allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

遠すぎた橋(1977)

A BRIDGE TOO FAR

メディア映画
上映時間175分
製作国イギリス/フランス
公開情報劇場公開(富士)
初公開年月1977/07/02
ジャンル戦争/ドラマ
史上最高の製作費90億を投じた超弩級戦争巨篇!
五つの橋奪取なるか!
猛進する連合軍は最後の橋を眼前にして 遂にナチス・ドイツ軍空前の猛威に曝された--
「史上最大の作戦」を遙かに凌ぐ「マーケット・ガーデン作戦」の巨大なる全貌!
ベスト戦争映画ブルーレイ・コレクション<10枚組> (初回生産限定) [Blu-ray]
参考価格:¥ 21,600
価格:¥ 16,700
amazon.co.jpへ

 Photos
遠すぎた橋

【解説】
 1944年9月、オランダからドイツにかけての5つの橋を占拠すべく連合軍のマーケット・ガーデン作戦が開始された。その全貌をオールスター・キャストで描いた大作で、巨費を投じた戦闘シーンや空挺部隊の降下シーンなどは迫力充分。ただ、広範囲に渡る話や地理関係がうまく整理されておらず、エピソードの串刺し的な印象を受ける。
 ノルマンディー上陸作戦から3ヶ月後の1944年9月、連合軍はドイツ軍がオランダへ撤退したの機に、そこへ空と陸の両方から攻めるマーケット・ガーデン作戦を展開し始める。オランダからドイツにかけての5つの橋を占拠し、ベルリンへ侵攻するのが狙いだった。現状でも敵の兵力は手強いことが懸念されたが、マーケット作戦を仕切るブラウニング中将はアーカート少将らに進撃を命じる。こうして空からはパラシュート部隊、陸からは大戦車部隊で攻勢。しかし、やはりドイツ軍の抵抗は凄まじく、要所である橋も破壊され、逆に連合軍が壊滅に追いやられていく…。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1295 7.92
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:sachi823投稿日:2014-04-12 09:59:09
製作発表時からオールスター出演の戦争大作
と言うことで楽しみにしていましたが、
「史上最大の作戦」のような勝ち戦ではないので
あまり見ていて気勢が上がりません。
また、地理的に予備知識がないとわかりにくいと思います。
流石に将校たちは皆男前で格好いい。
投稿者:ジーナ投稿日:2010-08-23 02:47:33
失策となったマーケットガーデン作戦の一部始終を描いた戦争史実映画です。

クリスマスまでに戦争を終わらせようとした安易な上層部、地形や気候を考慮せずに立てられた作戦、面の皮が厚い幹部たちなど呆れて声も出ないエピソードが積み重なっているので結構ストレスを感じるかもしれません。
士気が高々だった前半と落ち込んでいく後半のバランスは見事でした。
どんな状況になっても意気消沈する事無く、困難な状況を打破しようとする兵士達の姿も心に強く響いてきます。
連合軍側だけではなく、ドイツ軍側でも上層部と司令官にわだかまりがあるのを描写していて深みを感じられます。
自宅をけが人の収容所にされてしまった夫人や橋のそばの家というだけで陣地にされてしまった老婦人など一般人が命を落とす以外でも戦争の犠牲になっていた事がリアルに描写されているのも興味深かったですね。

連合軍とドイツ軍の激しい戦いに関しても、迫力満点の戦闘シーンや降下シーンなどスケールの大きさを感じさせる映像に仕上がっています。
CGが無い時代なので臨場感がありますし、余計なグロさを入れる事無く派手さを出せているのもイイですね。
欲を言えば、地理的な情報をもう少し分かりやすく見せてくれると作戦の流れを捉えやすかったでしょうね。
一本道という事なので誰のチームが今どこに居るのか、橋までどれくらいのトコロに居るのか、、を要所要所で知らせるなど演出に工夫があると良かったと思います。
効果音とカメラワークは素晴らしかったですよ。

そして、誰が主役でも不思議ではない豪華なキャストも見どころの一つです。
どっしりと落ち着いた演技で魅せるショーン・コネリー、常にイライラ顔のジーン・ハックマン、印象深いアンソニー・ホプキンス、、他にもダーク・ボガードやマイケル・ケイン、ライアン・オニールやローレンス・オリヴィエなど感心するほどの実力者揃いです。
中でも圧倒的不利な状況の中、覚悟を決めて突進するロバート・レッドフォードの勇敢な姿はとっても素敵でした。
出演時間は短いながらインパクト大でしたね。
演技に含蓄が出ているジェームズ・カーンも要チェックでしょう。

「作戦は90%成功した。ただ、遠すぎた橋へ行っただけ・・・」という重たいセリフの中にある戦争の空虚さと無益さに余韻はズッシリ沈みます。
観ている間中もフィクションであって欲しいと思わずにはいられませんでした。
気分良く鑑賞することは出来ませんが、脚本・キャスティング・映像・音楽などとにかく見応えのある作品だったので3時間弱の長尺でも集中して鑑賞できると思います。
テンポが速いのも好印象ですね。
しかし・・・登場人物が多いので名前を覚えるのが大変ですし、マーケットガーデン作戦に対する知識が無いと地理的把握が難しいかもしれません。
なので、ある程度の予備知識がある方にオススメですね。
ドラマ性は薄いですが今見ても色あせない作品なので、関心がある方は是非チェックしてみて下さい。
投稿者:bond投稿日:2010-07-27 10:35:33
超豪華男優陣での力作、こういった手合いは普通はハッピーエンドなのに、意気高揚とした始まりを見事に裏切るが如くなブルーな結末。戦争の愚かさを贅沢に描いた作品。
投稿者:Ikeda投稿日:2010-06-29 10:01:17
二次大戦におけるマーケット・ガーデン作戦を描いた映画で、かなり金を掛けていて、戦闘シーンなどは見栄えがありますので、戦争映画が好きな人にはうってつけの作品だと思います。ただし、連合軍側が勝ったとは言えない終わり方が問題になるかも知れませんが、基本的にはこの作戦が正しかったかどうかが問題になると思います。アメリカ人はイギリスのモンゴメリー将軍の指示の悪さを指摘し、イギリス人はアメリカ軍の協力が不足だったと考える傾向にあるそうですが、いずれにしても連合軍の弱点が出ている感じがしました。
映画での戦闘場面などはかなり迫力がありますが、その場所が変わると共に、かなり頻繁にシーンが切り替えられるのが解りにくい作品です。ショーン・コネリー以下、著名な俳優が多く出ていますが、一般的に戦争映画では、将兵役ですから個性の発揮が限定されて、誰でも良い場合が多く、顔見せ以上の意味はないと思います。
投稿者:verkhovensky投稿日:2010-06-04 03:08:24
5箇所の橋に同時に降下した作戦を描いてをりますから、予備知識のなかつた初公開時はどこがどこだかわからなくなり、消化できなかつた覚えがあります。いつたん把握してしまへば、その悲壮感を「楽しめ」ます。

とはいへやはり「プライベート・ライアン」「バンド・オブ・ブラザース」を見た今は、一時代前の描写、の観をまぬかれず、特に将校が自ら先頭に立つて戦ふ設定はいかがなものかと思ひます。スピルバーグ以前の第二次大戦ものは、この作や「史上最大の作戦」「バルジ大作戦」など、題材はことごとく面白いのですから、片端からリメイクしていいのではないでせうか。
投稿者:マスターユーダ投稿日:2010-03-02 01:44:52
すんごいキャストだけに残念な作品、残念な仕上がりになっている、しかも長い、ストーリーが把握できない箇所があったのでこの作品も予習しておくべきだった。メダルオブオナーと同じような箇所がいくつもあったのがおもしろかった。マイケル・ケインカッコ良し。
投稿者:gapper投稿日:2010-02-08 23:42:53
 オールスター大作にありがちなドラマ性の薄い作品。

 オールスターだと各俳優に出番を与えなければならず、”少ない””良くない”との注文が出る。
 結局、監督は上手く裁ききれず思ったような演出も出来ず、だらだらとした感じで話が進み何を描きたかったか分からないような作品になってしまう。
 ましな方であろうが、やはりドラマとしてはたいして面白くない。

 この作品のテーマは、兵士と時間の”浪費”であるのかもしれない。
 175分という時間は、その為のものかも。

 テーマ曲に関しては、長年聴いた好きな曲で希望に満ちているのか、勇ましいのかはっきりしないところが作品と合っていて良い。

 戦闘シーンが多く戦争好きにはたまらないのかもしれない。
 また、スタッフもあまり細かな演出でなく爆破シーンなどが多いので楽しかったのかもしれない。

 この作品では、ブルドーザーオプションをつけたシャーマンが出てくるが生産量が多いので有名でバリエーションも豊富。
 ドイツは質で勝負し、アメリカは量で勝負を行った。
 結果は、量の勝ちだ。
投稿者:uptail投稿日:2009-12-01 23:26:58
ジェームズ・カーン
投稿者:ララルー投稿日:2008-07-22 08:27:17
バンド・オブ・ブラザーズにハマった後でこのDVDを見た。
101師団の名前が出ると嬉しくなった。彼らもここにいたんだよなあって。
肝心のマーケット・ガーデン作戦の内容は映画ではよくわからなかった。
全部を描こうとすると、焦点がボケるって本当だな、と思った。
どれか一つの橋でよかったんじゃねーの?
投稿者:Longisland投稿日:2007-04-24 04:06:28
軍事オタだった中学時代に空前の戦争大作との宣伝に惹かれ劇場へ…話がわからん!長い!ドイツ軍がしょぼい!馬鹿な中坊には理解できず期待はずれ。 その後大幅にカットされた東京12チャンネルでの放映をみて感心。個人的にTV放映に伴うカットって好きでないが、東京12チャンネルの本作編集は良かった。そもそも5つの橋での戦闘を描いているわけで混乱するのは当たり前、半分以上カット(3時間は長すぎる)どの橋なのかテロップ挿入(うろ覚えだがシーンの並替えもしていた)によりやっとストーリーについていけた印象がある。

『史上最大の作戦』で英国軍一兵卒だったショーン・コネリー、本作では少将ってのが元軍事オタ中年には笑える。

↓評価はTV放映版に対してね
投稿者:マジャール投稿日:2007-04-23 16:41:47
コーネリアス・ライアンの原作をリチャード・アッテンボロー監督で映画化。
最後のオールスター戦争大作。
まぁあまり期待しないで観れば、それなりに面白いかも。(もっともこの顔ぶれでは期待するなって言う方が無理・・?)
前半はなかなか面白かったです。オランダ地下活動の眼鏡少年が印象的。
R・レッドフォードは、P・ニューマンと同じで、基本的に戦争映画の軍人役は似合わない人ですね。
それに最初の登場シーンから、悪役でござい、っていうD・ボガードの演技もどんなもんでしょ?コネリーもなんかいつもの精彩欠いてるし。で、こんなショボイ映画でもカッコ良かったのが、エドワード・フォックスとジーン・ハックマン。ハーディ・クリューガーの独軍人役も流石です。
ドンパチ撃ち合う派手なシーンも、絵柄だけだと、どっちがどっちに攻撃してるのかはっきりせず(両軍の位置や地理関係も)戦況がわからなくてイライラしました。これが最大の不満ですね。唐突に建物の爆破シーンが映し出されても、誰がどこから撃ったものなのか見せないんだもんね・・・。
まぁ色々不満はあるけど、不思議と嫌いになれない映画です。点数はかなり微妙ですが、5点。
ジョン・アディソンの音楽、素晴らしいです。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2007-01-13 14:09:29
【ネタバレ注意】

あのノルマンディ上陸作戦(史上最大の作戦etc.)の3ヶ月後の戦闘を描くムービー。
…ロバート・レッドフォード、格好良いです。

何か、不評なコメントが並んでいるが、まぁ途中で飽きないし、作っている画面も結構なもの。空挺部隊が飛び立つ絵、子供のぐるぐる回る列車(玩具)、大空を覆うように降り立つ落下傘…勿論、銃撃、爆破〜そして爆破 etc.…が、エピソードそれぞれが結構な人間ドラマでじっくり、じっくりと進行するのだな。
上記出演者が…有名な実力派俳優が並んでおり、まぁ豪華。

救援物資に命を賭けて駆け寄ったら…しかも中身が…なんでやねん!(これも凄い絵)
まぁ精神病患者が森で笑ったり、あの家のお母さんが蜂の巣になったり…変、っちゃ変なムービーでもあるような。血みどろの戦闘を続けるフロスト達に、戦勝パレードのような戦車隊の映像が切り替わる。

人間は権力を持つ者にとっては「駒」〜って元帥の思いつきゲームと、その「駒」がそれぞれに生死を賭けたドラマを展開する。
そして、決して逸脱する事は許されない…事件は現場で起きている(by 踊る大捜査線)のに。〜後、1.6kmって時点でね。最後の風景なんて正に哀愁のラスト。

投稿者:ぐっちゃん投稿日:2006-05-06 21:51:58
 本当に久しぶりに、ビデオで見ました。
 今の日本の官僚政治、企業経営の有様を彷彿とさせます。指令者側の責任はさておき、自己欺瞞ばかりで、犠牲者はいつも「兵隊」、市民です。
投稿者:オオカミ投稿日:2005-09-19 20:46:14
1944年の昨日9月18日に始まりました。
コーネリアス・ライアンの「遥かなる橋」を読んだ上でこの映画を観ると、さまざまなことがわかって理解が深まります。また、映画を観れば観るたびにスルメのようにジワジワと感じるものが増えて来ます。
原作者のライアンといい、監督のアッテンボローといい、ポーランド空挺部隊なんてマイナーなところへ焦点を当てたことは大きな功績だと思いますよ。
ノルマンディー上陸作戦とバルジ大作戦の狭間の作戦として、非常に政治的な意味合いを持った本作戦を観ることで、戦争の虚しさ、無駄、極限状況に置ける人間の勇気など、さまざまに感じるものがあると思います。
投稿者:純三投稿日:2005-09-08 22:10:34
これはどうなんですかねえ、よく分からんけど、失敗作なのではないかという気も。だってよく分かんないんだもん。分かってる人が見れば分かるんかもしらんけど。それじゃあねえ、映画として、何だかちょっと。
投稿者:husikian投稿日:2005-04-30 13:51:40
一般の評価はあまりたかくないが戦争映画ファンとしては絶対はずせない
作品。小学生のとき父親と見にいったが正直作戦のこたはわけわからなかった。でも映像は迫力あるし、俳優達の名演技もすばらしい。
原作(遥かなる橋)をよまないとわけわからないかも。
小さなエピソードまでかなり原作に忠実。
ビデオやテレビで何回みても飽きない一番好きな戦争映画です。
投稿者:もののけ投稿日:2004-07-24 12:29:57
この映画はいいですね。
戦史の記録から読み取れないような、「雰囲気」はとても良く出てたし。
使っているドイツ軍の車両もシルエットを近いものにしようと努力してる
(多少無理があるのもあるものの)し、(レオパルト戦車改造の
パンターなんかもいい感じ)
なんといっても空挺降下のシーンは1番ではないかとも。
投稿者:kattachi投稿日:2004-05-26 14:52:08
戦争の悲劇、無謀な作戦に従事させられた兵士たちの悲劇がテーマだと思うが、アクションの強調と居並ぶスターの見せ場つくりのために、焦点がボケたか。渡河作戦と橋爆破が見せ場なのだろうが、なんか尻すぼみでいつの間にか作戦が失敗して、映画も終わってたって感じ。
投稿者:sige投稿日:2004-05-02 09:59:36
公開当時まだ小学生だった私。わくわくしながら観たものです。
友人の所有していたサウンドトラックが羨ましく、うろ覚えのテーマを口ずさんでいたものです。
今観ると、確かに大味な印象を受けます。が、一昔前の大作の持つ大らかな雰囲気が妙に心地よかったりします。僕にとっては憎めない、懐かしい匂いのこもった作品です。
投稿者:若田部投稿日:2004-04-16 13:11:40
ナバロンとかワイルドギースのような戦争アクションにすればよかったのに失敗する作戦なんかを描くからこんな映画になっちまうんだ。フォックスがひたすらおいしい役。
投稿者:だだちゃ投稿日:2003-10-19 15:29:28
戦争とは事業である。WW兇里燭辰唇譴弔虜鄒錣垢蕷撚茲任亘足に描く事が出来ない。当時の指導者達の頭の中では、そんな途方もない壮大な事業を描ききれていたのだろうか?
血を流す兵士は事業の目的も目標も知らされる事無く、ただ命令と手段によって行動することを求められる。この映画は登場人物の誰かに自分を置き換えて観た時にこそ価値が生じると思う。
しかし「エドワード・フォックス」はかっこいいオヤジだなぁ〜
投稿者:映子投稿日:2003-02-14 22:46:39
「橋の爆破」以外、なんか印象の薄い戦争映画。確かに見たんだけど全然覚えていなかった。音楽を聞いてとてもなつかしかった。
投稿者:黒いチュウリップ投稿日:2001-09-11 12:22:33
戦争とは、無駄な浪費。と
僕に教えてくれた映画です。
投稿者:dadada投稿日:2001-04-29 09:12:09
人、物への大量投資映画。今の時代、企業に置き換えたら羨ましい限りだけれども、出来上がった映画はどこか空々しい。題材としている戦争の中へは、決して飛び込まずに、どこかひいて眺めている感じ。ジェームス・カーンやロバート・レッドフォードのエピソードなんか、もっと突っ込んでも良さそうなものなのに、それもしない。(出来ないのかな。)
負け戦を描いている事もあるが、次から次へと大スターが右往左往するする連合軍に対して、基本的に目立った登場人物が二人だけのドイツ側の方がまとまっているように見える。それが、狙いならば、スイマセン。
豪華キャストが懐かしくて、DVDを購入してしまったのだけれど、観終わって空しい感じ。別に爽快感を期待しているわけではないが、全てが中途半端で、観ている側も映画自体に飛び込んでいけない。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 助演男優賞エドワード・フォックス 
□ 作品賞 
 ■ 助演男優賞エドワード・フォックス 
 □ 監督賞リチャード・アッテンボロー 
 ■ 作曲賞(アンソニー・アスクィス映画音楽賞)ジョン・アディソン 
 ■ 撮影賞ジェフリー・アンスワース 
 ■ 音響賞 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】ベスト戦争映画ブルーレイ・コレクション <初回限定生産>2014/04/25\20,000amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】遠すぎた橋2010/07/23\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ブルーレイディスク スターターBOX 「空軍大戦略」/「遠すぎた橋」2007/12/21\8,000amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】遠すぎた橋2007/12/21\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】遠すぎた橋 <期間限定生産>2015/07/17\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】映画で振り返る第二次世界大戦 DVD-BOX <初回生産限定>2015/07/03\13,800amazon.co.jpへ
 【DVD】遠すぎた橋 〈2枚組〉 <初回生産限定>2012/07/18\1,895amazon.co.jpへ
 【DVD】遠すぎた橋 <1枚組/アルティメット・エディション仕様>2010/08/04\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】遠すぎた橋 <1枚組/アルティメット・エディション仕様>2008/11/19\1,800amazon.co.jpへ
 【DVD】遠すぎた橋 <1枚組/アルティメット・エディション仕様/期間限定生産>2008/08/02\1,714amazon.co.jpへ
 【DVD】遠すぎた橋 <1枚組/アルティメット・エディション仕様/期間限定生産>2008/04/16\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】遠すぎた橋 <1枚組/アルティメット・エディション仕様>2007/10/24\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】遠すぎた橋 アルティメット・エディション2007/02/02\2,848amazon.co.jpへ
 【DVD】遠すぎた橋 <1枚組/アルティメット・エディション仕様>2007/01/26\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】スタジオ・クラシック・シリーズ 陸の戦い BOX ヨーロッパ・アフリカ戦線篇 <初回限定生産>2006/11/24\17,086amazon.co.jpへ
 【DVD】遠すぎた橋 アルティメット・コレクション2006/07/26\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】遠すぎた橋 アルティメット・エディション2005/04/08\3,980amazon.co.jpへ
 【DVD】戦争クラシック・コレクション32 <初回限定生産>2004/08/06\98,000amazon.co.jpへ
 【DVD】遠すぎた橋 特別編2004/08/06\3,980amazon.co.jpへ
 【DVD】遠すぎた橋 特別編 <初回限定生産>2003/08/22\3,980amazon.co.jpへ
 【DVD】遠すぎた橋 <期間限定生産>2001/07/18\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】遠すぎた橋2000/12/01\3,980amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】遠すぎた橋レンタル有り
 【DVD】遠すぎた橋レンタル有り
 【VIDEO】遠すぎた橋レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION