allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

エクスカリバー 聖剣伝説(1998)

MERLIN

メディアTVM
上映時間120分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開
ジャンルSF/ファンタジー
価格:¥ 5,280
USED価格:¥ 4,500
amazon.co.jpへ

【解説】
 世界的に有名なアーサー王伝説を、SFXをふんだんに盛り込みながら新解釈で描いたファンタジー・アドベンチャー。聖剣エクスカリバーを持つことを許され、若きイングランドの王となったアーサーは帝国の平定に乗り出した。彼は魔術師マーリンの力を借り、次々と難題に挑み、暗黒の魔力を操る邪悪な女王や強大なドラゴンなどを聖剣エクスカリバーでなぎ倒してゆくのだった。豪華スターの競演が見どころ。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
215 7.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2008-01-04 19:13:26
【ネタバレ注意】

キングアーサーの方がファンタジーで、妖精やらドラゴン、魔法は使いまくりの本作がシビアなドラマになってるっーのが何とも。

いやーラストの魔法は泣けます。
確かにアーサーは良い男だが、まぁ聖剣を抜く以外には、たいした事は成してません。(勿論、邪悪な女王やドラゴンを倒すなんて事は出来ません…ラストの戦争で聖剣をわが子に振るうくらい)〜真に偉大なのは次の王で、湖の精は解っていた…のだが人間は思い込みで間違いを犯すもの。

結果、ランスロットは美しい王妃と不倫し、バレない筈の情事が実況中継された彼の妻は自ら命を絶ち、魔法でヘレナ・ボナム=カーター化した自らの母の子供(父親違いの姉…それがつまり敵国の王が父親の姿に変身してアーサーが出来た…って事なのだが)との間違いで出来た子供(アーサーの息子)が乗り込んできて、アーサーは法遵守の立場から王妃を火あぶりに…が、本心助けたい…って所でマーリンの風雨…が、王妃を攫うランスロットってコイツは一体何なんだ?〜妻が美しくなってやり直しかよ。

マーリンは原題がMERLINである様に本作の主役です。
精霊の女王が信者の女に産ませた子供。この女王が実に邪悪な策謀家で、残忍。マーリンは彼女の元で魔法を身に付けるのだが、マーリン出産で命を落とした母の代わりたる女性が殺戮され、女王を倒す以外に魔法は使わないと誓うマーリンに魔力開眼のきっかけとなった彼の愛するニムエを使って…ドラゴンの炎で大やけどを負った彼女…でもマーリンの愛に変わりはないです。ただ、アーサーやら国の平和の為に駆けずり回る彼は殆ど彼女はほったらかし状態です。聖杯探しからアーサーが戻った所でニムエがマヴ(邪悪な女王)の願いを入れて、マーリンと2人の余生…ところが、ラストの戦争でアーサーが死にゆこうって所でマーリンが出かけます〜が、洞穴が塞がれて…

この物語は年老いたマーリンの講談で、語り終えた彼は子供達に質問されたり…そこで非情に殺戮されたモルガン(アーサーの姉)を愛した故に普通の人間にされたマヴの従者(彼も年老いてる)と出会い、ラストのラブ・ファンタジーで幕を引く。結構な物語〜今までコメント1つは勿体無いかもですね。

投稿者:ブルマ大帝投稿日:2004-08-19 15:54:00
【ネタバレ注意】

解説、全ッ然違うじゃん!この映画のアーサーはドラゴン倒したりしてない!
これは原題どーり、サム・ニール扮する、魔術師「マーリン」の一生を描いた史劇。正しい解説は、

キリスト教の影響で、人々が精霊信仰を忘れ、精霊が消滅するのを恐れた、精霊の女王マブが、戦乱に荒れる民衆を静めて、精霊信仰を守るために、人間の女に魔力ではらませて産まれたのが、マーリンだった。しかし、冷酷な絶対統治者を望んだマブを、嫌ったマーリンは、自分の考えで英国王を決めようとする。マブもそんなマーリンを嫌い、策略をめぐらすのだった…。

ってトコだが、とてもブラックな展開が観られて、かなり観ごたえがある。ちっともダレずに最後まで面白く観入ってしまった。CGもキレイで、幻想表現もかなりグー。これはマーリン視点だが、絶対に観てソンはしないぐらい充実してて面白い「聖剣伝説」。

↓こっからは観るつもりない人のための超超ネタバレのシビアな大スジ。気になった人は読まずに、ぜひ観てほしい。マジで観て後悔はしない。


マーリンが、聖剣エクスカリバーを、マブの姉、湖の精霊から授かって、一度はルトガー・ハウアー扮する暴君をマーリン自身が聖剣で倒す。しかし、その後、マーリンが味方した側の王が、家臣の妻に惚れて、「国なんかどうでもいいから彼女を抱きたい」とぬかしたので、マーリンは失望して、聖剣を岩の精霊に突き刺して守ってもらうよう頼む。そして自らの予見で、計画的に、善の統治者を誕生させるため、王の顔を魔術で変え、その家臣の妻を欺き、抱かせて、後のアーサーをはらませさせる。その後、マブも負けじと、マーリンが成人したアーサーに聖剣を抜かせて、キャメロットに国をつくらせてる間に、アーサーを騙し、その母の元々のつれ子モーガン(義姉)と情事させ、自身のための王、モードレッドを生ませる。そして、マーリンは、アーサーがキリストの聖杯を探しに行ってる間、王位の守り役として、湖の精霊のお告げを聞き、遠方の地ジョイアスガードから、妻子あるランスロットをスカウトしてくる。マブは、マーリンの目を盗み、アーサーの妻、グィネビアとランスロットを不倫させる。そして、イヂワルにも、ランスロットの妻に情事の様を見せて、失意の底から死に追いやり、ランスロットを国から離す。何も知らないアーサーは帰ってきて、訪れてきた初対面の息子、モードレッドから、妻の不倫を暴露され、法に従い、やむなく妻を火あぶりの刑に処す。しかしマーリンが雷雨を呼び火を消し、又、ランスロットが駆けつけ、グィネビアをさらってカケオチしていく。法を犯して、マーリンに妻を救わせようとした、と、モードレッドは大義名分を得て、アーサーに宣戦布告し、国を乗っ取ろうとする。そんな中、マブのけしかけたドラゴンのブレスによって顔を火傷し、隠遁生活してたマーリンの恋人、ニムエ(ロッセリーニ)が、マーリンを精霊の国で一緒に暮らすよう呼び出す(ドラゴンを倒したのはマーリン!)。しかし、それも火傷を治す代わりに、とニムエにやらせたマブの、マーリンをアーサーから引き離すための策略だった。術中にはまったマーリンだが、兵達の悲鳴を聞き、また、恋人の後押しもあり、やはり王の元に駆けてゆく(しかし精霊の国の入り口は閉じ、恋人に2度とあえなくなってしまった)。マーリンが駆けつけると既にアーサー王は、モードレッドと相打ちの末、瀕死になっていて、マーリンの目の前で死ぬ。失意のマーリンはエクスカリバーを湖の精霊に返した。そして精霊に、お告げは間違いだったと責めると、精霊は、前に告げたのは、ランスロットじゃなくて、その息子ガラハッドだったと、今さらながら告げる(マーリンが半分人間だったゆえの過ち)。結局、ガラハッドが英国を統一し、マブや精霊達も人々に忘れ去られて消滅してしまった。マーリンはその後、語り部として物乞いをしていたが、マブのかつての従者、人間にされてしまったフリック(ショート)から、マブの魔力が消えたため、ニムエの所へ行けるようになったと聞かされる。マーリンは、よぼよぼになった身を引きずり、恋人の元へ走る。そして、自分達を、最後の魔法で若返らせると(外見だけ)、魔力を封印し、二人で余生を送ることにしたのだった。

サム・ニールの演技派な良さがわかる傑作!ミランダ・リチャードソンの精霊女王も、キャラ、衣装共に、ゴシックで怖いキレイ美があって好き(なにげにカワイソウなトコもあるのだ)。彼女の出現する仕方が、毎回、スバらしく怪しカッコイイとこも必見。監督も「コーンヘッズ」で、コメディながらも特撮センスが抜群によかっただけあって、それが上手く生きてる。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作品賞(TVムービー/ミニシリーズ) 
【レンタル】
 【DVD】エクスカリバー 聖剣伝説 ノーカット完全版レンタル有り
 【DVD】エクスカリバー 聖剣伝説レンタル有り
 【VIDEO】エクスカリバー 聖剣伝説レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION