allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

トーチソング・トリロジー(1988)

TORCH SONG TRILOGY

メディア映画
上映時間115分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(東京テアトル)
初公開年月1989/12/16
ジャンルドラマ
<エンタメ・プライス>トーチソング・トリロジー [DVD]
参考価格:¥ 2,400
USED価格:¥ 11,800
amazon.co.jpへ

【解説】
 オフ・オフからスタートし遂にブロードウェイ本道を制覇、トニー賞の戯曲賞、男優賞を受賞した傑作舞台の映画化で、作者のファイアスティン自身が脚色・主演を兼ねた、生粋のニューヨーク産ムービーとも言うべき小品。女装趣味でひと昔前のタイプのゲイながら、素晴らしい芸人である優しい人間性を持つ男を主人公に据えた、知的かつ哲学的なコメディである。物語は、人間としてはほぼ完璧でありながら、ゲイのために周囲に騒動を起こしてしまう男の日常を、時に淡々と、時に劇的に描き、公開当時アメリカで絶賛された。主演のファイアスティンをはじめ、主人公の恋人(!)を演じたM・ブロデリックや、母親役のバンクロフトなど、その演技アンサンブルも精妙きわまりなく、少し感傷的になりすぎる所もあるが、溢れる笑いにそれもさらりと流して観られる。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1196 8.73
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Normandie投稿日:2010-06-21 00:47:50
イチかバチかでハリウッド製ブロックバスター映画(最近ではダウニーJrとロックウェル見たさに「アイアンマン2」書くのも恥かしい)を見に行って、たとえポイント鑑賞でも後悔しきりの念にかられ時間を無駄にした自分を責める。
するとココロがいつの間にかどっか違う世界に行ってしまう時がある。
そんな折に思い出したのがこの映画。

演劇のコアな部分を端的に表現できていると思うし
特に母親との関係がキッパリと見事に描かれていて泣けるというよりも彼の気持ちの強さや貫き方が見る度に感動するのです。
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-03-23 13:11:02
ハーヴェイ・ファイアスタイン主演のドラマ。ゲイが主人公の映画の中でもこの映画は笑いも、感動もあったので最後まで十分楽しめました。ハーヴェイの演技は素敵だったし、歌も良かったです。恋人役のマシュー・ブロデリックも美しかったし、母親役のアン・バンクロフトも素敵でした。辛いことがあっても何とか前に進んで行く主人公がかっこよかった!!
投稿者:インベラー投稿日:2005-11-04 20:45:37
公開当時、テアトル新宿に何回か判らない位に通い詰めた。当時既にこの業界(映画ポスターデザイン)にいましたが、バビットは、『ストラップレス』等、良品を配給していましたな。愛した人、愛している人全てを抱きかかえるイメージのラストシーンに、涙が溢れ、1年に数回見たくなる作品です。見れ!
投稿者:篭瀬山投稿日:2005-06-23 20:52:15
 と声を掛けられ振り向いた時に、相手が遠くにいたら引くだろうし、近すぎるとギョッとするだけだろうが、人を「相手」と認めるにふさわしい距離というものがあって、拒否できない距離から声を掛けられると、どうしていいかわからなくなるときがある。・・・と思う間もなく映画は進行するので、いつの間にか物語世界を受け入れざるを得なくなっており、実際に受け入れている。このあたりの処理は、舞台(演劇)のスタッフが作ったとは思えないほど、見事なもんだった。

 さて、15年ぶりくらいに見直したのは、果たして普通の家庭と子育ての仕方において違いでもあったのか、あらかじめ注意してみれば手掛かりが得られるのではないかと考えてのことだったわけだが、前述のような理由でアッという間に話に引き込まれたため、それはかなわなかった。

 だが見終えて一つ気づいたのは、アン・バンクロフト(ご冥福をお祈りします)が演じたユダヤ系マザーとでも言うべきキャラクターが、一昨年見た『キッシング・ジェシカ』のお母さんとまったく同じタイプだったことだ。ユダヤは女系相続(継承)らしいのだが、そのせいかどうか、母親が一家を完全に掌握している。それも母だから(だと思うのだが)、力ではなく言葉によって。具体的に言うとのべつ喋り続けている。

 おそらくそれで、子供は自分の居場所を見つけににくくなる、か、母の言葉の届かないところ(例えば母自身の秘密の場所)へ居所を見つけるようになったのではないか。抑圧するモノに対する幼いながらの抵抗だったのだ、と。

 全然違うかもね。9
投稿者:サッチー投稿日:2003-10-18 14:58:55
【ネタバレ注意】

最近、ど派手なアクションが入った映像魅せます系の映画は食傷気味。
そんなあなたにもすっげーいい映画です。

マシューも若くて美しいです。
ラブストーリーというより、家族がテーマですね。
最後の家族ゆかりの物を抱きしめるシーンはびっくりするぐらい涙が出てしまいました。

最近映画で感動して泣く事がなかったのですが、これは泣きました!!

投稿者:とみ投稿日:2001-02-18 22:01:23
LDは持ってるけど、大好きな映画なのでDVDでも・・・と思い、
検索したのですが、まだDVDにはなってなかったんですね。残念。
私にとっては、今まで見たなかでNo1映画です。
この映画を見ると、人が誇りをもって生きていくために大切なものが何なのか気づかされます。
母親と言い争うシーンでは、何度見ても涙が出ます。
投稿者:KAZOO投稿日:2001-01-31 12:24:42
↓のコメントの方々と一緒。
私もビデオ買っちゃった。
お母さんとの関係とか、もう涙ナシにはみれない。
すーーーっごいイイ映画です。http://www5a.biglobe.ne.jp/~kazoo/
投稿者:カヨ投稿日:2000-10-13 16:30:51
もっとも好きな映画のひとつです。数あるゲイ映画の中でも物語性という点では出色。この映画をみてマシュー・ブロデリックの愛らしさに心惹かれない人はまずいないのでは。もう,ぜったいおすすめ。
投稿者:ヒカリ投稿日:2000-10-11 21:12:40
私も大好きです。
BSで見てとても気に入り、ビデオを買っちゃいました。

自分のことを理解してくれない家族、特にお母さんとのやり取りは、
すぐに逃げ出しそうになる私にとっては勉強になります。
つらいことがあっても一生懸命生きてるアーノルドはとても魅力があるし、
最後のほうの、アーノルドのお母さんのセリフには泣かされました。

ここでこの映画に対する私の思いこみを書ききることはできませんが、
本当に良い映画だと思います。
好きになった人にはこの映画を見せて感想を聞きたいですね。
投稿者:Midori投稿日:2000-01-28 03:49:43
アーノルドはたくさん傷ついてるんだけど、繊細で優しくて、そしてとっても強い。私の理想像です。ああいう人間になりたい。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作品賞 監督:ポール・ボガート
 □ 主演男優賞ハーヴェイ・ファイアスタイン 
【ソフト】
【レンタル】
 【VIDEO】トーチソング・トリロジーレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION