allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

13ウォーリアーズ(1999)

THE 13TH WARRIOR

メディア映画
上映時間102分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ギャガ=ヒューマックス)
初公開年月2000/02/19
ジャンルアクション/アドベンチャー/ホラー
13ウォーリアーズ [DVD]
参考価格:¥ 6,480
USED価格:¥ 1,529
amazon.co.jpへ

【解説】
 ベストセラー作家マイケル・クライトンの『北人伝説』を、ジョン・マクティアナン監督が映画化したアクション・スリラー。舞台は1000年前の北欧。大使として辺境の地を訪れた詩人アハメッドはバイキングの傭兵たちと出会うが、彼らの故郷が危機に瀕していることを知る。巫女のお告げで13人の戦士が選ばれるが、アハメッドもその中に含まれていた。霧深い森に分け入った一行は、そこで創造を絶する魔物と遭遇する……。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
534 6.80
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:vegirama投稿日:2012-03-10 19:11:46
おもしろい
投稿者:scissors投稿日:2010-09-26 15:43:17
いろいろ中途半端というか雑というか・・・。
だいたい、アラブ人には見えないA・バンデラスを持ってきたとこからして疑問。
投稿者:gapper投稿日:2010-04-10 22:52:51
 アクション時代劇。

 バンデラスが詩人で、詩人なのにかなり強いとか、かなりの人数でかつ馬も多く飼っている民族が近くに住んでいるのに知らないなどかなり設定に無理がある。
 まあバンデラスの作品らしいといえばらしいが、いくらなんでもだ。

 オマー・シャリフも途中までで、単なる案内役でしかない。

 「ダイ・ハード」のジョン・マクティアナン監督でアクションは、まあまあ良い。
 ’99年というのに、時代考証もなく空想世界というのは珍しい。
投稿者:幸村和投稿日:2008-11-05 22:21:51
所々で勇壮な音楽が流れるので、その度に「ハハ〜ン、このシーンは『カックイイ』シーン=見せ場のひとつ」ということにしたいんだな、と察しはした。私が「カックイイ」と思ったわけではない。むしろ、「ん?ちょっとよく状況がわからないんだけど?」と思うことが殆どで、そこに勇壮な音楽が流れるので私自身は困惑して、置いてけぼりをくったような状態が多かった。

魔物なるものに襲われる村も、村なのか国なのかよくわからないし、そこで暮らす人々の生活の息吹もあんまりないから、村を襲われても悲壮感が湧かない。ここでも置いてけぼり。

13人の戦士も、ほかの方のコメントにもあるように、なぜ13人、それもあえて13人目は北の民族以外なのかわからないし、早い段階で何人か死んでしまって13人ではなくなるので、その辺もよーわからん。
魔物の輪郭(外見、キャラクター、生態etc)もボンヤリしていてなんだかよくわからない。乗ってる馬はどこで飼育しているんだろ?
全てわからないまま流れる勇壮な音楽。

そうして最後まで置いてかれたままだった。この「アツさ」について行ける人、いるのかな。
投稿者:藤本周平。投稿日:2006-06-18 17:49:08
なかなかおもしろかった。
投稿者:兼さん投稿日:2006-03-01 23:47:45
【ネタバレ注意】

 レンタルで初めて観ました。いや〜面白かった。
 なんで評価が低いのか、判りません。このサイトの情報も出演者の役名すら記載されてなくて非常に残念です。是非更新をお願いします。
 
 当時世界の中心だったアラブ世界から、未開の地ヨーロッパの北の果てに送り込まれたイブン(アントニオ・バンデラス)の戸惑い。彼らの言葉が理解できるに従って次第に英語で聞こえてくる。なかなかの演出です。
 それにしてもアントニオ・バンデラス、「スパイキッズ」と年数があまり違わないのに若いです!
 この映画が作られたのは20世紀末。このころはまだ、アメリカにイスラム教徒に対する偏見はあまり無かったのですね。9.11後の今では企画段階でボツですね、多分。

投稿者:JJ投稿日:2002-11-29 09:51:54
〜ん・・・・。微妙・・・・・・。
内容が、ナイ・・・・・・。
魔物退治に選ばれた12人の北欧人と1人のアラブ人=13人の戦士が、魔物たちを退治するまでの物語なんだけれど、テイスト的には、「ロード・オブ・ザ・リング」系統に近い気もする。それなりの雰囲気は出てたけれど、ただドタバタして終わってしまったって感じだった。
投稿者:Gordon Shumway投稿日:2002-10-05 17:19:30
あの時代に、バイキングとイスラム教とが既に出会っていたなんて驚きでした、ってそんなことはどうでもいいほどひどいです。北欧に何故かアジアチックというか南の国チックな魔物・・・。
投稿者:yukatti投稿日:2002-07-16 11:46:37
【ネタバレ注意】

アハメッド(A・バンデラス)が主役と思いきや、全編に渡って、ダイアン・ヴェーラのはなばなしい活躍シーンが満載。13人の戦士が必要、というお告げだったけど、13人必要だった理由がわからなかった。ダイアン・ヴェーラ以外の見せ場って、ビビたるものだったし(汗)
犠牲になって、格好よく死ぬ、という風の死に場もあまりなかった。
それを期待して見てた私が、甘いのか!?
だってねぇ、設定で13人の戦士が必要、となれば、12回の犠牲があるものだと思うじゃん?http://www25.tok2.com/home/cinemaclub/

投稿者:トリガー投稿日:2002-07-14 18:01:02
「ダイ・ハード」のマクティアナンも落ちたもんだ。
史劇スペクタクルかと思いきや
ストーリーからしてバトルムービー。
しかし、キレのないムカムカする戦闘シーンを見せられるばかり
バンデラスもなんだかなぁ。脚本もおかしい。
投稿者:慎之介投稿日:2002-04-30 12:56:02
テレビで放送したものを見たのですが、なんだかね〜(汗)中途半端というか途中で飽きてしまって。
映画を見て原作も読みたいぞ〜っという気にはさせられなかったということは・・・(笑)辛いですね。原作はおもしろいのでしょうか?
投稿者:キャロ投稿日:2001-09-30 00:04:19
ダメだな。マクティアナン監督は製作サイドと意見が合わず、撮影の途中で監督を降板したという話です。マクティアナンの後はマイクル・クライトンが監督を引き継いだそうな。実際はマクティアナン監督はあまりこの映画に関わってないということです。そんなわけで、全編にわたってまとまりがなく、久しぶりの駄作になった映画でした。
それにしてもマクティアナン監督はレッドオクトーバーを追え!以降、いろいろな映画に参加しては降板するなあ。キャプテン・ブラッド(93年くらいに企画された海賊映画)、砂漠の嵐、氷の微笑2など数知れない。
投稿者:カシュナッツ投稿日:2001-04-01 06:39:23
おもしろかった。黒沢の七人の侍を意識して作られたのだろうが、北欧の未開な感じがでているし、最後まで飽きさせなっかた。物の怪姫にも似てたかな。アカデミー賞をとったグラディエーターよりおもしろかった。バンデラスって小さいんだ。
投稿者:ジゲン投稿日:2000-10-31 03:58:04
もう、コメントのしようが、ありません。ただ一つ判ったことは、北人民族が
大きいとゆうことであった。
投稿者:たま投稿日:2000-10-12 16:18:43
なんでこんな中途半端な映画つくるんだー。
つまらなすぎ。
ダイハード以来、全然だめだぞ 監督。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】13ウォーリアーズ2001/01/25\6,000amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】13ウォーリアーズレンタル有り
 【VIDEO】13ウォーリアーズレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION