allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

特攻サンダーボルト作戦(1976)

RAID ON ENTEBBE

メディア映画
上映時間126分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ヘラルド)
初公開年月1987/06/20
ジャンル戦争/ドラマ/サスペンス
特攻サンダーボルト作戦・オリジナル全長版 [DVD]
USED価格:¥ 2,364
amazon.co.jpへ

【解説】
 '76年6月27日に起きた大量人質ハイジャック事件から、7月4日のエンテベ空港でのイスラエル軍特殊部隊による電撃救出作戦を克明に描いた大作。当時、「エンテベ急襲」と邦題が決定していたにも関わらず、政治的理由から公開が見送られ、「サンダーボルトGO!」とタイトル変更の後、十年目にやっと陽の目を見た(ただしテレビ版ではすべての固有名詞が変更されて完全なフィクションとして放映)。多数の登場人物を手際良く処理し、重厚な演出とドキュメンタリー・タッチで、アクション巨編としても見応えがある。エミー賞候補にもなったフィンチの実質上最後の出演作品。無名時代のジェームズ・ウッズが兵士役で出演。オリジナルは150分に及ぶTVムービー。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ベン・ショックリー投稿日:2015-12-31 16:39:21
事件解決から電光石火のごとき勢いで製作された本作と「エンテベの勝利」。
こちらはTVムービーでかなり長尺(2時間枠で前後編または3時間ドラマか?)
なんだけど、結構金かかっていて、突貫工事ゆえか、やや冗長ながら最後まで楽しめる。アービン・カーシュナーの骨太なつくりは、後のSW ep5にも生かされておりって…あっJJもテレビっ子だ!と意外なところで繋がってたりしてねー。
投稿者:塚原新投稿日:2014-10-30 23:58:22
「エンテベの勝利」に次いで、TV放映という広い層に向けての作品で、こちらも豪華キャスト路線が売り。
「事件では何が起きていたのか?」という観客の疑問に応える作りで、TVという枠を生かした長尺で見ごたえが充分。クライマックスの作戦は、緊張感が途切れずになかなか出来がいいと思う。
乗客やハイジャッカーのドラマや背景があまり描かれないのは、事件の再現に重点を置いたためと、当時の社会的影響や被害者などに考慮したためであろうか。
日本版DVDで全長版が見られるのがうれしい。
投稿者:精神分析マニア投稿日:2004-03-07 02:24:37
中央アフリカのウガンダに連れて行かれた自国民を含む多数の人質を救助する為にイスラエル特殊部隊が行った作戦の模様を描いた作品ですが、登場人物が多過ぎる為に個々のキャラクター描写が淡白になった嫌いがあります。特にテロリスト側の心理描写がゼロに近いと云う欠点は痛く、この致命的欠点故にクライマックスの作戦実行シークエンスも全然盛り上がりません。http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Screen/4257/index.html
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】特攻サンダーボルト作戦 オリジナル全長版2012/10/10\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】特攻サンダーボルト作戦 オリジナル全長版レンタル有り
 【VIDEO】特攻サンダーボルト作戦レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION