allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

梟の城(1999)

メディア映画
上映時間138分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月1999/10/30
ジャンルアクション/時代劇
梟の城 [DVD]
参考価格:¥ 2,700
USED価格:¥ 1,717
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:篠田正浩
企画:松前洋一
プロデューサー:角谷優
鯉渕優
原作:司馬遼太郎
新潮文庫刊
脚本:篠田正浩
成瀬活雄
撮影:鈴本達夫
美術:西岡善信
衣装:朝倉摂
編集:吉田博
音楽:湯浅譲二
SFXスーパーバ
イザー:
川添和人
アクションアドバ
イザー:
毛利元貞
散楽指導:茂山千之丞
時代考証:高津利治
照明:海野義雄
製作統括:羽佐間重彰
茶の湯指導:尾関南山
能指導:観世栄夫
美術アドバイザー:浅葉克己
録音:瀬川徹夫
助監督:浜本正機
ナレーション:中村敦夫
出演:中井貴一葛籠重蔵
鶴田真由小萩
葉月里緒菜木さる
上川隆也風間五平
永澤俊矢摩利支天洞玄
根津甚八服部半蔵
山本學下柘植次郎左衛門
火野正平黒阿弥
津村鷹志前田玄以
マコ豊臣秀吉
筧利夫雲兵衛
花柳錦之輔石田三成
若松武史上野弥兵衛
馬渕晴子老女楠
田中伸子淀君
小沢昭一今井宗久
中尾彬徳川家康
中村敦夫葛籠太郎兵衛
岩下志麻北政所
(特別出演)
【解説】
 司馬遼太郎が直木賞を受賞した長編第1作の同名小説を映画化。豊臣秀吉暗殺の密命を受けた伊賀忍者の活躍を、アクションやロマンスを交えて描く。原作に惚れ込んでいたという監督の篠田正浩の演出により、奇想天外なアクション活劇というよりも、原作に忠実な重厚感溢れる本格時代劇に仕上がっている。デジタルを駆使して再現された、安土桃山時代の大阪城や京の街並みも見どころ。中井貴一、鶴田真由、葉月里緒菜共演。天正9年、織田信長が伊賀を攻め、伊賀忍者の多くは殺された。それから10年後、時は豊臣秀吉天下の時代。伊賀の乱で辛くも生き残った葛籠重蔵は、山中でひとり無為の日々を送っていた。そんな重蔵のもとへ、かつての師匠がやってくる。彼は重蔵に、太閤秀吉暗殺の密命を下すが・・・。
<allcinema>
【関連作品】
忍者秘帖 梟の城(1963)オリジナル
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1262 5.17
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:scissors投稿日:2011-07-27 02:45:39
製作3年、製作費10億円だそうだが、、、これのどこにそんなヒマとカネを使ったのさ?
ヤッツケでテキトーに作ったようにしか…。
投稿者:bond投稿日:2011-04-09 13:43:03
オリジナルに比べると、軽薄かつ話の流れがうまく構成されておらず。退屈でダレる。つまんない。
投稿者:ATS投稿日:2008-05-20 15:07:03
公開当時、篠田監督が、さりげないところに分からないようにCGを使ってます、というような話をTVでしていたので楽しみにしていたのだが、ものすごくレベルの低いCGでがっくりだった。特に中井貴一とお城の襖の合成がびっくりするくらいひどく、まるでTVのコントだった。その印象だけが今も残っている。
投稿者:miyako投稿日:2005-07-14 02:21:06
【ネタバレ注意】

かなり前に見たので、詳細はよく覚えてないけど、かなり後味が悪かった。
司馬遼太郎は尊敬する作家のひとりだし、歴史作品として期待して見ていた。だけど、どうしても描写にして欲しくない部分がある。
女性の輪姦されて殺されるシーン。
これだけで吐き気がする。
あんなにリアルに描かなくてはいけないの?
確かに歴史上、戦争になると必ず起きる女性の悲劇だけど、映像で見せられるとかなり辛い。
感情移入してしまって、それ以降の映像はずーっと後味が悪かった。
もう見たくない。

投稿者:かっこう投稿日:2005-04-28 12:34:43
どうも話がコロコロと転がり、分かりにくかった印象。
五平の最期は壮絶だったが、それ以外は印象に薄い。
投稿者:黒美君彦投稿日:2004-06-30 20:19:22
公開当時、巷では評価が著しく低かった「製作費10億円の超大作時代劇」。
そもそも中井貴一が個人的にもうひとつ好きではないので、あまり期待していなかったが、そのわりにはそこそこか。
忍者を超人ではなく間諜として位置付け、歴史の荒波に翻弄されるその姿をリアルに再現したのは評価できるし、そうした歴史内で「自らが何者であるか」を問う重蔵、秀吉、五平の言葉は印象的だ。
だが、中井をはじめ、役者がみなあまりに芝居が大仰。お行儀が良すぎるように思う。
アクションというよりは文芸作品だと思った方がいい。
投稿者:ちゃき投稿日:2004-03-25 17:41:48
公開当時かなり話題になっていた司馬氏直木賞受賞作品の映画化です。話をまったく知らずに見たので、秀吉時代の伊賀の生き残り忍者の話だとは思ってもみませんでした。

主人公忍者中井貴一と秀吉との会話シーンが一番良かった。誰しも自分とは何か、己の道とは何かを常々悩み、疑い、己をも騙しながら生きており、天下人の秀吉さえもそうであることを知ったときのその皮肉に満ち満ちた、笑うしかない悟りが一番ヤマだったと思います。

司馬遼太郎氏の本は読んだことがないのですが、印象としてはやはり小説の映画化はかなり難しいの法則合致。これもきっと活字の方が面白いのだと思いました。役者はかなり豪華なのに、なぜか昔観ていた大河ドラマとかの域を出ていないような。それに138分は長いです。小説から入った人には理解できる描写もあるのでしょうが、映画からの人にはひたすら長い。それでも編集して短くしたと思われ、シーンがぶつぎりでころころ変わるので前半の中でちょっとダレました。

私は生き方という部分で打たれ、それが司馬遼太郎氏の言葉だろうと取っているので、忍者と時代背景はモチーフと理解してしまえと思っています。素朴に分からなかったのが梟の由来です。司馬遼太郎は活字でいつか必ず。
(03/24/04)http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Library/1980/
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作品賞 
 □ 主演男優賞中井貴一 
 □ 助演男優賞上川隆也 
 □ 監督賞篠田正浩 
 □ 音楽賞湯浅譲二 
 □ 撮影賞鈴木達夫 
 □ 照明賞海野義雄 
 ■ 美術賞西岡善信 「御法度」、「おもちゃ」に対しても
 □ 録音賞瀬川徹夫 
 □ 編集賞吉田博 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】梟の城 <期間限定生産>2005/03/02\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】梟の城2003/11/19\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】梟の城2000/05/17\5,300amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】梟の城レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION