allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

(1999)

DEE
DARK SOLDIER D[米・V]

メディア映画
上映時間90分
製作国日本
公開情報劇場公開(ロボ)
初公開年月2000/02/19
ジャンル特撮/アクション/ロボット
D Episode1 [DVD]
USED価格:¥ 4,320
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:岡部暢哉
プロデューサー:岡部暢哉
熊木白仁
企画制作:岡部暢哉
原案:岡部暢哉
脚本:岡部暢哉
お〜いとしのぶ
笠井晶次朗
撮影:柴主高秀
クリーチャーデザ
イン:
木谷太士朗
サウンドデザイン:MICHAEL VERTA
制作担当:喜多智彦
特影コンテ:大畑晃一
出演:長倉大介「D」搭乗員、戦闘狂・川俣
町田政則天才技術者・松崎
清水宏政府のエージェント・田中
白国秀樹第2の「D」搭乗者・伊庭
Maximilian Von Schulerロシア軍部隊長・セルゲイ
香坂真弓フリーター・ユリコ
【解説】
 パワードスーツに身を包んだ元傭兵が日本の都心で大暴れするモンスターと対決するSFバイオレンス。元は30分3話のビデオとして発売され、東京ファンタスティック映画祭で上映されるやSFファンの間で話題となった異色作。ソ連で極秘に開発された“コンバットスーツ”を密かに日本に持ち帰った元傭兵の川俣。平和な日本での毎日に欲求不満を募らせていた矢先、宇宙から謎の隕石が飛来、やがて巨大なモンスターに変身、新宿の歌舞伎町に現れた。川俣は早速コンバットスーツで新宿へ向かう……。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:メカゴジラ投稿日:2009-04-16 16:26:44
 
元傭兵の主人公が、持ち逃げしたロシア製のパワードスーツで宇宙怪獣と戦う話。とはいえ主人公は別に正義の味方ではなく、ただ暴れたくて仕方がなかったところに相手が見つかったから大喜びで出動するだけ、というのが可笑しい。
当然ながら主人公は実写で再現されたパワードスーツ。着ぐるみだが重量感といいリアルさといい文句なし。武装がAKとかM60といった実在の現用銃器なのも個人的に◎。
このパワードスーツが新宿などフツーの街中で、巨大怪獣相手にマシンガンやミサイルでドンパチを繰り広げる(一般市民の犠牲多数)のは実に痛快。
惜しいのは宇宙怪獣のCGで、まあ今見ると当然なんだが、古さを感じてしまうのは辛い。

3話構成のラスト、あんなことになってしまった主人公がその後どうなるのか、続編も見てみたい気がする。

ただ、VHSでは3話で1本だったのが、DVDは1話ずつ3巻なんだよなー。
そういう水で薄めるような商売はどうかと思うよ。せっかく面白いのに。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】D Episode 12000/03/25\6,000amazon.co.jpへ
 【DVD】D Episode 22000/03/25\6,000amazon.co.jpへ
 【DVD】D Episode 32000/03/25\6,000amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】D 〔ディー〕レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION