allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ブレア・ウィッチ・プロジェクト(1999)

THE BLAIR WITCH PROJECT

メディア映画
上映時間81分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(アスミック・エース=クロックワークス=松竹)
初公開年月1999/12/23
ジャンルサスペンス/ホラー/ミステリー
全米を震撼させたプロジェクト
ブレア・ウィッチ・プロジェクト <HDニューマスター版> Blu-ray
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 9,428
USED価格:¥ 2,619
amazon.co.jpへ

【解説】
 超のつく低予算で製作されながらも世界中でメガヒットとなったホラー。1994年10月、モンゴメリー大学映画学科に所属する3人の大学生がドキュメンタリー映画製作のためにメリーランド州ブラック・ヒルズの森に分け入った。その土地に今なお残る伝説の魔女“ブレア・ウィッチ”をテーマにしていたのだ。だがヘザー、ジョシュ、マイクの3人はそのまま消息を絶った……。手掛かりが発見されないままやがて捜索は打ち切られる。しかし事件から1年後、彼らが撮影したものと思われるフィルムとビデオが森の中で発見されたのだ……。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1032 3.20
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:spqc2y29投稿日:2018-12-01 22:40:40
真面目に観てると乗り物酔いをしそう。
結局何もわからず終いなとこは、好みが割れますが、
個人的にはいいと思います。続編はダメ。
投稿者:bond投稿日:2017-12-16 23:50:01
取材での不気味な伝聞と、それを証明するような追い詰められ感。偶然が重なってできた傑作。
投稿者:HABBY投稿日:2017-12-16 21:07:28
【ネタバレ注意】

この金字塔的作品をリアルタイムで観ることが出来ず残念。今の視点で見るとあまり大きな感慨はないけど、当時としては「新ジャンル誕生」というような興奮だあったんだろうな。キャストのうち女性の演技(感情の起伏の激しさ)が良い緊張感を生み出してて貢献してると思う。思えば、本作が登場したあたりからUFO映像や宇宙人解剖映像がリアルさを失い、フィクションの域に急転直下落ちていったように思う。テクノロジー(映像加工技術)の発展に伴い、一方である種の浪漫が失われるようになったという意味においても超常現象界隈の産業に少なからざる影響を及ぼした作品という気がする。

投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-09-01 22:04:15
腹立たしいほど駄作
投稿者:sachi823投稿日:2014-08-27 10:49:38
昔、意味不明のポスターをそこら中に張り、
連日宣伝カーで題名を連呼して
宣伝してた自主上映の作品があり、
見に行った人があまりにつまらなかったと
怒っていたのを思い出しました。
作品としては只見づらいというだけ。
新作で柳の下の泥鰌をねらうか。
投稿者:ピースケ投稿日:2014-08-10 13:22:26
これだけ話題になったってことで、成功と呼べるんだろう。
ストーリーは無いに等しいが。
投稿者:ぴっぷ投稿日:2014-04-02 05:10:27
この作品を劇場で見た後、テレビでPR特番の再放送をやってたので見てみた。

ネットでブレア・ウィッチの事件を知った大鶴義丹が(なぜか)現地に飛んで取材するという内容。「ブレア・ウィッチの呪い」に出ていた私立探偵も登場するなど、結構凝った作り。最後は義丹もまた森で行方不明になり、消えた学生たちの捜索ポスターの隣に義丹のそれが張られている映像で幕。

このPR番組、すごかったのは映画本編の主なシーンが、オチを除きほぼすべて挿入されていたこと。これを見てから映画館に行った人は、さぞかしガックリきたことだろう。

ちなみに評価はPR番組のもの。映画自体の評価は−1して5点。
投稿者:jb投稿日:2012-08-26 23:06:50
まったくハマらず。
投稿者:Loser投稿日:2010-12-04 19:30:47
あたしはこの手のは評価しない。
パラノーマル・アクティビティしかり。
RECしかり。
ストーリーにまったく関係ないセリフ。
できそこないのNHKーBSのようなたるい演出。
肝心な場面でカメラがブレブレで何が写ってるかよくわからん。
ただ低予算をごまかすための手段にしか見えない。
投稿者:こじか投稿日:2010-09-23 12:11:32
【ネタバレ注意】

公開当時なかなかの話題作だったこともあり、
一定の距離を置いていましたが、
あれから数年が経過したこともあって、
ひっそりと気を抜いて鑑賞してみました。

結果、想定していたものよりうんとよかったですね。
繰り返し観るような作品じゃないけれど、
最近のホラーじゃ珍しいんじゃないかなぁ、
単純に「夜(の場面)が怖い…」。
思えば「夜」と「音」と「歯」、
制作陣は実際これだけで戦ったんですもの、
拍手を贈りたくなります。

投稿者:uptail投稿日:2009-09-23 12:49:24
ダニエル・マイリック
投稿者:Kircheis投稿日:2009-06-03 07:36:53
良く分からない映画だが、最後は怖かった。
この訳わからんストーリーを自分なりに誇大解釈して『あ〜でもない、こ〜でもない』と議論する一部マニアの為の映画。
俺はマニアなんでこれ好きやわ。
投稿者:nightwing投稿日:2009-05-29 13:12:40
確かにゴミ映画だが、ラストの不気味さは秀逸。
この雰囲気を保たせた通常作りのホラーがあったら傑作であろう。
投稿者:QUNIO投稿日:2009-04-19 18:21:51
学生映画として見るにはそこそこ面白い。コメディとしても笑える。ホラーとしては「・・・・」だが、発想は悪くないので大甘で↓この星だ。みんな星になってしまえ。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2009-01-21 03:14:24
のシーンは映画史に残るよなあ(笑)。
投稿者:ケラヒロミ。投稿日:2009-01-21 00:59:51
怖かった
ラストはホントに怖かった、悲鳴とかヤバかった
また観たいんだけど…怖いからな
投稿者:なちら投稿日:2007-02-27 00:08:35
素直に怖い。
投稿者:mirei投稿日:2007-02-04 23:04:59
まったくの低予算でも、アイデア一発でここまでやれるのかと尊敬してしまう(ちとオーバーか・・・?)。
まだ家庭用ビデオが普及し始めの頃のうれしがり屋オヤジが、「我が子の運動会をビデオカメラの機能をフルに使って撮りました」的映像よりもっと生理的に受付けられないカメラワークと、煽りまくりの前宣伝。
この三位一体がモロに効いた状態で見られればハマルかもしれません。

けど、そういった人ほど、後に続く「ブレア・ウィッチの呪い」と「ブレア・ウィッチ2」を見てはいけません。
投稿者:さとせ投稿日:2007-01-07 22:26:45
低予算ながらそのアイディアで大ヒットにつながり、一時、社会現象まで起きた?迷作。その設定のためカメラが動き回るため酔ってしまうのが難点。
原作ではないが「ブレア・ウィッチ・ファイル(全2冊)ケイド・メリル・角川ホラー文庫・評価3・5」は映画より面白いため必読!
投稿者:アリス投稿日:2006-06-26 06:51:28
みるたびに、配給会社の人が
「ブレアはねぇ…宣伝、しすぎちゃった(てへっ(≧▽≦)ゞ)」
と言ってたの思い出します。
手ブレもドキュメンタッチもイライラだけど『食人族』よかマシ。
カルトになりきれてないよ〜ちゃんとやってよ〜うちらでも作れるわ〜
とか思いつつそういう発想できなかったと一人反省自己完結。
ホラー好きの方が嫌いじゃないかなぁって独断な推測の自分はホラー好き。
投稿者:S&H投稿日:2005-12-25 01:17:27
あほな学生が森の中でぎゃあぎゃあ騒いでいるだけの映画。カメラが常にブレていて、恐怖とはまったく違う意味で気分が悪くなった。映画館の大画面で観たらどうなるのかなあ。こんな映画で興行成績あげて、成功したと思ったら大間違いだよ。
投稿者:ASH投稿日:2005-11-23 21:47:36
【ネタバレ注意】

DVDを中古屋へ売っぱらうことにしたのでフェアウェルの意味も込めて久々に観た。ホラー映画としては怖くもなんともないが、金のない連中が映画を作った映画としてはいいんでないの。それは「面白い」という意味ではないが。

ヘザーの小生意気な態度と言動がイイ。でも、鼻水ジュルジュルを下から写さんでもええやろ。

しかし、ブーム過度期には酷評の嵐だが、現在の視点で冷静になって見返すものまたオツなもんですよ(時間の無駄だって?言えるわ)。

製作費に対する利益回収率が記録的な映画で、ギネスブックにも認定されたらしい(未確認)。監督の2人は以後映画を撮っていないが、映画なんか撮らなくても充分に暮らせるほど潤ったんだろうな。左団扇というわけだ。もっとも、まぐれ当たりであんまり才能がないことが露呈するのが怖いのかも。それこそ、ブレアの魔女の呪いだったりして。

投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2005-10-16 20:06:57
Total Film誌ホラー映画14位?そんな名作ではない。
本来は一部のマニアがこっそり溺愛するようなムービー。
そもそも“THE OMEN”が50位以内に選出されていないのは何故?
“エイリアン”はホラーか?(まぁ良いが…)
一応、結末までは気になるし、演技がむっちゃひどい、って事もない。
結局、言いたいこと(やりたいこと)は、ちゃんと出来た、って事だろう。
ゴミではない。が、必見って事もない。
怖かったのは洋館か?それとも血まみれの臼歯か?
それとも訳の解らない伝説の主か?
アイデアは認める。カメラも面白い。
謎?僕的にはない。誰がやってるのかは解らないけど。
但し“Empire”選定インディー映画34位の価値はあるかも。
投稿者:キャメロンディアス投稿日:2005-10-07 19:40:33
そんなに凄い映画だとは思わなかったけど、結構怖い部分もあったし、
カメラワークも酔うほどではなく映画としては良い感じだった。
この映画で謎は解けなかったけど、逆に恐怖の余韻が残って面白い。
正体がわからないのが、どうしても気にかかるが…。
投稿者:りティ投稿日:2005-09-05 03:33:17
カナダはバンクーバー在住の者です。どーにもこーにも暇だなーと思っていたときに、近所のスーパーの処分品セールで99セント(カナダドルなので日本円だと80円くらい(^^;)で売っていて、その時に一緒にいた友人がホームビデオ式の酔うやつだよ〜コレ、と警告してくれたので、最初の15分で止めるのを覚悟で買いました。で、結論、

『予備知識は全くなく、ノンフィクションだと思い込んで見たので、小学生の子どもたちとめちゃくちゃハマりました。』

普段こういう若者たちとの交流がないので、セリフのほとんどにswearing(Fワード)が入ってるのが耳障りでたまりませんでしたが、99セント以上の価値は十二分にありましたよ。(笑) 終始「どうしてこんなにカメラのバッテリーが持つんだ...」とか「こんな状況でまで撮る?」という疑問を、「いやありえないことではない」と否定しながら見られた自分たちはとても幸せだな〜と思います。翌朝公式サイトをじっくりチェックしてしまったため、50%の信憑性が90%にまで上がりました。で、その後ここを見つけて撃沈。(爆) しかし1ドルにも満たないってのはちょっとかわいそすぎかと...。
投稿者:まるるん投稿日:2005-09-03 03:14:02
私が今まで見た中で最低の映画。「低予算のわりによく出来ている」というコメントも多いようですが、私的には予算と作品の出来のつり合いなんてどうでもよい事。面白い映画が見られれば満足です。予算が高かろうが低かろうが映画館で上映する料金は同じ。映画館で見た人に同情します
投稿者:コハク投稿日:2005-06-27 00:43:28
すごい。HOBOさんの一文が全てを語っています。
どんな映画にも全く酷評しない弟が、見終わった後
「酔った」と一言漏らしたのが、私にとってこの映画の全てです。
投稿者:南セントレア市投稿日:2005-06-12 20:56:27
金のない学生が撮った映画が大ヒット。アイデアというよりは、宣伝が効をなした?
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-10 00:57:22
こういうのは、盛りあがってるときに見たほうがいいですよね。
投稿者:メカゴジラ投稿日:2004-12-24 12:36:32
 
評価が極端に分かれる映画ですが、私は上質のホラーだと思います。

この映画は「何が起きているかわからない」という状況を、登場人物と一緒に体験するための映画であって、斜にかまえて第三者的に物語を眺める作品ではないと思います。全編、手持ちカメラの揺れる主観映像(私も映画館で酔いました)なのはまさにそのためでしょう。

直接的な描写もわかりやすい説明もないので「スカされた」と酷評されるのもわかりますが、どんな怪物やショックシーンが画面に出てくるよりも「暗闇に何かがいる」「何かがある」というときに人が頭に浮かべる想像の方が何十倍も恐いわけで、この「説明の排除」は実に効果的だと思います(まぁ想像力不足の方にはお気の毒ですが…。)。
同じフェイク・ドキュメンタリーの「食人族」みたいに、わかりやすく説明してくれる登場人物がいれば、もう少し評判よかったのかなとは思いますが。

ですから、観る側も本気で観ることが求められるかもしれません。
他のことをしながらチラチラ観るだけでは、間違いなくつまらないと思います。
お部屋で観る場合は、せめて電気を消して真っ暗にして、集中できる環境で
観ることをお薦めします。
投稿者:ハリー・ハウゼン投稿日:2004-10-12 01:00:11
地元の古い映画館が、この映画の上映を最後に潰れたのが忘れられない。
投稿者:どら3投稿日:2004-09-18 08:17:50
ツボにはまった...。
投稿者:さち投稿日:2004-08-11 10:12:39
良かった
投稿者:こうたん投稿日:2004-08-07 13:31:03
怖いって。映画館で見たけど、夢に見るくらいだった。たしかに見にくかったり、そんな状況下でまでビデオまわしちゃいます?みたいな突っ込みどころはあるけど。怖いねぇ。
投稿者:mibinamet投稿日:2004-07-29 18:43:12
昨日見ました。私は面白かったのですが、
みなさんの評価がこんなにも低いとは。。。

素人があんな形で山に入れば当然遭難しますよね。
あれは遭難した人間たちが、仲間割れ、空腹、いろいろ
な要素から、魔女が存在するかのような想像による恐怖に
囚われていってるんですよね。

で、実際に想像だけでは単なる遭難のお話にすぎないので、
魔女が本当にいるのか?と思わせる要素も入れてくるわけです。
積み石や枝、終盤の肉片?など。
でも、一切具体的なところは見せないで、こっちの想像力
をかきたてるだけです。本当に魔女がいるかは明らかに
なりませんでした。私は妙なリアリティを感じました。
エンディングが敢えてストーリー展開を無視して終わらせる
ところにも。(腑に落ちないなぁと最初は思いましたが)

だから、映像としてすごく怖かった!とか起承転結ですっきり!
というのはないですが、それだけに消えないもやもや感が
あり、それがすごく印象に残ってます。
投稿者:ゆゆ投稿日:2004-06-08 15:50:59
2年位前に見ました。
私、これは本当に森の中で発見されたフィルムだと思っていたので
めちゃくちゃ怖かったです。
(途中で「こんなのアリ?」って気づいたんですけどね)

ユラユラ映像のおかげで酔ってしまいました。
映画も気持ち悪かったけど、体調もかなり気持ち悪くて
なんだか友人と暗いムードになったのを記憶しています・・。
もう見ることはないでしょう。
投稿者:ヒッチ先生投稿日:2004-01-25 01:54:03
全国公開の映画にして1点台の評価。すごいですな。私は映画館で酔ってしまった。でもDVDは持っとる。こう言う訳わからんの集めるの好きなんでんでね!
投稿者:HOBO投稿日:2003-11-27 07:08:45
コメントを残す事自体汚らわしい史上最低最悪のゴミ。
投稿者:fulcrum投稿日:2003-11-12 09:27:46
山で道に迷うと、この映画みたいになる。それにしても登場人物たちの行動はひどいが。某洋画タイトルをちゃんと邦訳しようというサイトで本作は「話を聞かない男、地図を読めない女」と訳されていたが、まったくその通りでんなー。ていうか地図や磁石を捨てちゃうってどうよ。でもねー、山で道に迷うとこういうことってほんと起こるんですよ。こういうことする人が山で迷うというか。先日も青木ヶ原の樹海を歩いていたら、地図も磁石も持たずに奥深くに迷い込んだ年輩のご夫婦と会い、いい年なのに分別がない人っているなあと思った次第ですが。本作は、誰にでも起こる怖い話を、低予算を逆手にとってうまく緊張感を持たせながら見せてしまった、なかなかの傑作だと思います。オカルトを期待せずに山岳遭難映画だとか思って見ればおもしろいよ。「DQNたちは森に消えた」と邦題つけていいな。
投稿者:Nothing投稿日:2003-08-28 22:23:26
【ネタバレ注意】

確かに途中まではダラダラ感が否めず、恐怖感も無い。
ただ、3人の仲間割れが始まると事態は急変。
ただただ広い森のなかで、一気に緊張感が走りだす。その後はSF
チックな展開と暗闇の恐怖が襲う。ラストも後味が悪い。
夜、部屋を暗くしてみる事をおすすめします。

投稿者:ライオンちゃん投稿日:2003-08-16 10:46:34
監督自身も記者会見で
心に残るような大作ではないみたいな、
要は見る人の人生を変えるような映画じゃないみたいなこと言ってたし。
ストーリーは無いに等しいし、
話にいわゆる起承転結みたいな抑揚があるわけじゃないから
ぼーっと流し見してるとすんげぇつまんない映画かもしれないけど、
ぼくは割と感情移入出来ました。
確かに胸を張って「最高!」と言えるものではないけど、
見た後も何かひっかかって気になる映画でした。
投稿者:カズゥー投稿日:2003-06-23 12:30:32
この作品を見てからだいぶなるが、今でも思い出すと腹立たしい。何十年映画を見てきて、こんなにスカされたことはなかなかない。ある意味凄い映画なのかも。パクリモノも面白ければぜんぜんOKだけど、これはダメ。「ジャージー・デビル・プロジェクト」の方がまだいい。
投稿者:トレマー図投稿日:2003-04-17 00:39:15
2回は観れない・・・
投稿者:hiroko投稿日:2003-04-10 19:26:59
・・酔ってしまった。オエっ。。。
投稿者:4531731投稿日:2003-03-08 20:14:29
 ほんとにドキュメンタリーかと思わせるほど真に迫ってて良かった。結局一番怖いのは人間ということか。あのオチ。結局、最終的にみんなキちゃった。声が聞こえたり知らない間に〇ードゥー人形こさえたり仲間の〇〇を〇り取ったりするワケだから。やばい。キちゃった。完成度は高いが、風格でいうと「悪魔のいけにえ」にはかなわない。
 
投稿者:春夏秋冬投稿日:2002-10-16 18:39:07
これが怖いんでしょう?ていうか思いっきり「食人族」のパクリでは?
投稿者:rupan投稿日:2002-10-02 21:21:44
こっ怖くない・・・登場人物だけ怖がってどーする。お化けとか全然出てこないし・・・
それに何?あのラスト。ああなってその後どうなんの?こんな映画がマジでヒットしたのか疑わしい。
やっぱ映画は流行に流されて観てはいけないなっと思わせてくれた作品。
投稿者:starfucker投稿日:2002-10-01 19:28:01
別に実話じゃなくてもこの映画はイケてると思う。ていうかくだらんとか言ってる奴ってハナっから否定する気で観てんじゃねぇの?もしもこの映画が全然ヒットしないでB級コーナーとかに置いてあるやつだったら肯定派ももっといたと思う。
投稿者:バーバー投稿日:2002-08-08 23:37:03
アイデア自体は、それこそ『食人族』あたりと全く同じ。
撮影隊が行方不明になって彼らが撮影していたテープだけが発見される、という導入部から、ラストのカメラが倒れるところまで、『食人族』そのまんま。
でも、この映画の元ネタは、それよりも、この映画の直前に作られた『ジャージーデビル・プロジェクト』(『ブレア〜』のパチもんみたいな邦題だけど、作られたのは『ブレア〜』より先。日本に入ってきたのが『ブレア〜』よりも後だったがために、こんな邦題をつけられた)だと思います。もしかしたら、『ありふれた事件』かも?!それはないか。
何にしても、オリジナリティは限りなくゼロに近いですね。「これは実話…かも?!」といった宣伝方法もベタ、あまりにベタ。これなら、「人がライオンに食われる!!」でお馴染みの『グレート・ハンティング』の方が、まだマシ。
とにかく、この『ブレアウィッチ』、お金出して見るようなものじゃなかったですね。
投稿者:がお投稿日:2002-07-03 00:24:22
大のホラー好きだけど、これはまったく面白くなかった。途中で寝そうに
なってしまった。残念。劇場で観たの失敗。金がもったいなかった。
投稿者:黒いチュウリップ投稿日:2002-04-20 15:27:01
テブレ・ウオッチ・プロジェクト。。。失礼しました。
投稿者:eddie投稿日:2002-04-20 11:34:36
生理的にイヤ。まあ、そこがこういう映画の価値なのかもしれないが。あえて褒めるとすれば、アイデアの勝利。
それにしても「目を閉じるのが怖い」「目を開けてるのも怖い」なんて言ってたヘザーさんの、あのラストの積極的な行動は何なんだ? どうせなら最後まで騙し通してほしかった(?)。
投稿者:徘徊爺投稿日:2002-03-26 18:37:03
映画館じゃなくて助かった。
途中、ビデオを早送りして見終わった。
不快指数いっぱいで、気分が悪い。
投稿者:PB投稿日:2002-03-26 18:16:37
この映画が気に入らない人って、
おそらく映画をたくさん観ていて「一流」から「三流」までを知っている人だろうな。
自分の中の良い映画、悪い映画にカテゴライズすることができない映画だから気に入らないんでしょう。
この映画の良いところは今までの映画のようにホラーとしてのストーリーやカメラワーク、役者の演技、音楽などではなく、もちろん低予算で作ったこと(そんなことは観てる方にはどうでもいい)でもなく、
広告とアイデア、そして実際に映画として世に送り出したことです。
結果それが成功したことは否定できない。
投稿者:フルハウス投稿日:2002-02-10 14:10:22
・・は是非ご覧ください♪
私は劇場でみました。乗り物酔いするので、案の定酔いました。
観終わったあと、しばらく周りのひとと一緒に放心状態でした。
森の中に入り込んだ気分でした。

遊園地にある3Dサウンドホラーに近い怖さでした。
感覚に訴えてくる感じでした。

ですので
お部屋で鑑賞される場合は、出来れば電気を消して一人でご覧ください♪
怖さ倍増ですよ〜。

注:私は外国の山中で夜間に迷子になった経験があるので、あの下山の時のパニック状態を思い出したのかもしれません。だからよけいに怖く感じたのかもしれないです。本当に戻れてよかった〜

投稿者:カイルブロフロスキー投稿日:2002-02-05 02:15:20
俺は騙され上手さんだ。
だから、川口浩にも矢追純一にもアントニオ猪木にも何回でも騙されてあげた。
いちいち怒らない。
騙されて楽しむ。
(ツッコミでも可)

「ブレア」はアイデアがいい。
方法論として・・・
織田無道の心霊スペシャルより面白かったよ。
でも、マジになって
「やっぱ、昨日の心霊スペシャル、マジで怖かったよ!」
なんて言われるとリンダ困っちゃう・・・
投稿者:マリアンヌ投稿日:2002-01-25 03:24:50
 低予算にしては良く出来ていると思う。
賛否両論ではあるけど。人々は語るくらい
の話題性はある、ということですか@
投稿者:酒尽尽投稿日:2002-01-22 14:43:59
タイトルは冗談ですが、盗撮ビデオ風で、面白いと思いました。
投稿者:Ver投稿日:2001-10-21 06:27:22
このような記録映画的なものは劇場でみるものではないのでは?「ぼくの友人のボブが拾ってきたVなんだけど。」とか言って仲間とシャンパンパーティー開いて家でわいわい楽しむものだと思うんだけど。
良いとか、悪いとかのレベルではないよ。
ぼくは好きな作り方です。怖かったから。
投稿者:ひでと投稿日:2001-10-13 06:37:35
劇場に行ったくせに今更コメント描いてしまいます。
まあ完全に賛否が二分してしまうコノ映画。ホラー好きな僕としては
なかなか刺激があり印象的で個人的には好きですね。
それと、これは有名な話しなんですけど19世紀末のフランスで
映画がはじめて公開されたときのこと。汽車が徐々に迫って来る映像を
生まれて初めて観た観客はパニックになり逃げ出す客も続出したそうです。
絶賛ということではないのですが、21世紀になった今そんなエピソードを
思い出してしまった映画でした。
投稿者:デ・ニーロ投稿日:2001-09-21 16:40:08
マスコミに操られ、つい観てしまったがこれほどつまらないとは思わなかった。「低予算で凄い映画」ではなく「低予算で凄いくだらない映画」でしょう。これが怖いと言う人は、たぶん常にビクビクして生活してるんじゃないかと思う。どっかのサークルが、おふざけで作った映画を周りが「凄い、凄い」と持ち上げ、みんながそう言うもんだから、錯覚してるとしか思えない。続編なんて信じられない。
投稿者:kako投稿日:2001-09-01 11:07:08
ほんとに意見が二分な映画ですね。これはホラーっていってもかなり観る人の感性に訴えるからかな。人間の恐怖って実際目から入るおぞましい情景によるものと、わからないものに対するイマジネーションがつくりあげるものとが、あるのでは?
ブレがきつすぎて見にくかったのは確かですが、私は楽しめた映画のひとつです。
投稿者:けん投稿日:2001-08-31 20:30:49
こんなに低予算なのにここまで恐くできるとは、でも自分は、
そんなに恐くわなかったのだが、母親が見たらめちゃくちゃ恐かった
って言ってたべ。
投稿者:zula投稿日:2001-08-18 05:19:50
mienaitoko ga kowai!kowai!ano obasan moGekikowai.
投稿者:かねごん投稿日:2001-07-24 23:15:56
今までたくさんの映画を(ホラーも含めて)見てきましたが、
これだけ怖かった映画は初めてです。

ホラー映画は、一般に受け入れられにくいジャンルだと
思いますが、いちファンとして満点をあげたい作品です。

いろいろな映画を楽しむことができる感性を持った事に
感謝します。
投稿者:ヒロユキ投稿日:2001-06-23 19:13:33
まったく怖くなかった。何が怖いのかがわからない。俺が劇場じゃなくてレンタルビデオで見たせいか?いや、怖いものはいつどんなところで見ても怖い。神経を逆なでするような映像とかは、ま〜いいと思うけど、う〜ん、俺はこの映画は、最低ランクに入る。低予算ではこんなもんか〜。
投稿者:Y投稿日:2001-06-15 06:20:14
まず絶対言いたいことは、「続きを必ず作って欲しい」。事実作られましたが。
ともかく、ラストでバーッと盛り上がるのは従来のホラー映画の枠を全く抜けてませんね。ともかく、続きを見ようと思います。最後のシーンが気になるので。
あのへザーは最初は仕切っておきながら、最後の方ではなんてザマだ。
ギャーギャーうるさいのは参りました。お前が全部悪いんじゃないか。
投稿者:shou投稿日:2001-05-31 14:58:04
あまりの下らなさに震撼
投稿者:ねこもこ投稿日:2001-05-12 00:21:48
なんにも、知らないまま観たら怖かったー。本当にドキュメンタリーだと思って観てた・・。その後ココにきたら、違ったらしい。知らないまま観て良かった。
投稿者:まさ投稿日:2001-04-28 22:11:32
怖いと聞いていたがまったく怖くない。っていうか、手ぶれで具合悪い。
演技サイテー。何度寝てしまおうと思ったことか。
投稿者:ゆうじ投稿日:2001-04-12 21:57:24
偽ドキュメンタリーをハンディービデオを使うことによって現実味を出したり、宣伝にインターネットを利用したりと、色々な面で斬新なアイディアを使った作品というイメージがある(もちろん、過去に同様の手法をとった映画はあるのだろうが)。

アイディア85点、その他(ストーリー、俳優の演技等々)は0点という感じ。もうちょっと、物語を何とかできなかったかね・・・。
投稿者:MIKO投稿日:2001-03-12 23:48:21
そうそうビデオ屋行くとこの映画のパクリ者が4本ぐらいある。ニュージャージーデビルなんとかとかなんやらかんやら似たようなパッケージだらけ。そういえばこれより先に製作してたとかこっちが元祖だという話もあります。名前忘れたけど。
ちなみに実は私、ブレアウィッチも観てません。すいません。
投稿者:本因坊投稿日:2001-03-03 20:44:52
ホラー映画は基本的に見ないんだけど話題になってたので一応見た。
これって低予算で作られたから話題になっただけで、そうじゃなければ
三流映画で話題にもならずに日本でも公開されなかったんじゃないの?
それとも低予算うんぬん関係なしにホラー映画として一流なんだろうか。
唯一恐かった場面としては最後のシーンで、今でもヘザーの叫び声が
印象的ではあるけども。。。
投稿者:みつ投稿日:2001-02-16 04:43:07
俺はホラー嫌いだけど、一応どんな映画でも観てみたいってタイプで一応話題になったから昨日ビデオで観たんだけど、やっぱ好きになれなかったなあ〜。
ホラー映画の良さわかんないからこのへんでコメント終了しますね^−^;;
投稿者:映画は映画館で投稿日:2001-01-12 19:48:50
この映画を輸入した配給会社に言いたい。「映画は金儲けだけの道具なのか!」と。1999年の秋にアメリカで観た時、その頃日本では、この映画がアメリカで大変なブームになっていると伝えられていたけど、素直に感情を表現するアメリカの観客でさえ、叫び声一つあげることなく、「何、これ?」って感じでしらけていた。あまりにつまらないので、まさか日本では上映できないだろうと思っていたら、入ってきちゃった。確かに話題性だけはあるけど、これでお金取ったらまずいでしょ。儲かるけど、映画に携わる者として、こういう映画は配給しないという信念がないのかな?
投稿者:ディオ投稿日:2000-12-25 16:07:55
みなさんいろいろな意見があるようですね。
意見が割れるのは当然だと思います。

・・・ちなみに私の場合は、何の予備知識も持たずに、
みたので、"え!!"これは映画なの?本物のドキュメンタリー
じゃないのという感じを強く受けました。
一緒にみていたかみさんに、「これって実話?」って聞いて
しまったくらい...
最初から最後まで答えが用意されていない分、想像力に頼るしか
ない分、恐怖心があおられるのでは?と思います。
この映画の評価90点
投稿者:きくぼー投稿日:2000-11-29 00:33:38
少なくとも「食人族」よりはよくできていた(って、比較するのが間違いか・・)
自分的には70点くらいかな?
予備知識なしで、「本当にドキュメンタリーかも!?」と思って
観ることができたら、きっと100点だったに違いない。残念。http://home2.highway.ne.jp/kkchi/
投稿者:ハリーおじさん投稿日:2000-11-06 22:34:17
ちゃんと映画作れよなぁ!

2000年新春にパート2が日本でも公開されるらしい。
今度はちゃんと映画を作っていて欲しいですな。
投稿者:きーちゃん投稿日:2000-10-28 03:47:26
みたのだけれど、そうですねえ、ハロウィンの一作目のような印象を受けました。見えないものの怖さを表現するって最近の映画にないから新鮮でした。あまり何でもかんでも映像化すると恐くなくなっちゃうからね(ホーンティングみたいに)
投稿者:山さん投稿日:2000-10-23 02:39:10
この映画は、かなりいい線いってるだろー!。アイデアはいいし、超低予算だし、あの最後の終わり方も意味深で非常に良かったと思うぜ。この映画を嫌いな奴って単なるホラー嫌いか、驚きと怖さを混同してる奴なんじゃねーの。例えば、スクリームなんてそれの典型的だろ。(あれはホラーじゃないけど)あれはびっくりする映画で、ブレア・・・は心理的に恐怖を誘う映画なんだよっ。でも次回作以降は期待できないよな。ほんとに魔女はいたの!!って含みを残すからおもしろいのであって、実は誰々が生きてて・・・とか、実は友達が恨みを持ってて・・・なんてつまんないからなー。かなり脚本にちから入れないと、おもしろい!って言ってた人も興ざめすると思うから頑張ってほしいよな―・・・。
投稿者:ユマ投稿日:2000-10-16 20:56:58
なんかあたしはこの映画全然理解ってゆうかつまんなかったから、他の人はどう思ってるのかとこのページを見てたらなんか争っててウケタ!!三部作らしいけど2の予告をこの間ロスで見たんだけど怖そうだった。とにかく人それぞれって感じですね。
投稿者:kino投稿日:2000-09-13 14:10:55
好みの問題もありますが、私の場合は見る前はすごく期待をしていましたが、いざ見てみると商売上手だなと思ってしまいました。
うまくプロモーションしてるから話題になるのかなとは思いました。
恐怖は感じませんでしたが、不気味な雰囲気は感じましたね。
ここら辺りに個人差があって、「怖い」というのも人それぞれで評価も違ってくるんでしょうね。
基本的に私の場合はハッピーエンド型、すっきり完結型が好みなのでその点では気持ち悪い終わり方でした。
勝手な独り言ですいません。
投稿者:ぴかりん投稿日:2000-09-12 10:16:58
自分が彼らと同じ立場だったら、本当に嫌だなぁと思いました。
どうしてこんな所に来ちゃったんだろうって、大後悔しまくりでしょう…。
本当にこんなビデオテープが残っていたなんて、考えただけでもゾッと
します。(汗)

ビデオで観たのですが、画面がぶれていて、少し酔ってしまいました。(笑)
投稿者:Lee投稿日:2000-08-20 11:35:17
 ずいぶんと盛りあがっていますね。
 ところで――いきなり話を変えてすみません――ちょっと古い映画ですけど、ロバート・ワイズの「たたり」って怖いと思いませんか? スクリーンに映し出されるのは、幽霊が騒ぎ立てる音と、それににおびえる人間の姿だけ。かんじんの幽霊自体はただの1秒も登場しません(……でしたよね。記憶違いだったらゴメンなさい)。
 だけど……というか、だからこそ怖い。もの凄く。そして私は怖さを超えた感動を覚えました。
 ――いちばん怖いものを見せないことが、いちばん怖い――
 私が「たたり」に感動したのは、この発想があまりにも大胆だったから。そう、大胆さに感動したのです。
「たたり」以来、恐怖に対する考え方が変わりました。
 この映画は「たたり」に似ていますね。
 つまりは、目で見たものよりも、頭で想像したものの方がはるかに恐ろしいってことです。この一点をとことん突き詰めようとした実験の結果が「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」という一本の映画になったのではないでしょうか。
 ……すみません。近所の店で4,700円のDVDを1,980円で売っていたもんですから、つい買っちゃって、そしたら何か言いたくなっちゃって……。
 どうぞ、私のことは忘れて議論を続けてください。
投稿者:hs0077投稿日:2000-08-11 13:51:55
この作品はまだ見ていないけど、これだけ反響があるならちょっと見てみようかな
と思う。まぁこの映画のことはさておき、まなみさんに関して私はとても感心して
います。選択する作品も長文のコメント内容もちゃんとしています。一本筋の通った方だと思えます。
投稿者:通りすがりの者投稿日:2000-08-11 07:49:54
あんたらみっともないぜ
この件は終わりにしよ〜ぜ
投稿者:Noizy Radio投稿日:2000-08-10 15:21:58
ガキみたいに「あれをパクった、これをパクった!」って、了見がせまい。
どんな映画でも、こんな見方してんのかね?
第一、この映画なんて推理小説でも、ドラマでも無いじゃん。
かつてゴダールが「もう全ての映像表現は、撮り尽くされた」って言った様に、もう全ての作品が、他の作品の影響を抜きにしては語れない以上、それを踏まえた上で語るのが流儀ってもんじゃあ無いの?
こういうカキコは、ネタバレって言って、一番嫌われるパターンだぜ。
↓の女(だか、男だか知らんけどね)
投稿者:MASAS投稿日:2000-08-01 00:51:56
なんか駄作的な意見が多い中、認めている人も多く安心しました。
この作品は映画以外にもブレアウイッチのエピソード本など多数出品されていますよね? 一通り目を通し色んな想像力を膨らますとぉもろいですよ・・きっと・・
投稿者:タクヤ投稿日:2000-07-29 18:26:12
アイデアは良かった。
その他はクソ。
つまんなかったなあ。やりたい事がみえみえっていうか。
恐くないし。
投稿者:ポネット投稿日:2000-07-27 23:28:25
この映画は最初から〔怖い!今までになかった怖さ!〕ってな感じで、かなり私も注目していたんだけど、結局映画館では見れなかったんだよね。
んで、レンタルが始まって、いっつも貸し出し中だったけどやっとあって、わくわくしながら見たわけ。私の感想...「けっ!」っと思わず言ってしまった。
何がいったい怖いのか?背筋も凍るようなやつだと思ったのに。
エクソシストとかサイコのほうがよっぽど怖いと思う。
制作費が確か、300万〜400万円に対して、かなりの観客がはいったから儲かったろが、なぜ口コミでここまで人気が出たんだろう?おもしろいと思った人に聞くが、いったいどこでなにが怖かった?面白かった??引き付けられた〜???
投稿者:TAMA投稿日:2000-07-27 18:46:58
皆さんには不評みたいだけど、俺はこの映画かなりHITです。
ラストシーンなんて「セブン」ぐらい、来てると思うんだけど。
投稿者:annie投稿日:2000-07-26 15:37:53
映画だからどうとか、フィクションだからどうとか、頭の中で理屈をこねながら観るから、感性の方が鈍くなっちゃってんじゃあないの?
この映画は、作品名“ブレア・ウィッチ・プロジェクト”では無く“ブレア・ウィッチ”という“プロジェクト”に関するドキュメンタリー(として作られたフィクション)でしょ?
だとしたら、映る物をどう感じるかって事を、大事にした方が良いんじゃあ無いのかな。
三人の“現代的な下世話感”と言い、身勝手なぶつかり合いと言い、心理的にパニックになって行く過程と言い、感じる作品としては面白かったと思います。
演技が下手とか言うカキコもあったけど、この作品に関しては論点にすべきじゃあ無いでしょう。より“素”の状態にしようと思ったら、演技からは自然と遠ざかる(べき)物だろうしね。

正直、良く出来てると思います。人間の感情と、無謀さが恐かった。http://www.ne.jp/asahi/annies-box/the-love/
投稿者:あきら投稿日:2000-07-24 00:22:14
この映画を楽しめた人がいるとすれば、ちょいとヘンだなぁ。
明らかにつまらない映画ですわ。つまらん映画に理屈をつけても
始まらん。駄作は駄作。闇に葬りましょう。
投稿者:丸和太郎投稿日:2000-07-15 19:38:46
 よく最後がわからないと言う意見がありましたが、あれはその昔殺人鬼についての話が住人の主人公たちによるインタビューがありましたよね。その会話の中で殺人鬼は子供たちをさらい、映画の最終場面の森のボロ家に連れて行き、一人一人虐殺したといいます。たしかそこで殺人鬼が手にかけている子供以外の子供らは、その残虐な行為を見まいと、壁の隅に寄っていたとの話ではなかったでしょうか。そうなると、最後に隅にいた彼は彼女の死に際を見まいとの行為で、話に繋がりが見えてこないでしょうか?もちろん彼の意識は既にないと思いますけど。
投稿者:丸和太郎投稿日:2000-07-15 19:25:59
私の中では怖いほうでしたけど、皆さんはそうでもなさそうですね。この映画は仮想現実性の色が濃いのだと思います。つまり森には本当に三人しかいないような錯覚に陥るんですよ。一般的な映画にはカメラマンが必要なわけですが、この作品にはカメラマンがあたかもいないように感じられます。つまりこれがノンフィクションだと言っても疑える余地がないのですよ。これは映画界で革命的だと思ったのですが、全然反響がありませんね。残念です。
投稿者:takeswi投稿日:2000-07-14 03:18:52
お金と時間を返して欲しい。
ただそれだけです。
投稿者:KAZOO投稿日:2000-07-07 13:00:33
そもそも、映画を見る前に少し情報を入れておかないとよくわからない、
というコンセプトがむかつく(といいつつ1800円払ってみた私)。
映画というのはフラっと入ってフラっとみてめっちゃ感動!という物だろう!
代表者出て来い!!あの女は私でもイラツクゾ!
手ブレがひどくて映画館の男子トイレは使用禁止になってたぞ!(実話)
っていうか、ブレンビー使えよ!!
みたいな感じ。

でも、「親指スターウォーズ/親指タイタニック」のこの映画版が出来るらしい。
それだけは、楽しみ!http://www5a.biglobe.ne.jp/~kazoo/
投稿者:もっち投稿日:2000-06-25 20:28:33
なんかこの映画、ここのHPのトップにもあるけど(今はちょっとシーンが変わっちゃったけど)、女の子の目があるじゃないですか!あれ見て、いっつも超コエーとか思ってたんですけど、なーーんかクソつまんない!!最初のほうはいつ誰が殺されるのか怖かったですが、何アレ最後!おいおいおいおい、おい。オチがないっつーか、拍子抜けでございました。あ〜あ、でも怖かった。(気分悪い)
投稿者:NICK投稿日:2000-06-22 19:19:31
手ぶれで気持ち悪くなっちゃいました。最後の所だけ恐かった。
子供は部屋の四隅で、真ん中で殺される子を見ないために後ろ向きにされるんでしたよね?
ってことはあの最後の瞬間・・・・・
きゃー。
もらった券で見てよかった。お金を払う気にはなれないね。
投稿者:投稿日:2000-06-20 09:16:26
お〜〜〜〜〜い なんじゃこれ わけわかんね〜
マニアックすぎるぞ ダークな雰囲気はかからんでもないが、
ってこれフィクションだよな?
投稿者:Qたろう投稿日:2000-06-18 16:27:32
この映画を見て疲れました。
面白くなかった。
金返せ。
投稿者:シャーク投稿日:2000-06-01 21:46:34
友人に聞いていたより、怖くなかった作品でした。
ラストのシーンは何が起きたのかよくわからずじまいで・・・。
投稿者:haru投稿日:2000-05-31 02:06:29
駄作の一言に尽きます。
アイデアは良かったとは思いますが(と言っても誰も思い付かないようなものではない)。
ドキュメンタリーというよりはモキュメンタリーの様相を呈していましたが。
俳優陣も最低。全くの無名で演技力も素人の域を出ていません
主演のへザー・ドナヒューは某アカデミー賞前哨戦で、最低女優に選出されたぐらいですからね。
まあ、作品としては失敗でも、メディアとしては成功した様ですから(観光客増えたみたいですし)。
配給側としては満足なのでは。
投稿者:てつや投稿日:2000-05-25 00:48:39
これは、「映画」という範疇で見て良いものか、ちょっと解からなかった。
でも、感触というか、肌触りは嫌いな感じじゃなかったけど。
「恐怖」は味わいました。
投稿者:Kanchi投稿日:2000-05-24 01:00:47
 話題性だけの映画だと思っていたが、意外と怖くて良かったと思います。ドキュメンタリー風の映像や俳優が本気で怯えている様子がうまくマッチしていて低予算を感じさせない作りで最後まで見ることが出来た。
 最近は、特殊メイクやVFXを多用した作品が多い中、この作品はドキュメント風映像、得体の知れない恐怖で極限まであおる演出が見事だったと思う。
 
投稿者:iceman投稿日:2000-05-12 03:31:49
このやりかたって、客は入ったけど数年たつとどうしょもなくなる悪名高きスナッフみたいなもんだとおもうんですけど。なんかあおりかたもそれっぽかったし・・・。明らかなエクスプライテーション!!そのへんわかってるからビデオ化もやけに早い。ジョー・ダマトもびっくり!!
投稿者:くみ投稿日:2000-04-23 00:07:36
この映画を見た4人中、私だけが怖がっていました。
こわかった・・・すごく。
最後のマイクの後姿、いつまでも頭に残ります。
これは、どれだけこの映画の中に入り込めるかと、想像力によると思う。
確かに、なぜそうするの?と、思うところはあったけど、
そこは気にせず見てほしい。



投稿者:bananan投稿日:2000-02-26 02:37:18
制作費○○億円とかの派手な映画ばかり目立つアメリカだからこそ
人気が出たんじゃないかな?
期待しすぎたぶん、ラストなんかも拍子抜け。
でも、けっこうシンクロしやすい質なので、
リアルなところ(朝起きたら蒔きが置いてあったり)はゾーっとした。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ ユース賞(海外作品)ダニエル・マイリック 
  エドゥアルド・サンチェス 
■ 新人作品賞(50万ドル以下) 
□ ワースト作品賞 
 ■ ワースト主演女優賞ヘザー・ドナヒュー 
□ アクション・シーン賞 最終シーン
【ニュース】
全米興行成績、イーストウッド監督「ハドソン川の奇跡」がV2 2016/09/19
アダム・ウィンガード監督「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」続編「ブレア・ウィッチ」、最新予告編2016/08/26
アダム・ウィンガード監督「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」続編「Blair Witch」、予告編2016/07/25
「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」監督最新ホラー「Exists」、予告編2014/08/26
オムニバス・ホラー第2弾「V/H/S 2」、最新予告編2013/05/22
オムニバス・ホラー「V/H/S」の続編「V/H/S 2」、レッドバンド・トレーラー2013/05/16
オムニバス・ホラー「V/H/S」の続編「S-VHS」、ティーザー・トレーラー2013/01/17
「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」監督ホラー「Lovely Molly」、予告編2012/03/30
「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」監督ホラー「Lovely Molly」、ティーザー・トレーラー2011/09/13
米ホラー専門サイトおすすめ キャンプで観たいホラー映画トップ102009/06/10
「ソウ」が盗作で訴えられる?2007/03/01
ジョージ・A・ロメロ監督、ゾンビシリーズ最新作が決定2006/08/25
Total Film 誌がホラー映画ベスト50を発表2005/10/11
“最恐”シーンに「シャイニング」のJ・ニコルソン2003/10/27
「ブレア・ウィッチ」、第3弾が始動?2003/01/20
全米興行成績 「レッド・ドラゴン」が1位!2002/10/07
【レンタル】
 【DVD】ブレア・ウィッチ・プロジェクト デラックス版レンタル有り
 【VIDEO】ブレア・ウィッチ・プロジェクトレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION