allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

DEAD OR ALIVE 犯罪者(1999)

メディア映画
上映時間105分
製作国日本
公開情報劇場公開(大映)
初公開年月1999/11/27
ジャンル犯罪/アクション/ドラマ
映倫R-15
DEAD OR ALIVE デッド オア アライブ 犯罪者 [DVD]
参考価格:¥ 3,990
価格:¥ 3,660
USED価格:¥ 1,470
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:三池崇史
製作:黒澤満
土川勉
企画:武内健
藤井瑛市
RIKIプロジェクト
プロデューサー:小野克己
岡田真
木村俊樹
ラインプロデュー
サー:
南雅史
脚本:龍一朗
撮影:山本英夫
美術:石毛朗
編集:島村泰司
音楽:遠藤浩二
照明:高屋斉
録音:沼田和夫
出演:哀川翔城島猛
竹内力本上龍一
石橋蓮司青木誠
小沢仁志佐竹誠二
鶴見辰吾
杉田かおる城島夕子
ダンカン田中修
本田博太郎奥山
寺島進井上明
大杉漣ヤン
甲賀瑞穂マリコ
平泉成警察署長
田口トモロヲ龍一の幼なじみ
倉沢桃子城島ミナ
山口祥行星山仁
柏谷みちすけ本上冬二
塩田時敏桜井
やべきょうすけ松島等
【解説】
 新宿署の刑事・城島(哀川翔)は、歌舞伎町で起きた中国マフィアとヤクザの抗争事件や現金強奪事件にタダならぬ臭いを感じ、署内の圧力に抵抗しながら、徹底的に洗い始める。捜査線上に浮かんだのは龍(竹内力)と呼ばれる中国残留孤児3世だった。一連の事件は城島が睨んだ通り龍を中心とするグループの仕業だった。龍を執拗に追う城島だったが……。「中国の鳥人」の三池崇史監督が描く衝撃のバイオレンス・アクション。
<allcinema>
【関連作品】
DEAD OR ALIVE 犯罪者(1999)シリーズ第1作
DEAD OR ALIVE 2 逃亡者(2000)シリーズ第2作
DEAD OR ALIVE FINAL(2001)シリーズ第3作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
758 8.29
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:陸将投稿日:2011-10-19 02:23:44
【ネタバレ注意】

三池崇史は本当に力のある監督だと思う。
それは本作の冒頭を見れば明らかだ。
眩しすぎるほどに点滅する光が照らす、日本の闇世界。
そこで蠢く人間を目まぐるしいカット割りとけたたましいBGMで見せ付ける。
その忙しなさが歌舞伎町の繁栄、その裏に潜む闇世界と絶妙にマッチしている。
いきなり心を鷲づかみにされるとは、まさにこのことだ。

物語はいたってオーソドックスな展開である。
ただし、だからこそ三池崇史は随所に物語を破綻させようと試みる。
きっと脚本をイジりたくなる性格なのだろう。
物語としてバランスの取れた纏まりよりも、あえて枝葉の部分に意図的な小細工を入れることを重視する。
そんな爪痕が作品の至る所に散見している。
どんなにくだらなくても、失笑を買っても、どうリアクションすれば分からない展開になっても、それこそがまさに三池印なのだろう。

その極みに達するのがラストで繰り広げられる、哀川翔と竹内力による対決場面だ。
物語の枝葉に止まっていた三池印が、幹の部分まで完全に侵食してくる。
今まで語ってきたことが全て吹っ飛んでしまう危険性があるにもかかわらず、三池崇史はそれでもとんでもない結末を選択した。
映画を隅から隅まで完璧に作り上げようという肩肘張った姿勢を取らないからこそ、こんなラストを可能にした。
そんな三池の遊び心にも似た勇気と決断は、讃えてもいいのではないか。

投稿者:こじか投稿日:2010-04-11 15:51:33
冒頭数分はやろうと思ってもなかなかできない…。これはすごい!
途中は意外とドロドロ進むけど、ま、最終的に伝説の作品。
投稿者:花男投稿日:2008-07-31 15:24:14
「Vシネの巨塔二人+三池崇史」こんな企画に出会えるとは世の中捨てたもんじゃあない。当然ラストは翔さんと力さんの対決になるはず・・・というかならないワケがない。それをどう白黒つけるかは監督・脚本の腕の見せどころ。でも共通の敵出現とかで安易な妥協を見せるんじゃないの?などとたかをくくって見始めましたが、とんでもない、自分の器の小ささを恥じてしまいました。

ラストはまさに衝撃、開いた口がふさがらない。慌ててラストだけ見直してしまいました。それも4回も(笑)。
投稿者:D O A 2001投稿日:2004-01-13 19:12:34
【ネタバレ注意】

ハッキリ言って観たことないゾ、こんな映画。
オープニングから吹っ飛ばしまくって、
「おいおい、最初からそんなんでいいのかよ」と思ったのにあれがただの序章に
すぎなかったとは…
全編ダークな音楽と共に運命的な出会いに刻々と近づいていく翔さんと力さん。
ラスト、車の爆発、背中からバズーカ、胸から魂、そして・・・
三池さん、凄い映画ありがとうございます。
…あとオープニングの踊る謎の男って北村一輝だったんですねぇファンとしては
嬉しい限りです。

投稿者:Longisland投稿日:2003-08-07 02:01:51
カンヌ監督週間で三池監督が特集(驚愕。
今まで5本ほどしか観ていなく、作家性を取り立てて感じていなかっただけにカンヌ云々は寝耳に水。早速評価が高い本作品を観たのだが…
個人的には贔屓目にみても寸足らずのゴッドファーザー、しかしラストが…台無しでしょ。
投稿者:miya投稿日:2002-10-10 14:26:51
あまりぱっとしない作品だな〜と思いながら見ていたら・・・
ぶっとびました!!最後のオチ最強です!!
くだらなさのレベルが違います!!
三池監督さすが期待を裏切らない!!
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 特別賞竹内力 「BLOOD 狼血」、「報復 REVENGE 劇場版」などに対しても
 ■ ベスト10第3位
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】DEAD OR ALIVE 犯罪者2008/02/06\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】DEAD OR ALIVE 犯罪者2000/10/13\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】DEAD OR ALIVE 犯罪者レンタル有り
 【VIDEO】DEAD OR ALIVE 犯罪者レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION