allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ダブル・ジョパディー(1999)

DOUBLE JEOPARDY

メディア映画
上映時間105分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(Par=UIP)
初公開年月2000/03/04
ジャンルサスペンス
ダブル・ジョパディー [DVD]
参考価格:¥ 1,543
価格:¥ 1,390
USED価格:¥ 1,777
amazon.co.jpへ

 Photos
ダブル・ジョパディー

【解説】
 身に覚えの無い夫殺しの罪で投獄されてしまったヒロインのリビー。実は死んだはずの夫は生きており、彼女は罠にはめられていたのだ。彼女は保護監察官のトラヴィスと共に、愛する息子を取り戻すべく夫への反撃を開始する。切り札は「同じ人間を2度殺す事はできない」という法律の落とし穴“ダブル・ジョパディー“だ。当初予定されていたジョディ・フォスターに代わってヒロイン役に起用された、アシュレイ・ジャッドの好演が光る。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
973 8.11
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:uptail投稿日:2012-12-05 11:10:19
演出:8
演技:7
脚本:8
音響:7
投稿者:nabeさん投稿日:2010-11-28 00:45:06
夫殺しの無実の罪をきせられて服役した妻の復讐物語。妻役のアシュレイ・ジャッドが執念深い演技を魅せる。
だが物語は次第に夫への復讐劇というよりも、6年間離れ離れになっていた息子を取り戻す母親の執念が主体になってくる。確かに息子逢いたさに保護観察官から逃げる気持ちは分からないでもないが、ここがこの映画の弱点になっているのは残念だ。夫を殺したいのか息子に逢いたいのか、どちらかに絞った方がよりサスペンスとしては盛り上がったのではないだろうか。
途中でドレスアップするA・ジャッドが実に魅力的。執念深い妻役は当初予定されていたジョディ・フォスターの方が適役だったかもしれない。
投稿者:ジーナ投稿日:2008-06-08 16:52:52
【ネタバレ注意】

「ダブルジョパディー」という法律に着目した点が面白い作品ですね。

旦那の計画がどういったモノだったのかなども明かしてくれれば作品の質も上がったと思います。
そういった点で現実味が伴わなかったのが残念ですね。
ラストもグズグズだったし(汗)

復讐と母性という正反対の顔を見事に見せてくれたアシュレイ・ジャッドは素晴らしかったです。
頭と身体の両方を使ってピンチを乗り越えていく展開は、スカッとします。
それまでセレブ妻だっただけの女がこんなに強く逞しくなれるのかってトコロにも現実味がありませんが(爆)
戦うアシュレイにしかり、追うトミー・リーにしかり、キャスティングは各々の役柄のスペシャリストが揃ったという印象。
よって安定感は凄まじいですが、新鮮味がありません(爆)

細かいことを気にしなければ楽しめます♪・・・と言いたいところですが、サスペンスで細かいトコロを気にしないってどうなんだろ(笑)

投稿者:ひつじめえめえ投稿日:2007-12-07 12:11:50
【ネタバレ注意】

出所したからっていきなり訪ねていくわけないよなあ。事務所に忍び込むにしたって、自分が犯罪者ならばせめて手袋くらいするでしょうに。
ミステリーをなめた作品ですね。

でも最後まで見てしまうのが人間の弱さだ。ぐぬう。

主演女優のたれ気味のお尻がやけに気になった。

投稿者:ロビーJ投稿日:2007-08-09 18:29:56
テレビでやっていた時に鑑賞した作品です。元々アシュレイ・ジャッドは好きな女優なので結構期待して見ました。まぁ感想は思っていた以上の作品ではなかったけど、普通に、それなりに楽しむことは出来ました。
サスペンスとして、なかなかの出来ですが、イマイチな点も少なくはないです。でも、アシュレイの美しさと演技力はやっぱり良いし、トミー・リー・ジョーンズまで出てくれているので、私的には彼らの登場だけで満足だったとも思います。
なので暇つぶしに観る程度の感覚なら楽しめると思いますよ!
投稿者:terramycin投稿日:2007-03-11 12:44:14
殺人の罪を認めて服役の期間が6年(+保護観察)というのはちょっと理解できない。
州によって違うとはいっても、軽すぎやしないかと思う。
作品中でこの理由が明確に語られていなかったように思う。

そもそも、死体があがっていないのに、状況証拠だけで殺人扱いされてしまっているのも理解に苦しむ。

映画自体も刑務所にいた期間が分かりづらい。何年もいたようには感じないほどに、出所してしまっているような、あっさりしすぎている描き方であった。

全体の印象としても、ネタは面白いが、全てにおいて浅い作りという印象を受けた。
投稿者:ふじこ投稿日:2005-09-04 10:24:47
もっと緊迫したサスペンスものかと思って観たのがそれ程じゃなかったので、ちと残念だった。意外性がなかった。
でもアシュレイは綺麗ね・・。あれならついつい逃亡も助けてあげようという気になっちまうだろうなって思った。
投稿者:JES投稿日:2004-02-01 20:28:58
 人間味あふれるドラマが大得意のベレスフォード監督が本格サスペンス?え?という感じで観た。女性心理を表現するのが巧いので、本作でも母親として子供を愛する感情というものが前面に押し出され、特にラストシーンなどではちょっとした感動ドラマになっていた。ただメインのサスペンスドラマのほうはやっぱぎこちない感じですね。
投稿者:長春投稿日:2003-06-19 11:56:05
【ネタバレ注意】

アクションにも必然性があり、なかなかよくできていると思った。子供を引き取った女の社会保障番号からその行方を捜したり、絵を売った画商から行方を捜したり、そのへんも面白かった。トミー・リー・ジョーンズがヒロインの車が出れないように駐車した自動車を、ヒロインが自動車で押しのけ、追跡不能になるまで破壊して、逃げ出すのも、必死な状況を表現し、面白かった。船から泳いで逃げ出すのが納得できるのは、刑務所で必死のトレーニングがあったからだと思った。

投稿者:EARCANDY投稿日:2002-03-07 02:47:07
タイトルの法律用語を知っていれば主人公が投獄された時点で結末は見えてしまったはず。トミー・リー・ジョーンズは手抜き丸出しの演技で目も当てられないし、アシュレイ・ジャッドも彼女の才能の2%位しか使っていなかった。とにかく全てが手抜き。
投稿者:dadada投稿日:2001-11-19 22:45:54
晩酌をしながら、何か映画を観ましょう...何時にも増して、何にも考えたくないからなぁ...と、未見のビデオを何本もとっかえひっかえ。冒頭、5分くらい観ては、これはノレない...これもダメ...結局、こんな時にたどり着くのはハリウッド大手の映画。とりあえず、掴みは巧いから何となく観始めてしまう。この映画もそんな一本だった。
まあ、終わってみればTVの“○○サスペンス劇場”的なんだけど、それなりに...。もう一つ華のない出演者陣(アシュレイ・ジャッドは好きだけど...)とか、「屋内はセットで撮りました」と一目で分かる質感というか重さのない映像とか、事件の真相に対する緊張感をわざわざ排除しているかのような展開とか、結局のところ“ダブル・ジョパディー”ワン・アイデアだけの中味とか...詰まっているものが少なくて、ながら観するにはちょうど良し。
投稿者:ゆうじ投稿日:2001-08-09 13:01:56
無実の女性が追手から逃げ回る姿は、まさに女性版「逃亡者」。しかも、追跡するのがトミー・リー・ジョーンズだから余計にその観が強くなる。

トミーの活躍もなかなか見物なのだが、やはり本作はアシュレイ・ジャッドに尽きる。どちらかと言えば華奢なタイプの彼女がたくましく逃亡し、夫を追いつめる姿は拍手物。「母はやはり強し」というところでしょうか。「アシュレイ・ジャッド」という女優を、僕に強く印象付けた作品だ。

ストーリーは展開が早く、またそれぞれのシーンに見せ場を設けてあるので飽きずに見ることができた。しかし、発生する数々の危機が、どうも絶体絶命まで至っておらず迫力不足の印象を受ける。またストーリー展開が、リビーの逃亡劇の方に重点が置かれ過ぎていて、夫を追いつめる部分がややあっさり処理されている。そのため、題名となっている「ダブル・ジョパティー」という制度が、ストーリー上にあまり生きていない、やや平凡な作品になってしまった。法律の抜け穴を利用するという設定がストーリー上もっと生かされていれば、元々テンポがよい作品だけに一級のサスペンス作品になったかもしれない。
投稿者:ZUN投稿日:2001-05-11 04:11:35
レンタルビデオ店で高回転みたいなポップが付けられていたが、期待ほどでは…。
オチはあるけどヤマはなし、ってところでしょうか。
投稿者:拷問美女投稿日:2001-04-10 05:03:26
面白い題材なので、結構期待したがそれ程面白くない。まあまあ普通のアクション映画。相変わらずベッドシーンにはクギヅケでした。わずかだけど・・・
投稿者:映蔵投稿日:2001-01-27 07:51:20
期待はずれでした。もったいない。
投稿者:かずや投稿日:2001-01-16 09:19:20
う〜ん。内容的には結構良いものだと思うけど、夫役のインパクト、演技力に疑問を感じてしまう。主役を食う迫力に欠けていた気がする。もっと嫌らしさと、小悪党さが出た方が良かったかな。でも、ヒートの時から好きだった、アシュレイ・ジャットが出てるので最高。演技も最高。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 女優賞アシュレイ・ジャッド 
【レンタル】
 【DVD】ダブル・ジョパディーレンタル有り
 【DVD】ダブル・ジョパディーレンタル有り
 【VIDEO】ダブル・ジョパディーレンタル有り
 【VIDEO】ダブル・ジョパディー <ワイド>レンタル有り
 【VIDEO】ダブル・ジョパディー <吹替>レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION