allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

雄呂血(1925)

メディア映画
上映時間75分
製作国日本
公開情報劇場公開(マキノプロダクション)
初公開年月1925/11/20
ジャンル時代劇/アクション/ドラマ

【クレジット】
監督:二川文太郎
原作:寿々喜多呂九平
脚本:寿々喜多呂九平
撮影:石野誠三
総指揮:牧野省三
助監督:村田正雄
宇沢芳幽貴
出演:阪東妻三郎久利富平三郎
関操漢学者 松澄永山
環歌子娘 奈美江
春路謙作夫 江崎真之丞
中村吉松侠客 赤城治郎三
山村桃太郎浪岡真八郎
中村琴之助二十日鼠の幸吉
嵐しげ代にらみの猫八
安田善一郎薄馬鹿の三太
森静子町の娘お千代
【解説】
 “バンツマ”こと阪東妻三郎の無声映画時代を代表する傑作チャンバラ時代劇。これ以降、日本映画界に剣戟・乱闘映画ブームを巻き起こし、自身も“剣戟王”と呼ばれ一躍人気スターの頂点へと登りつめることとなった記念碑的作品。マキノ独立後の「異人娘と武士」に次ぐ阪妻プロ第2弾。善意の行動が誤解を受け、藩を追われてしまった若侍。放浪の旅を続けるも、純粋ゆえに世間の冷たい仕打ちを容赦なく浴び続ける。そして、多数の捕方によって周囲を二重三重に取り囲まれたとき、ついに男の怒りが爆発するのだった…。
 なんと言っても見どころはクライマックスで展開する大立ち回り。それまでは一人斬るごとに見得を切っていたというチャンバラのスタイルを一変させた阪妻の立ち回りには圧倒される。そのスピード感と緊張感、そしてとてつもない迫力はまさに圧巻。しかし、殺陣の派手さに目を奪われて見落としがちだが、世間に理解されない男の哀しみと追い詰められていく悲壮感をみごとに体現して見せた演技そのものもなんとも素晴らしい。弱冠24歳、若き阪妻のエネルギーがほとばしる快作。
<allcinema>
【関連作品】
逆流(1924)
大殺陣 雄呂血(1966)リメイク
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
321 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:o.o投稿日:2016-03-22 04:06:05
大正時代にタイム スリップしてみました。今まで自分が見た中では最古の日本映画です。100 年近くも前の人間がこうして生きて動いている姿を見れるというのは、考えてみればすごいことだよなあと思ってしまう単純な自分です。なお、公開年の大正十四年は、普通選挙法と治安維持法が公布された年です。不況が慢性化し、ナショナリズムと社会主義運動が共に高まりつつある、そんな時代だったようです。

ある事件をきっかけに、ひたすら転落し、落ちぶれていく男を描いた作品でした。時代は下りますが、ひたすらに転落していく女を描いた昭和 27 年の映画、『西鶴一代女』を思い出してしまいました。どちらも封建社会の冷淡さというものをひしひしと感じさせてくれるという点でよく似ています。庶民は「お上」にひたすら恐れ入りつつも頼みにし、「身分」がすべてで、いちどコースから外れたらたちまち何ものでもなくなるという世界です。大正の世も変わらぬではないかという社会批判が込められていることはよく分かります。

クライマックスの 1 対 100 (ぐらい?) の大立ち回りは、もちろん素晴らしかったです。様式化され、理想化された立ち回りではなしに、走り回り、刀を滅茶苦茶に振り回しての、くんずほぐれつの大乱闘で、こちらは昭和 29 年の映画『七人の侍』のクライマックスを思い出しました。また、心を寄せていた千代が結婚してしまっていたことを知り、悲嘆に暮れる平三郎を、いつの間にか大勢の役人たちが、爬虫類の群れのように地に伏せながら包囲し、じりじりと輪を縮めていくというシーンが強烈に印象に残ります。

自分がこの作品を見た DVD は、活動弁士の解説と楽団による音楽を流して、当時の上映形態を再現するという趣旨のものでした。以前からヨーロッパの無声映画と日本のそれでは、どこかテンポが違うと何となく思っていましたが、考えてみれば、日本では映画を作る方も音付きで鑑賞されることを前提としていただろうから、そのせいなのかなと、ふと考えた次第です。

しかしなぜ、日本ではこういう独特の上映形態が生まれたのでしょうか。映画に限らずですが、どうも日本人というのは、個人で作品と向き合って、自分ひとりでその内容について判断を下すということを恐れているような気がして仕方ありません。これはこういことだよと誰かからお墨付きをもらい、みんなと同じ理解であることを確認しないと不安で仕方がないということなのかもしれません。
投稿者:呑気呆亭投稿日:2012-06-06 17:41:46
若侍平三郎の逆上しやすい精神の脆弱さに前半はへきえきする想いで見ていたのだが、さすがにラストの約10分間に及ぶ大立ち回りはすさまじい迫力で、坂妻はヒ−ロ−とはこうしたものだということを力ずくで見る者に納得させる。激情にまかせて余りにも多くのヒトを殺戮したことに気付いて愕然とした平三郎が、自らの手から刀をもぎ取って捕手の縛に付くシ−ンは、前半の類型的な筋立ての粗っぽさを補って余りある感動を与えるものである。http://d.hatena.ne.jp/nanjakuteituisho/
投稿者:william投稿日:2010-01-09 16:19:29
偉大なる日本映画のひとつだと感じる。

諸行無常の世に生きる侍の生様を、これ程まで大胆で且つコミカルに描いたのは素晴らしい。
そして、阪東妻三郎の力漲る迫真の演技!殺陣のシーンは見応えあり。

活動弁士と楽団が一体となったこの時代における無声日本映画は、他に誇れる文化と言えよう。
投稿者:Ikeda投稿日:2003-10-27 15:45:11
真面目に正しく生きようとするが、権力に追従する連中に疎外され、恋をした環歌子にも絶縁された阪妻が、追放されてしまう。その後も役人に追われて中村吉松にかくまわれるが・・。そして標準スピードで10分に及ぶ大捕物が、流石、阪妻で凄いです。これは最近のテレビなどでの殺陣とは比べものになりません。阪妻は最後に多数の人を殺したことを反省しますが、町人などからは「ならず者」としか見てもらえません。現在でも通用するような、世の偽善者に対する批判を含めた名作です。
投稿者:ousaka007投稿日:2003-01-18 00:12:11
子供の頃,テレビで観て大ショックを受けた作品で,それまで自分が観てきたチャンバラはいったい何だったんだと真剣に思った。最近になって観なおしたら,チャンバラ以外にも妙に感傷的で反封建思潮を感じさせる物語が付いていて,作劇自体は拙いが,ともかくラストの大立ち回りが圧倒的にすばらしい。80年近く前の作品だが,今の時代劇のお寒い立ち回りとは比べようもない。この時代のカツドウ屋は凄かったんだ。
【レンタル】
 【VIDEO】アポロン活動大寫眞 雄呂血レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION