しい。ガラスの雨を浴びながらのパトリシア・アークエットの反撃やラストの滅茶苦茶な撃ち合いには、拍手喝采。
投稿者:seiji投稿日:2001-11-16 09:59:02
そうでした、そうでした。ソファの中身が飛び散るあのシーン。
今でも良くおぼえてます。秀逸です。
そしてあのラストの海辺。沁みました。
投稿者:ゆきこ投稿日:2001-07-07 13:04:19
こいつら二人のせいで皆に迷惑かけて最低です。
自分達は生き延びちゃって。
個人的に死んで欲しかった。ごめんなさい。
投稿者:ソニー千葉投稿日:2001-06-20 23:46:41
キラ星のごとき出演者たち! 痛快無比な展開! 何度見ても飽きない!
屋上でのパトリシア・アークエットの告白、ゲイリー・オールドマンのアジトへの潜入、そしてクリストファー・ウォーケンとデニス・ホッパーの対峙など印象的な場面が連続し、息もつかせぬ展開。トニー・スコットとタランティーノのコンビが生んだ史上最高のアクション&ロマンス・ムービーに乾杯!
投稿者:拷問美女投稿日:2001-06-17 03:30:07
これだけコテコテの設定、面子でさわやかなのは、トニー・スコット色ということか?公開当初、個人的にはもっとドロドロのコテコテを期待したのだが・・・今では結構何回も観てる。俳優陣が活きてます。あのインストの曲が最高に涙を誘うっす。
なにはともあれパトリシア〜(又はアラバマ)俺の誕生日も頼んだぞ〜!!
またやっちまった・・・
投稿者:mimi投稿日:2001-06-16 14:53:05
So romantic!・・・私も言ってみた〜い。
皆さん言ってるんだけど、
ウォーケンの冷徹耽美なボスぶり(ホント綺麗なお顔です)と
ホッパーの色気(あの目がなんとも・・・)を見るためだけでも見る価値あり。
短いけどさー。
巧いこと出来てますよねェ。ほんとハリウッド映画。
ブラピとゲイリーの汚れっぷりもまた素敵。
なんと言っても二人のバカップルぶりが良いッス。
クラレンスが普通だってコメントありましたが
普通には居ません、あんな馬鹿☆ウットリ
投稿者:銀狼投稿日:2001-03-28 20:50:21
別にそれほど傑出しているとは思えない。期待ほどの作品ではなかった。
キャストはすごいがそれ程の展開は無い。
エルビスの妄想で人殺しをしたり、かなりバカな話。ふたりの男女もロマンチックだのクールだの完全いっちゃてて呆れかえる。ホントバカ。
オタクのくせにカッコよく描きすぎ。
しかし、何度も観てしまう私の哀しい性というべきか、満たされない欲求というべきか……
投稿者:鬼瓦権造投稿日:2001-03-19 05:54:03
映画おたくとぶっ飛び娼婦のバッカプルによるいかれポンチのロードムービー。
ノリノリのバリバリで・・・アクション、ヴァイオレンス満載。荒くれ者、狂ってる、バカヤローたちの無軌道。ストーリー単純明快、普通のハリウッド映画。ジェットコースタームービー。でもどこか切ない。たまらん。(あのテーマ曲最高)
スレイター、パトリシアのいかれポンチな魅力が大爆発!!
もっといかれポンチオールドマン最高!!あのイカレ加減といい、無様加減といい
(サミュエルもいる)必見ホッパーVSウォーケン爆笑緊張最高潮!!
ポン中バカピ(ブラピ)のバカバカ度といいサイズモアにデブペン(弟)
エルビス誰かわかんね〜ぞヴァルキルマー 凄いキャストだ!!このバカ映画!!
この話タランティーノ版で観てみたい気もある リドリーじゃなくてトニースコット最高!イエーハッピーハッピーそういえばバッドエンディングもあったんだって
う〜ん真実の恋 あんなかわいくて愛してくれる女最高だよいいな〜うらやましい もろタラの願望はいってるんだろうなあ ああパトリシアの雄叫び最高だあ!!
アチョー 千葉真一
投稿者:南無投稿日:2001-03-11 04:36:39
展開がいつかギラギラする日似ていた。
投稿者:KAZOO投稿日:2001-01-29 12:20:38
久々に映画の醍醐味を味わえる映画に出会った気分。
きゃー。あんなロマンスしたーい!!
↓のコメントにもあったけど、パトリシア・アークエットの
「So romantic!!」というのが最高ですね。
ムダな銃撃シーンとか、ムダなラブ・シーンとか無いのも素敵。
お気に入り映画が増えました。http://www5a.biglobe.ne.jp/~kazoo/
投稿者:げんごん投稿日:2001-01-22 17:33:36
「脚本家の映画は存在しない」というお言葉は、ビリー・ワイルダーが大好きで、彼の「映画のできは90パーセント脚本で決まる」という言葉に感銘を受けた人間としては、にわかに承服しかねるものではありますが、トニー・スコットを誉めよ、という主張には大賛成いたします。それをお伝えしようと思い、メッセージを残しました。

 正直言いまして、あの人のこれまでの作品が「デイズ・オブ・サンダー」や、「ビバリーヒルズコップ2」ですから、あの人をなめていたこともありました。ですが、この映画を見て、猛省を促されましたし、「クリムゾンタイド」での堂々とした演出を予感させるものとして、私には印象に残る映画です。

 誰とは言いませんが、同じ脚本家の作品を、陳腐なメディア論に変換してしまった「プラ○ーン」の「オリバ○ストーン」監督の「ナチュラル・ボーン・キラー○」と比べるにつけ、トニー・スコットの素晴らしさが光ります。彼のことを馬鹿だと未だに思っている映画ファンは多いのではないでしょうか。兄貴だけが話題になる現状は、ちょっと残念なものがあると思います。
投稿者:Mew投稿日:2001-01-22 14:04:55
大物俳優も早めに死んじゃうところがすごい。
こんなロマンチックなラブストーリーは他に知らない。
いちゃいちゃしてればいいってもんじゃないもんね。
こういう映画を娯楽映画と呼ぶのだ。
私の一番好きな映画です(クリスチャン・スレーター好きだから、だけでなく)
クラレンスが普通の男なのがいいのだと思う。
アラバマはかわいいし、ファッションは安っぽくてキュート!
投稿者:Katsumi Egi投稿日:2001-01-20 11:01:16
 そもそも「脚本家の映画」なんて存在する訳がない、と私は日頃思っています
ので、ここは何も考えず、トニー・スコットを誉めましょう。
 多くの人が言っている通り、ホッパーとウォーケンの対峙シーンだけでもこの
映画を見に行く価値があると思う。
 いくつかの突出したシーンを持っているだけでなく、素晴らしいテンションの
持続だと思う。
投稿者:ラム魔人投稿日:2000-12-29 03:22:12
  あんなに素晴らしい映画だけど、欠点が一つある。
それは、「トダナツコ」の翻訳。奴のせいで魅力が半減している。
勿体無い話だ。
投稿者:ラム魔人投稿日:2000-12-29 03:14:17
 今日で、この映画を見るのが20回になった。
映画で泣かない僕だけど、この映画だけは何度見ても
泣けてくる。そしてとても癒される。
バイオレントな映画なのに癒される。

 ドレクセルの所から戻ったクラレンスに言ったアラバマのセリフ

    「So romantic」

 あのシーンで僕の涙腺はゆるんでしまう。
その後の名台詞の数々、
ブラッド・ピットのキマリ具合のリアルさ、
デニス・ホッパーとクリストファー・ウォーケン、「ディック」の友情、
クリス・ペンとトム・サイズモアの掛け合い、
ゲイリー・オールドマンのイカレっぷりどこから見ても惹きこまれる。
 
 この映画は史上最高のラヴストーリーだ。 
投稿者:まちゃ投稿日:2000-12-26 14:51:10
 この映画を「アクション・バイオレンスムービー」と呼ぶか、「恋愛映画」と呼ぶか。。。
 私はこれ以上のラブストーリーを知らない。これ以上の「恋愛映画」を見た事がありません。
投稿者:Kanchi投稿日:2000-10-04 21:08:18
 クラレンスの父役のデニス・ホッパーと、クラレンスを追うシシリー・ギャングのボス、クリストファー・ウォーケンのやりとりは最高。笑顔で互いを罵りながら、狂気を募らせる場面は必見です!!
投稿者:いぬ投稿日:2000-09-01 03:09:48
 以前、テレビで見ました。面白かったんだけど、パトリシア・アークエットの役の吹き替えの人が変な声だったので残念だった。
 
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ キス・シーン賞クリスチャン・スレイター 
  パトリシア・アークエット 
【レンタル】
 【DVD】トゥルー・ロマンスレンタル有り
 【VIDEO】トゥルー・ロマンスレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION